カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Amazon Cloud Drive Sync Never Ends

Amazon Cloud Drive (US site 1TB plan) file sync between local PC and cloud drive is too slow compared with Dropbox. I decided to stop using it.

For syncing about 30,000 files, Amazon Cloud Drive PC application never finishes syncing after two days while Dropbox Plus plan (1TB) PC application finishes at least within one day.

I choose Dropbox Plus plan.

自分のブログのURLの最後にヘンなURLが追加されて404エラーが続発しているときの解決策

自分で運用しているブログ(筆者の場合はWordpress)について、突然Googleさんから「404エラーが急増していますよ」という注意メールが届いた。

確かにメールにあったリンクをクリックして、Google Search consoleのクロールエラー画面を確認すると、404エラーの発生回数が急増していた。

自分のブログのURLの末尾に、特定のドメインの完全名(いわゆるFQDN)が追加されており、それらがすべて404エラー(ページが見つかりませんエラー)になっている。

たとえばこんな感じ。(下記ドメイン名はダミー)

http://myblog.com/2017/1234/www.example.com

http://myblog.com/2017/1234/ でアクセスすると正常だが、末尾に変なURLがついているので404エラーになる。

どうして勝手に変なURLが付いてしまうのか、Googleで調べたら答えが見つかった。

https://webmasters.stackexchange.com/questions/104346/weird-404-url-problem-domain-name-is-being-placed-at-end-of-urls-in-wordpress-s

自分のブログのソースコードを見て、「href=」で指定されたリンク先をすべて調べれば、その中にプロトコル(http://https://)が書かれていないwww.example.comへのリンクがあるはずです、とのこと。

それをhttp://www.example.com/ や https://www.exmaple.com/ など、ちゃんとプロトコルを付けたリンクに修正すれば問題が解決するらしい。

そこで自分のブログを探してみたら、ありました。Wordpressのウェジェットの中に自分で記入した「href=」のリンク先に・・・

<a href=”www.exmaple.com”>

・・・という、まさに上のページに書かれてある不具合が。

そこでちゃんとプロトコルをつけて・・・

<a href=”http://www.exmaple.com”>

・・・と書き直したところ、問題は解決。

以上、とてもつまらないサボりで、ウェブサイトのクローラーに大量の404エラーを発生させてしまっていた、というお話と解決法でした(汗)。

日経コミュニケーション2013/7号の悲劇的に「ガラパゴス」なBYOD導入事例13社

日本企業のBYOD事例集。2013/7号『日経コミュニケーション』からの転載記事ですが、外資系企業を除いてあまりの「ガラパゴス」ぶりに唖然としますね。

[Part2 事例]実現技術からポリシー構築まで、13社の事例から学ぶ実践手法 (2013/12/26 日経ITPro)

外資系企業を除いて、ほとんどが日本国内の独自製品・サービスの導入事例で、BYOD化の方針も未確定が事例。

本当に参考になるBYOD事例をもつ企業は、日経BP社の取材などにかんたんに応じないということでしょうか。

中国の水樹奈々掲示板「どうして奈々さんが好きになったの?」スレを訳してみた

中国の検索エンジン「百度」(ぱいどぅ)の掲示板サービスに、水樹奈々ファンの掲示板がある。
百度の掲示板は日本の2ちゃんねるのように匿名だが、掲示板ごとに自主的に管理人を決めて運営する自治ルールがあり、それぞれの掲示板の参加者には総称がついている。
水樹奈々掲示板の場合は「愛媛村民」(笑)で、村民数は2012/02/06現在6,998名と、悪くない数字だ。
ちなみに、中国で最も有名な日本人であるAV女優の蒼井そらの掲示板の参加者は「恋空」という総称で、69,715人とケタが違う。(中国で最も有名な日本人は決して加藤嘉一ではないので、ご注意を)
で、水樹奈々掲示板に「【集中討論】どうして水樹奈々が好きになったの?」というスレッドがあり、2011年バージョンと2012年バージョンがあったので、日本の水樹奈々ファンのために、まず今回は2011年バージョンの書き込みから、適当に見つくろって日本語訳してみたい。
ちなみに書き込みしているユーザの性別・年齢・住所(中国の省や都市の名前)も参考までに書いてある。中国大陸のユーザの場合、ほぼ実際の性別・年齢・住所を登録していると考えていい。年齢・住所未入力のものはそのままにしている。
また、細かい語感は僕の中国語力ではまだ分からないので、平板な日本語にしてある。感情がこもっていない日本語に読めるが、それは中国の水樹奈々ファンが冷静だからではなく、僕の中国語力の限界としてご容赦いただきたい。
では、スタート!

前世で決まってた運命。(31歳男・上海)
一目見て萌え死んだから。(16歳男・上海)
歌唄を見てから。(14歳女・広西省)
(訳注:『しゅごキャラ!』でのほしな歌唄役のこと)

FORMULAのPG。(男)
(訳注:たぶん彼女のLIVE FORMULAというライブでの『POWER GATE』の歌唱を見て、の意)
理由なんてない。ただ水樹奈々が好き。(15歳女・山東省)
愛に理由なんて必要ない。(27歳男・浙江省)
『NARUTO』の声で萌え死んだ。それからLIVE FORMULAを見て徹底的に萌えた~。(22歳男)
トランシー、それと奈々さん役の歌は全部うまい、うん、歌がうまい、癒される。(女)
(訳注:『黒執事II』のアイロス・トランシー役のこと)
『しゅごキャラ!』を見て奈々さんが好きになった。このアニメで『迷宮バタフライ』を聴いて、声にやられた。歌唄と『NARUTO』の日向ヒナタも奈々さんが声をやってるって知って、この声優すごいと思った。この二人って正確が正反対で重要なキャラなのに、しっかり演じ分けてるから。その後は続々と『魔法少女リリカルなのは』『ロザリオとバンパイア』『WHITE ALBUM』とかのアニメを見て、ますます奈々さんの演技がすごいと思うようになった。奈々さんの歌も聴くよ。奈々さんの歌声は音楽を凌駕してて、私としては奈々さんの歌声だけでも十分楽しめる。奈々さんの曲自体は、良いのも悪いのもあるけど、奈々さんの声さえあれば、どんな曲だっていい曲になる。これからも奈々さんがんばって!(18歳女・海外)

『なのは』を見たから。(31歳男・香港)
最初は歌で、それから天使みたいな顔と幼児体型に萌え死んだ。(男)
いろんな声が出せるところが好き。(15歳女)
曲のスタイルにひかれる。それが理由(男・広東省)
プリキュア~桑島さん関連~それが二大本命。(16歳女・四川省)
(訳注:『ハートキャッチプリキュア』などでの桑島法子との共演のこと)
いろいろ黒タイツの絶対領域とか。(22歳男・広西省)
いろいろ白い太ももとか。(18歳女・河北省)
ヒナタから始まってEB、それからASL2008を見てもう治癒不可能なほど好き。(17歳男・遼寧省)
(訳注:ヒナタはアニメ『NARUTO』での役名。EBはシングル『ETERNAL BLAZE』、ASL2008は『アニメロサマーライブ2008』のこと)
歌詞がいい。(21歳男・上海)
最初は歌唄を見たとき…それで声がかなりいいと思った。(女)
『深愛』この曲がいい。本人も可愛くてきれいだし。(21歳男・陝西省)
外見も萌えるし、歌もうまい。(19歳男・山西省)
歌のうまさは神、アフレコもすごい、女らしくて、性格はかわいい。(20歳女・湖北省)
ネイルが可愛い。とにかく全部好き。ずっと好き。(17歳男・広西省)
奈々かわいい。(23歳男・日本)
(訳注:と書いてある下にイカ娘が瞳を輝かせているアニメーションGIFが貼ってある)
実は、『深愛』で萌え死んだ。(15歳男・福建省)
声よ、声(13歳女・山東省)
奈々さんに萌えるのに理由なんていらない。(19歳女・上海)
『深愛』、説明不要。(19歳男)
声と爆発力、元気いっぱいなところ!(女)
最初は何となく「太平洋」でベストアルバム『THE MUSEUM』をダウンロードして(ここに奈々さんファンになれたことを「太平洋」に感謝いたします)、それを聴いて声がいいと思って、それからプロフィールを調べて、奈々さんがとってもとっても努力してることに感動して、また歌詞を検索して、歌詞もいいと思って、今まで好きになった国内の歌よりもずっとすごくて、もう治療不可能なほど好き。(男)
(訳注:「太平洋」とは違法ダウンロードサイトのこと。弁護するわけではないが、中国大陸の中高生が日本人歌手のCDを、淘宝などのネットショップの中国大陸向け価格であっても購入するのは、たぶんほぼ無理)
最初は『空の境界』のとき、『忘却録音』の黄路美沙夜、この声優の笑い声がいいなと思ってから。(19歳男・貴州省)
(訳注:『劇場版 空の境界 第六章 忘却録音』での役名)

他の人にはない魅力があるから。やっぱり元気いっぱいに歌ってるのと華麗なダンスを見て、それ以来この可愛いお姉さんにどうしようもなく夢中。今は初めのような激情って感じはないけど、やっぱり気になって時々この掲示板に書き込みしてる(男・上海)
歌唄を見てから。(女・上海)
実はもともとそんなに奈々さんのことを好きじゃなかった、うん。その後、何となくLIVE FORMULAの映像を見て…実は見終わった後も好きでもなかった…ところが、2週間くらいして急に萌え死んだ!『POWER GATE』あの曲~それから夢中でいろいろ探して、もう一回LIVE FORMULAを見なおして、すごいと思った…奈々さん大好き~これって運命だよ。(16歳男)
声がすごくいい!!!アフレコってより、やっぱり歌がいい!!奈々さんは初めて好きになった声優だよ!!!!!(20歳女・河南省)
『しゅごキャラ!』の歌唄。(13歳女・河南省)
『しゅごキャラ!』を見て奈々さんの歌を聴いて、それから奈々さんの資料を調べて、ヒナタやフェイトの声優もやってるって知った瞬間、好きになった。(16歳女・上海)
僕もみんなとだいたい同じ。『しゅごキャラ!』の『Heartful Song』を聴いて、それから『NARUTO』も見なきゃと思って、見た瞬間にヒナタが好きになった。それから『NARUTO』が回想シーンばっかりになって、見なくなった。自分で『週刊アニメ』を買ってるんだけど、ある号で『魔法少女リリカルなのは』劇場版の紹介があって、今度は『魔法少女リリカルなのは』を観るようになった。フェイトが最初に登場したとき、どうして歌とこんなに似てるんだろうと思って、それで奈々さんが好きになった。(19歳男・遼寧省)
僕は『魔法少女リリカルなのは』を一目見て、フェイトの声と、やさしい正確に萌え死んだ。その後、奈々さんの資料をいろいろ探して、自分の好きなキャラを、全部奈々さんがやってることを発見して、それから曲も集めて、『深愛』で萌え死んで、めちゃくちゃ好きになった。(13歳男・福建省)
人格の魅力。(15歳女・上海)
主な理由は声かな。。。ああいう声が好き。(18歳女・広東省)
萌える声だから。(男・広東省)
絶対に歌、でも今は歌じゃなくて、奈々さん自身が好き。(15歳女・湖南省)

アロイス・トランシーがきっかけ。(15歳女・湖北省)
奈々さんが美人で、奈々さんの声も萌えるし、めぐり合わせがあったから。(15歳女・福建省)
歌声、爆発力がすごい。(18歳女・湖南省)
歌唄を見たから。(13歳女・山東省)
萌香。(15歳女・上海)
(訳注:『ロザリオとバンパイア』での役名)
白河ほたる。(16歳男・広西省)
(訳注:OVA『Memories Off』での水樹奈々の役名)
萌香で完全に持っていかれた。『ロザリオ』中毒になって、奈々さんファンになった…(男)
最初は『ロザリオとバンパイア』、ロリ声にも男の子の声にも引かれて、歌のうまさにも引かれて、それから、わかるよね……(18歳男・上海)
彼女を好きになるって、運命で決まってたんだよ。(15歳女・江西省)
アフレコ、歌のうまさ、実力。(18歳女・広東省)
歌唄、歌唄、歌唄…(15歳女・湖南省)
何となくネットで『深愛』を見てから、奈々さんを好きになった!時間がこんなに速く経つとは!ふりかえれば奈々さんファンになってもう4年だ!奈々さん!ずっと応援するよ!(18歳男・北京)
歌唄を見てから。(女・河北省)
前から奈々さんの存在は知ってて、奈々さんをすごいと思ってた。その後『しゅごキャラ!』を見てから注目するようになって、それまでに見たアニメにたくさん奈々さんが出演してたことに気づいた。『ロザリオとバンパイア』、『魔法少女リリカルなのは』、それから『黒の契約者』にも奈々さんが参加してて、だんだん好きになってきた。携帯のMP3プレーヤーでずっと奈々さんの歌を聴いてて、その後、奈々さんのブログを読んで、改めてプロフィールも見て、奈々さんが本当に偉大で、努力家だってわかった。それからますます好きになった。奈々さんに夢中になり始めたころ、同級生の子が厚紙に奈々さんの写真を印刷してカードを作ってくれて、それをもらった私は感激で涙が出た。それからまたいろんな雑誌で奈々さんを見つけて、ますます感激した。奈々さんの努力がすごく好き。声も好き。最初は奈々さんの演じたキャラから入って、歌が好きになって、今は人がらそのものが好き。奈々さんは私にとって努力目標。奈々さんが好き、好き好き。(15歳女・上海)

奈々さん大好き、声優としてほんとにすごいし、素直で、誠実。奈々さんの歌を聴いてると楽しいし、毎回いろんな役に挑戦してるのもすごい。(13歳女・安徽省)
歌唄、歌唄、歌唄!!(13歳女・甘粛省)
『Memories Off 2nd』、オレの中学時代の恋と夢、それ以外に理由が必要?(男)
(訳注:「恋と夢」はゲーム版『ロザリオとバンパイア CAPU2 恋と夢の狂想曲』のことかもしれない)
奈々さんの曲は全部僕の好きなタイプ、曲調が感動的だし、奈々さんの歌い方も集中して全力で歌ってる感じで、感動せずにはいられない。(17歳男・貴州省)
最近ハマった。奈々さんの歌のスタイル、歌のうまさ、可愛い笑顔、全部好き。ステージで歌ってるのが楽しくて夢中な感じで、あの手の振り方とか、完全に好きになっちゃった!!本物の歌手だよ~(19歳女・北京)
緒方理奈+深愛+トランシー。(12歳女・湖北省)
黒タイツとか..脚とか..美人だし..姿もいいし..声もいいし..(15歳男・上海)
前に『しゅごキャラ!』に萌えて、ほしな歌唄の歌が水樹奈々さんがアフレコをしてると知って、それでガンガン奈々さんの歌を聴きはじめて、それですっかり夢中。(26歳男)
最初は『深愛』を聴いて奈々さんの歌を好きになって、それから紅白初登場のとき、お母さんに電話をかけてるのを見て、また好きになった。(17歳女・広西省)
『しゅごキャラ!』で奈々さんの歌声を聴いて奈々さんを好きになった。その後『なのは』とか『ロザリオとバンパイア』を見たり、いろんな歌を聴いたりして、もっと好きになった。(14歳女・広東省)
最初は『NARUTO』のヒナタの声に注目して、そのときすごく萌えて、よくよくキャストを見てみたら、声優が奈々ちゃんだった~その時はまだ歌を歌ってるって知らなくて、アフレコだけに注目してた。『魔法少女リリカルなのは』を見てからは、死ぬほどフェイトのファンになって、オープニング曲で初めて奈々さんが歌を歌ってると知って、それからずっと応援してる…(21歳男・吉林省)
ヒナタ大好き。。。。(15歳男・江蘇省)
歌唄を見たから。(20歳女・重慶)
『innocent starter』を聴いて感動したから…それから一度も『魔法少女リリカルなのは』は見てないけど。(23歳男・広東省)
歌唄。(14歳女・上海)
一曲聴いてもう地獄に落ちた。それから天国より地獄のほうが自分に向いてるって思った。(20歳男・山東省)
フェイトちゃんを見てから。(14歳女・上海)
声、顔、全部。(11歳女・北京)
『魔法少女リリカルなのは』~第3期のオープニングとか全部彼女が歌ってて、聴けば聴くほどいいよね~(19歳女・浙江省)
『迷宮バタフライ』を聴いてから。それから『深愛』も。(13歳女・上海)
最初に奈々さんに注目したのはMemories Off 2、白河の声に萌え死んで、それから奈々さんのライブを見てすごく元気なので、白河の声とぜんぜん別人だなぁと、すごく印象に残った。少しずつ知らないうちにいろんなアニメで、ぜんぜん違う性格のキャラの声優をしているのを知って、有名なキャラは少ないけど、奈々さんが好き。歌うのが好きで、いろんなキャラを演じてて、とても努力家で、将来、奈々さんが自分の夢を実現できればいいなぁって思ってたら、あの紅白の舞台に上がったとき、心を込めて『深愛』を歌っているのを聴いて、すごく感動したよ。ついに自分の夢を叶えたんだなって!(25歳女・北京)
人間としていい!性格が最重要!……でも外見も歌声も重要だよね……(17歳女・上海)
ほたるで萌えた。(21歳男)
引かれているのは、彼女の声だけじゃない。みんな言うように、一種の病気。でも永遠に治りたくない病気。(20歳女・海外)
ユーファで奈々さんに注目してから。『魔法少女リリカルなのは』の歌とフェイト役でもっと好きになった。(22歳男・広東省)
(訳注:ユーファはアニメ版『ラグナロク』のキャラクターソング『With~ちいさなチカラ~』のこと)
奈々ちゃんの『SECRET AMBITION』を聴いて好きになった。『SECRET AMBITION』のPVの中で黒い服を着てる奈々ちゃんと見て、完全にやられた。(21歳男・江蘇省)

『ロザリオとバンパイア』の萌香で奈々さんを好きになった、あの『Dancing in the velvet moon』はほんといい!!!!(18歳男・北京)
軍服を着てる水樹さんはかっこいい。(17歳男・上海)
『ロザリオとバンパイア』のOP『DISCOTEQUE』。当時はあのオープニングで踊ってる女子キャラに感動したよ。。(21歳男・山東省)
最初は歌唄ちゃんから、歌がすごくうまいと思ったから。それから偶然、歌唄ちゃんとヒナタちゃんの声優が同一人物だと知って、それで水樹奈々という名の魔法にかかって抜けられなくなったよ~。奈々さん大好き。声がいいし、歌もいいし、人がらはもっと好き!(12歳女・広西省)
10年来やってる『メタルギアソリッド』の『PEACE WALKER』をやったとき、奈々姫の歌声を聴いて、完全に萌え死んだ。それで奈々さんファンになった。(14歳男・甘粛省)
きっかけはあの『HEAVEN KNOWS』って曲だよ!その頃の『動漫時代』増刊号に入ってた曲!(27歳男)
(訳注:『動漫時代』は中国のアニメ雑誌)
『しゅごキャラ!』を見始めてから、ネットで『しゅごキャラ』の情報を調べてたら、奈々さんの名前を見つけて、奈々さんの情報をいろいろ検索して、また『ロザリオとバンパイア』を見て、それから『魔法少女リリカルなのは』も見て、そうやってるうちに奈々さんのことが好きになった。。。(15歳女・四川省)
『なのは』の『innocent starter』を最初に聴いたとき、突然好きになった。それから必死で彼女の曲を探して、どんどん好きになって、どんどん夢中になって、ついに抜け出せなくなった….(21歳男・広東省)
話せば長くなるけど。。。。最初はQQ音楽で『PHANTOM MINDS』を見たこと。それからあれもやっぱり奈々さんだったんだぞと、突然『しゅごキャラ!』を思い出して、聴いてみたら、やっぱりいい歌で。。。それからずっと探し続けて。。。(13歳女・広東省)
奈々さんは実力派だと思う。奈々さん愛してる。私の前髪のカットは奈々さんをお手本にしてるんだよ。(16歳女・重慶)

以上、中国の検索エンジン「百度」の水樹奈々掲示板から、「【集中討論】どうして水樹奈々が好きになったの?」スレッド2011年バージョンの抜粋日本語訳。

続:NHK『クローズアップ現代』の「現代型うつ」の根本的誤り

引きつづき、2011/11/23のNHK『クローズアップ現代』で取り上げられていた現代型うつ病の話題。
この番組の後半に登場した中年男性患者が、自分の他罰性(何でも他人のせいにする傾向)に気づいて再就職への道を模索し始めた、となっていたのは、認知療法として一定の意味はあるのではないか、というご意見をツイッターで頂いた。
このご意見をいただいて、僕自身、自分の精神疾患についての考え方について気付かされたことがある。それは、僕自身が暗黙のうちに「治療と社会復帰は別問題」という前提をおいていたことだ。
たしかに、「現代型うつ」の認知療法による治療として、まず本人に自分の「他罰性」に気づかせるのは意味があるだろう。そのことは否定しない。
しかし、そのような認知療法が一定の治療効果をあげ、患者さんが社会生活により適応しやすくなったとしても、その患者さんがもともと仕事をしていたような職場にもどって、また同じように仕事ができるようになるかというのは、全く別の話だ。
認知療法は、患者さん本人がなぜ自分が社会とうまく折り合いをつけられないのか、その理由を「個人的に」納得するにはたしかに役に立つだろう。
しかし、それはあくまで「個人的な」納得でしかない。患者さん自身が納得したとしても、社会が患者さんを見る目も同じように納得し、変化してくれるわけではない。
職場に復帰するということは、まずは職場まで徒歩や交通機関をつかって出社できること。そして出社した後、リハビリ勤務中は短時間勤務だとしても、一定の時間、連続して業務ができることが最低条件になる。
誤解をおそれず単純化すると、職場復帰は精神的な問題ではなく、ほとんど肉体的な問題だ。
かつて強烈な不安を感じた空間に、一定時間いつづけられる体力があるか。めまいがしたり、吐き気がしたりしないか。すぐ下痢をしてトイレに駆け込んだりしないか。そうした身体的な問題についての不安の方が、職場復帰にあたってはより重要になる。
職場の人たちは、職場復帰した患者が心の中で何を思っているか、いちいち想像してくれるほどヒマではない。各人が実際に職場ではたしている外面的な機能でしか見てくれない。
極論すれば、精神的な問題がまったく改善していなくても、決められた勤務時間中だけ、なんとか他人と一定レベルの意思疎通ができ、一定の思考能力と体力が続きさえすればいい。たとえ帰宅後、自分の部屋でぐったりして翌朝までろくに動けなかったとしても職場復帰はできてしまう。
この最低ラインをクリアするために、何種類もの薬を服用しつづけなければならないとしても、いちど職場から完全にドロップアウトしてしまう損失に比べればまだ良い、という考え方もある。
たぶん僕は、患者にとっては、じっくり時間をかけて治療するより、どんな手を使っても元の生活に近い生活を送れるようになることの方が、はるかに重要な場合があると、暗黙のうちに前提していたらしい。
ご承知のように精神疾患には、体の病気のように完治という区切りをつけることがむずかしい。
「寛解」という専門用語を見ればわかるように、完全に治ったとは言えないが、ふつうの生活に支障がないくらいには回復しているというところで、精神疾患の治療にはひと区切りつく。
その「寛解」の状態が、本人の内面的な納得と、周囲の人たちの内面的な納得の両方に支えられていればたしかに理想的だし、再発の可能性も低くなるだろう。しかし、そういう理想的な状況を実現するには、時間がかかるし、したがって費用もかかる。
しかも、周囲の人たちの内面的な納得を得るには、患者の周囲にいるかも知れない、ちょっと困った人、つまり、「自分の他罰性に気づいていないが、自分が精神疾患にかかることがないような図々しく無神経な人」に対しても、一種の認知療法をほどこす必要がある。
神経科や精神科を訪れてきた患者であれば、自分が病気だという認識(=病識)があるので、認知療法をしても一定の効果が期待できる。
しかし、患者の周囲にいる「自分の他罰性に気づいておらず、その他罰性に何ら問題を感じないまま周囲に対して攻撃的で無神経な人」には、当然、病識がなく、いかなる治療もできない。
いまの社会で、認知療法が社会復帰のための治療として機能するには、じっさいには患者本人だけでなく、患者の周囲にいる人たちも巻き込む必要があるのではないだろうか。
ただ、患者の周囲にいる人たちは、自分たちが病気でもないのに、なぜ新たな患者を職場から出さないために、あるいは精神疾患で休職中の社員の職場復帰のために、まるで自分たちの方に問題があるかのように「トレーニング」を受けなければならないのか、納得がいかないという気分になるに違いない。
そういう納得がいかない気分は、首記の『クローズアップ現代』に登場した企業の人事担当者の「メンタル社員」という蔑称によくあらわれている。「メンタル社員」という蔑称は、非があるのはあいつらなのに、なんで自分たちがいちいち研修なんかやらなきゃいけないんだ、という本音を表現している。
このような現代社会で、患者に対する認知療法に一定の成果が出たからといって、それがそのまま社会復帰につながるかのような『クローズアップ現代』のレポートの組み立て方は、あまりに楽観的すぎる。
楽観的すぎるだけでなく、精神疾患の患者を「メンタル社員」という差別用語で呼ぶ企業側の理論を、補強するだけに終わるおそれがある。
その意味で、認知療法の効果を信じている医師は、患者の職場や家庭まで巻き込んで、拡大された意味での認知療法をやる覚悟を持つ必要がありそうだ。
そうでなければ、患者ひとりが自分の「他罰性」に気づいたところで、その患者が職場へもどった後に、また病気の遠因となったタイプの人間に行き当たることになる。
つまり、自分の「他罰性」に気づかないまま周囲に当たり散らすタイプの人間に、精神的に打ちのめされ、せっかく職場復帰した患者はまた「他罰性」をとりもどすおそれがある。そして、弱い「他罰性」と強い「他罰性」のぶつかり合いで、またその患者は敗れ、職場からドロップアウトするかもしれない。
そのくり返しになるくらいなら、より強力な「他罰的」人間になって職場へもどっていくという選択肢をとらざるをえない場合もあるのではないか。むしろ現代の日本の職場においては、そういう選択肢の方が、精神疾患の患者が決定的に社会からドロップアウトするのを防ぐのに有効ではないのか。
僕は個人的にはこう考えているし、現実の日本社会は、すでにそうなっていると考えている。
仮に認知療法のような根本的な治療法が、多数派の治療法として患者の社会復帰に有効に機能しているなら、職場の精神疾患は順調に減っているはずだし、年間の自殺者数も減っているはずだ。
しかし実際には毎年3万人強がコンスタントに自殺している。職場の精神疾患も減らないばかりか、「現代型うつ病」と名付けられる新しいタイプの精神疾患が出てきている。
これは、認知療法のような根本的な治療が成果をあげておらず、社会の成員の一人ひとりが、自己理解と相互理解を深める方向になっていない証拠、つまり、認知療法のようなタイプの治療が失敗している証拠ではないだろうか。
そういう中では、いったん社会からはじき出された患者は、再び社会に適応することが極めて難しくなる。
さらに、認知療法のような治療法を最初からあきらめ、おもに薬の力で「身体的」条件を回復して職場復帰した患者は、ふたたび社会に適応できるが、いわばそういう「ドーピング的治療」で社会復帰する患者が増えると、こんどは別の人々が職場からはじき出されることになる。
こういう社会を全体として眺めると、次のようになる。
向精神薬や抗うつ薬の処方量が増えていく一方で、精神疾患の患者数や自殺者数は減らない。かといって、精神疾患によって社会からドロップアウトした人々が、街頭や公園にあふれかえるような、目に見えて悲惨な状況にもならない。
今の日本社会は、いったん、こういう悪しき均衡状態にあるのではないか。
出発点の2011/11/22放送分、NHK『クローズアップ現代』からずいぶん離れてしまったが、今の日本社会が精神疾患の増加によってどのような姿になっているか、僕個人の考えを書けば、以上のようなものになる。