カテゴリー別アーカイブ: 生活

須藤凛々花『人生を危険にさらせ!』のレビューをアマゾンにとりあえず書いておいた

以下、アマゾンに書いたレビューの全文です(汗)


優しすぎる堀内氏が、須藤凛々花を素朴すぎる実存主義へミスリードした過程が読める本

第四章の正義論でp.151~152にかけて堀内氏が軽く触れているポストモダン思想について
堀内氏自身がまともに考えたことがないように読める点が、須藤凛々花をヒドく単純化
された実存主義にミスリードしている。

ポストモダンは「自分」が自分であるという同一性を疑問に付して問い続け、哲学を語る
「言語」自体が誤解なく何かを伝えることを疑問に付して問い続けている。

その絶望の深さは、「自分」の同一性や「言語」の意味の同一性を無批判に前提した
通俗的な実存主義が(つまり本書の中での須藤凛々花が)深淵と呼び、絶望と
呼んでいる深淵や絶望よりもさらに絶望的なものだ。

ポストモダンの思想家たち(たとえばジャック・デリダ)が問い続けた、その絶望の
救いようのなさ、ニヒリズムの救いようのなさに、堀内氏も須藤凛々花もまったく
とどいていないように読める。

これほど無批判に「自分」の同一性や、自分の「意志」の実在、思考するときに
自分が使っている言葉の「意味」のゆらぎのなさに安住して、「自己の生を行く抜く」
(p.287)などと無邪気な宣言をしていれば、結婚宣言で批判にさらされるのも
当然だろう。

彼女の結婚宣言の問題点の一つは、ゲームのルールである恋愛禁止を相対化する行為に、
自分自身の自律や自由を見ている可能性がある点。

これでは大人の作った規則に反抗する「青年の哲学」(p.228~229)、つまり哲学の
手段化を、彼女が批判的に考えることができず、行動に起こしてしまっている。

このナイーブさだけでも、彼女は哲学者を自称するに値しない。

結婚宣言の問題点の二つめは、ゲームのルールより「自分」や主体が先立つ、という
単純化された実存主義から、彼女が結局は抜け出していないこと。

実存が本質に先立つのはよいとして、その実存に先立つものがない、という考え方が
ナイーブすぎる実存主義だ。

そもそもこの世界は「自己」が同一であること、言葉が一定の「意味」を間違いなく
伝えること、といった、それ自身大いに疑わしい「ルール」の上に成り立っている。

彼女が、たとえば総選挙結果発表で結婚宣言をするのは不適切だというルールを
相対化することを、「哲学」だと思っているなら、それ以前に、疑問に付すべきことがある。

それは、彼女自身が「哲学」するときに暗黙の前提にしている「自己」同一性や
哲学するときに使っている言葉の意味にゆらぎがないという、「哲学のルール」だ。

この「哲学のルール」は、本来彼女が、AKB48の恋愛禁止といったルールよりも
先に問うべきことのはずだ。

彼女がナイーブな実存主義にとどまっていられるのは、「自己」の同一性や
言葉の「意味」のゆらぎのなさという、哲学のルール、哲学の権威、哲学の
パターナリズムに依存しているからだ。

その「父親」としての哲学に依存しているからこそ、彼女は安心してAKB48という
ゲームのルールを相対化できるわけだ。

しかし、彼女が本当に問うべきは、その仮想の「父親」そのものではないのか。
哲学の暗黙のルールそのものではないのか。

彼女が「自律した自由な個人でありたい」とか「自己の生を生き抜く」と語るなら、
まず、無批判に前提されている「自己」の同一性をまず疑うべきだ。

さらに、そう自分自身に語りかける言葉が、自分自身に誤解なく伝わっていると
思い込んでいる、その言葉の意味のゆらぎのなさについて、自身のナイーブな
信頼をまず疑うべきだろう。

(このあたりはジャック・デリダの『声と現象』を参照のこと)

堀内氏の失策は、自称「哲学者」である須藤凛々花を、ナイーブな実存主義の
向こう側にある、ポストモダンのさらに救いようのないニヒリズムの深淵に
突き落とさなかった「優しさ」にある。

堀内氏は須藤凛々花に対して、優しすぎたのだ。

ポストモダンの哲学者は、一人で黙々と思考するとき、自分が自分に語りかける
言葉そのものが、自分自身によって誤解されているかもしれないという、
絶望的な可能性を考える。

ポストモダンの哲学者は、一人で黙々と思考するとき、自分が語りかけている
自己そのものが、語りかけのために使っている言葉なしでは、そもそも成立
しないのではないかという、絶望的な可能性を考える。

システムやルール(例えば言語)に先立って、自己や意味があるのではなく、
システムやルールが存在しなければ、自己や意味も存在しないのではないか。

そういうふうにポストモダンの哲学者は考える。

さらに言えば、そのシステムやルール自身も、自分で自分を根拠付けるしかない
壮大なフィクションなのではないか、と考える。

堀内氏が須藤凛々花を、そういう絶望、ニヒリズムにまで突き落とさなかった、
つまり「非啓蒙」しなかったからこそ、須藤凛々花は哲学を手段化してしまった。

須藤凛々花が、哲学が終わりのない思考であることを、自分で否定した今、
彼女は哲学者でも何でもない。

彼女に足りないのは絶望だ。

その証拠に、彼女は目の前の愛によって、しかも日本社会における結婚という
何の反省的思考もない制度に呑み込まれることで、ニヒリズムから救われている。

そんな彼女のいったいどこが哲学者なんだろうか?


グローバルパートナーズという会社からのOCN光への切替えセールス電話への正しい対処法

グローバルパートナーズという会社からセールスの電話がかかってきた件について。今回も下らない記事ですみません(苦笑)。

フレッツ光をOCN光に切り替えて、プロバイダもOCNにすると、月額料金がマンションタイプなら3,600円とお安くなりますよ、というセールスの電話だった。

グローバルパートナーズという社名をグーグルで検索してみると、みなさんも検索するとお分かりだとおもうが、ヤフー知恵袋などで「あやしい業者なので断りました」という主旨の書き込みが複数見つかった。

同名の会社があるので紛らわしいが、かかってきた電話の相手にウェブサイトのアドレスを確認したところ http://www.global-p.com/ このURLで正しいとのこと。

個人向けの光回線の切り替えサービスや、NTTコミュニケーションズの代理店といった記載がどこにもありませんが、と聞くと、ウェブサイトにはありませんが、ということで代理店コードを教えてもらえた。

そしてNTTコミュニケーションズのどの窓口にこの代理店コードを教えれば、正規の代理店と教えてもらえるでしょうか?と質問すると、一般問い合わせ窓口しかないとこのと。

では、電話だけで移行手続きが完了するとのことですが、書面でやらせてもらえないでしょうか?と質問すると、できないとのことで、その段階で断って電話を切った。

そこでじっさいにNTTコミュニケーションズのOCN光の公式サイトに行ってみると、たしかにOCN光に切り替えて、プロバイダーも今のものからOCNに切り替えると安くなると書いてある。

しかもオンラインで手続きできると書いてあるので、自分でやってみた。

営業の電話で話のあった、NTTからの光回線の転用番号の取得も、オンラインの手続きですぐに発行された。

その転用番号をOCNの申し込み画面に入力して、ものの10分くらいで、NTTフレッツ光+現在のプロバイダーから、OCN光+OCNへの切り替え手続きは完了。

手続き完了時に表示されたPDFファイルの契約内容どおり、自宅のモデム兼ルータの設定画面から、OCNへの接続情報を入力すると、するっとOCN経由でインターネットに接続完了。

あっけないほど簡単にプロバイダの移行も完了した。

要するに、ある程度知識のある人なら(ちなみに筆者はIT関係の仕事をしているのでかなり有利なことには違いないけれど)、10分間くらいで、オンラインだけでできてしまう手続きなのだ。

じゃあグローバルパートナーズという会社は、自分でできる手続きなのに、なぜわざわざ電話をかけてきたのか?

あのまま筆者がこの会社に切り替えをお願いして、その場で電話でやり取りしながら手続きをしてもらったとしたら、どういう問題があるのか?

たぶん、個人情報だと思う。

すでに自宅に電話はかけてきているので、筆者の電話番号がどこからか漏えいして、この会社に伝わったんだろうと思う。

いや、違う。

よく考えてみると、グローバルパートナーズという会社の電話の相手は、電話をしている最初から最後まで、筆者の名前を一度も言わなかった。「旦那さん」と呼んだだけ。

つまり、筆者の自宅の電話番号が漏えいしていたわけではなく、NTTひかり電話管轄の電話番号に、かたっぱしから電話をかけているのかもしれない。

そして非常に落ち着いた声で、自分ひとりでできる手続きを、NTTコミュニケーションズの代理店でなければ出来ないかのように、ひとこともそう明言せずに、結果的にそういうニュアンスでこちらに伝わるように、案内してきたわけだ。

あのまま電話で手続きをしてもらっていたら、こちらの氏名、住所、携帯電話番号など、いろいろと個人情報を教えていたはず。

今回の電話で失敗したのは、「お使いのフレッツ光はマンションタイプでしょうか?」という質問に、「そうです」と答えてしまったこと。

うちが集合住宅だという情報だけは伝わってしまったが、その他の個人情報は伝えずにすんだ。

仮に個人情報を伝えていたら、使いみちはいろいろあっただろう。

個人情報と住所からある程度こちらがどういう人物かを推測して、たとえばマンション経営の営業をしかけるとか、単に個人情報を転売するとか。

ただ、これらは筆者の憶測にすぎない。

というわけで、グローバルパートナーズという会社が信用できるかどうかは重要ではない。

重要なのは、フレッツ光をOCN光に切り替えて、月額通信料金を少し安くする手続きは、インターネットで自分で10分くらいでできるという事実。

そしてその事実を、このグローバルパートナーズという会社の営業さんが、電話で教えてくれなかったという事実。

以上。

自分でできることは、面倒くさがらずに自分でやりましょう(汗)。

長谷川豊が分かっていない自分自身のバカさ加減

長谷川豊がブログの記事をきっかけにレギュラー番組の仕事を失ったそうだが、たぶん彼はまだ自分のバカさ加減を分かっていない。

彼の議論を要約すると、以下のようになる。

・世の中には「良い」高齢者と「悪い」高齢者、「良い」透析患者と「悪い」透析患者がいる。

・前者が受けるべき社会保障が、後者がいるために十分受けられない。

・高齢者のうち誰が「悪い」高齢者で、透析患者のうち誰が「悪い」透析患者かは、民間に任せれれば自動的に振り分けられる。

・だから社会保障の運用を民営化することで、「悪い」高齢者と「悪い」透析患者の社会保障が自動的に削減されるようにし、国の借金を減らせ。

以上が長谷川豊の論旨だ。

長谷川豊のような思考回路が単純でバカなリバタリアンの議論はだいたい「高齢者」や「透析患者」の部分を入れ替えれば、同型になる。(リバタリアンの全てがバカなわけではなく、少数のバカなリバタリアンがいるだけだ)

たとえば「透析患者」の代わりに「生活保護受給者」を当てはめれば、バカなリバタリアンの生活保護改善の主張が出来上がる。

バカでない人間なら考えればすぐに分かるが、誰が「良い」高齢者や透析患者や生活保護受給者で、誰が「悪い」高齢者や透析患者や生活保護受給者かを、いったい誰がどうやって決めれば、社会の合意が得られるのだろうか。

長谷川豊のようなバカなリバタリアンは、(1)そんなの常識的に考えればわかる、(2)市場原理に任せれば自然に最適化される、この(1)と(2)のいずれかの考え方、または(1)と(2)の入り混じった考え方を持っている。

まず(1)のような「常識」に頼る考え方が、明らかに社会的な合意が得られそうにないのは言うまでもない。

さすがの長谷川豊も、自分の価値観で「良い」「悪い」をふるい分ければ、それで社会の合意が得られると言い張るほど思い上がっていないだろう。たぶん…。

では(2)民営化して市場原理に任せれば社会保障は市場原理によって自然に最適化されるか、つまり市場原理に任せれば本当に必要な人に給付され、不要な人には給付されないという、公正さが実現するか。

答えはもちろんノーだ。

なぜなら、そもそも社会保障という考え方が出てきたのは、市場原理にすべてを任せると、本当に社会保障を必要とする人に給付が行きとどかなくなり、経済格差が固定化され、世代が下るにしたがって格差が拡大してしまうからだ。

なのでわざわざ国家が市場原理を一部制限し、誰に受給資格があり、誰に受給資格がないかを決める基準も国家が法律で定めて、国家が徴収した税金を再配分する方式を取り入れた。

それが社会保障だ。長谷川豊はそのことさえ分からずに、社会保障の批判をしている。

国家が法律で決める給付基準は、どのように決めても、国民全員が賛成できるものにならない。かならず誰かは反対するような基準になってしまう。かならず反論の余地がある。

また、国家が法律で決める給付基準は、どのように決めても、かならず誰かがその基準の裏をかいて「不正受給」する。絶対に誰も「不正受給」できない制度など、原理上、設計不可能だ。

誰も「不正受給」できない完璧な制度が原理上作れない理由は、国民一人ひとりの生活に、一つとして同じ生活がないからだ。

人によって生活事情は細かく審査しようとすればするほど違いがあり、多様である。

なので、どうしても最大公約数をとって、いくつかのパターンに無理やり分類して法律を作り、このパターンに当てはまれば法律にしたがって自動的に給付します、という制度にするしかない。

受給者一人ひとりの生活を、いちいち長い時間かけて審査していたのでは、その審査だけで社会保障給付以上の費用がかかってしまう。

制度の運用自体に費用がかからないように合理化するには、事情が異なる国民一人ひとりの生活を、どうしてもいくつかのパターンに類型化せざるを得なくなる。

その結果、受給資格を得られるように、それに合わせて自分の生活状況を「偽装」する「不正受給」者が必ず出てきてしまう。

しかし、そういう「不正受給」は、どういうふうに社会保障制度を作っても、原理上逃れられない費用であり、社会保障制度が最初から見越していることである。

「不正受給」を100%無くしたいのであれば、給付前の審査に膨大な費用をかけなければならない。それはそれで社会保障制度全体の費用を押し上げることになる。

「不正受給」されるのをあらかじめ分かった上で、あえて割り切った制度運用をする。それによって「不正受給」という費用と、制度運用にかかる費用の間の最適解を見つけ、社会保障を運用するしかないのだ。

そうすると、当然、国民の誰かは「不正受給」の方に費用がかかりすぎだ!と文句を言う。長谷川豊もその一人だ。

しかし「不正受給」を完全に無くそうとすれば、そもそも社会保障制度を完全に無くすか、給付前の審査に無限の費用をかけるか、そのどちらかの方法しかない。

長谷川豊はバカなので、このように社会保障制度そのものが、「不正受給」の存在を最初から計算に入れていることを全く分かっていない。

社会保障制度は、「不正受給」のコストと、制度運用自体のコスト(=不正かどうかの審査にかかるコスト)の合計が、最小になるように設計する必要がある。

以上の意味で、長谷川豊がブログで書いていることは、完全に矛盾している。

長谷川豊は、「良い」受給者は受けるべき給付を受ける必要があると言い、「悪い」受給者は給付を受けるべきでないと言う。

しかし長谷川豊は、「良い」「悪い」を判別するにも費用がかかるという、ごくごく当たり前の事実を分かっていない。

したがって、もし長谷川豊が自分の議論をあくまで押し通したいのなら、社会保障制度を完全に撤廃するしかなくなる。

つまり、「良い」「悪い」の判別を完全に市場原理に任せることだ。

すると人類の歴史を、社会保障制度の誕生以前の資本主義社会まで、巻き戻すことになる。

長谷川豊は、人類がもう一度同じことを繰り返しても、今度こそ人類は資本主義や市場原理を賢く運用できると信じているのだろうか?

だとしたら誰がそれをできるのか?

誰が運用すれば、人類が過去に犯した過ちを、二度と繰り返さずに済むのか?

そんな神のような全知全能の制度設計の天才の出現を期待しろとでも言うのか?

まさか長谷川豊自身が、自分こそその制度設計の天才だ!と思ってはいないだろう。

ただ、長谷川豊が霞が関の官僚を平然とバカよばわりしていることからすると、官僚たちより自分のほうがましな社会制度の設計ができると思いこんでいるようだ。

長谷川豊を、そこまで思い上がらせているものは何だろうか?

これまで日本だけでなく、すべての先進国が、市場に任せる部分と、国家がコントロールする部分のバランスをとるべく、さまざまな社会制度を設計しつつ試行錯誤してきた。

その200年近くの試行錯誤を経て、今の社会保障制度は、欠点だらけでありながらも、いちおう民主主義の意思決定プロセスにしたがって社会の合意を経た上で、やっとのことで今の姿にたどりついているわけだ。

あらゆる制度は不完全である。したがって必ず反論の余地がある。

しかし何らかの制度を作って、運用せざるをえない。

こうした状況の全体を、長谷川豊は「バカ」というひとことで済ませてしまう。

社会保障制度がそんな簡単に最適解が見つかる方程式なら、誰も苦労しない。

誰の利権にも左右されない完全に公正な社会保障制度がそんなに簡単に作れるなら、誰も苦労しない。

残念ながら、社会は長谷川豊が思っているよりはるかに多様で複雑だ。ただそれだけのことだ。

長谷川豊の主張は、「バカと言う奴がバカだ」の典型的な事例だが、全く笑えない事例だ。

世の中には知らないほうが幸せなことはあるけれど

世の中には、知らないほうが幸せなことは、たしかにある。

でもそれを知らなければ、自分がいかに物を知らないかを知ることができない。

なので、できるだけたくさんのことを知る必要がある。

それはこの世界がいかに広いかを知るためでもあるし、自分がいかに無知かを知るためでもある。

「これ以上は知りたくない!」と目や耳を閉ざしたら、おしまい。

あなたはもう、自分がいかに無知かを知ることさえできなくなる。

僕がZoffのPCレンズを返品した理由

メガネのフレームが購入して4年もたち、汚れが目立つようになったので、Zoffの度付きPCレンズをインターネットで買ってみた。以前、Zoffの店舗でレンズをつくったときの処方をスマホで撮影して残してあったから、わざわざ店舗に行かなくてすんだ。

メガネは3~4日で届いて、フレームはサイズをみて注文したので全く問題なかったんだけれど、PCレンズは実際に1日かけてみて問題が発覚した。

最初かけたとき、視界が全体がうっすら黄色っぽくなったのが気にはなったが、それは買う前から分かっていたことだし、意外にかけているうちに色目の違いはほとんど気にならなくなった。色調に敏感になる必要のない、フツーの会社員だからということもあるだろう。

ところが、予想外なところで問題が出てきた。

PCレンズのメガネを掛けて家の玄関ドアを出た瞬間に、強烈な違和感。

何だろうと思ったら、レンズの内側に映り込んでいる外光は鮮やかな青色なのだ。

これはよく考えなくても当たり前で、ZoffのPCレンズは液晶画面から出る青色の光を、レンズ表面で反射することで、目に入らないようにしている。

なので、レンズの色自体は黄色っぽく見えるが、白い光(つまり全波長が含まれているような光)を反射させると青色に反射する。

これがとっても気になることに気付いてしまった。

ふつうのレンズなら、レンズの内側の映り込みは、肉眼で見た通りの色で映り込むので、特に違和感はない。ところが、これが家の外だけでなく、家の中でも、例えば蛍光灯の白色光が常に視界の周辺にあざやかな青色の反射光として映り込むのだ。

これは無視しようと思ってもムリ。イヤでも視界の中に青色としての存在感を主張してくる。見ているものの中に青色のものがないのに、視界に青い光が入ってくるんだから、当然といえば当然。

これでは目の前のレンズ越しの液晶画面にあまり集中できないので、残念ながらふつうのレンズに交換してもらうために返品した。

Zoffのフレームとふつうのレンズ自体は、ここ8年くらい愛用しているので全く問題ないのだが、PCレンズを買おうと思っている方は、レンズの内側の映り込みが気になる性格かどうか、自分でよく考えてから購入されることをおすすめする。