カテゴリー別アーカイブ: 中国語

SNH48の一期生最終選抜がこの日中情勢のなか今週末開催

日中関係が尖閣諸島国有化によって悪化し、民間レベルの交流活動も次々キャンセルされているこの状況で、SNH48も何もないと思うが、その後のSNH48の状況を見てみたい。
(※文中の写真はSNH48公式サイトにアップされている中国大陸各地でのオーディションの模様の写真)
SNH48とはAKB48のプロデューサ・秋元康氏が、中国大陸で現在第一期生のオーディションを行なっているアイドルグループだ。その他のAKB48クローンのアイドルグループと同様、上海の地名にちなんで「SNH48」と名付けられている。
SNH48の公式サイトはこちら(中国語)
2012/09/21時点で、第一期生のオーディションへの応募は締め切られており、応募者数は38,066名、書類審査を通過した1,000名について地区ごとにオーディションが行われ、10月中旬の上海で最終選抜が行われるようだ。
杭州地区予選受付けの模様
成都、杭州、広州、北京の予選はすでに終わっており、成都は21名、杭州は19名、広州は18名、北京は14名の合計72名が、上海での最終選考に進んでいる。(こちらの中国ツイッター「新浪微博」のツイートを参照
杭州地区予選、参加者が面接前にお祈り中
なお、SNH48メンバーへの応募資格は16~22歳という年齢制限がついている。
応募者総数38,066名が多いか少ないかだが、中国大陸の若年層人口は日本のざっくり10倍と考えていいので、日本でいえば3,800名が応募したことになる。中国大陸でのAKB48人気の水準は、この程度ということになる。
心の中でお祈り、次は私の番号?
応募者が少なかったことを裏付けるように、SNH48公式サイトではすでにメンバーの「通年募集」が告知されている。結局、期限を定めたメンバー募集では、一定のレベルを満たす応募者が十分な人数集まらなかったというこだろう。
全国各地から来た応募者、一次面接受付の様子
応募者が少ない原因の一つは、中国大陸のコアなAKB48ファンの年齢層が16歳より低いことがあるかもしれない。
また、16歳以上になるとすでに過酷な大学入試の受験準備が始まっており、アイドルで生計を立てようなどと言っている場合ではないシビアな現実もあるだろう。
結果発表会場
それに中国の場合は、そもそも両親が日本発のアイドルグループのオーディションに参加することを許すか、という大きな障害がある。
今回の応募者のほとんどが、おそらくはすでに大学生になっていて、比較的時間や経済的な余裕がある女子たちではないかと思われる。必然的に応募者数が少なくなるわけだ。
こうした大学生のお姉さんたちを、同じ中国大陸の小中学生の女子が応援するという図式は、中国大陸でも成り立つが、中国大陸の巨大な音楽市場の中では、きわめてマイナーになることは間違いない。
そして2012/09/21現在、SNH48の中国ツイッター(新浪微博)の公式アカウントがフォロワーに呼びかけているのは、SNH48の劇場名の募集である。劇場名を公募して何の意味があるのか分からないが、何とかSNH48を盛り上げようと必死な様子はわかる。
それでも中国ツイッターのSNH48の公式アカウントのフォロワー数は、たったの24,147人である。同じく中国の若者人口は日本の10倍ルールを適用すれば、日本なら2,400人程度と悲惨な数だ。
しかもSNH48の第一期メンバーへの応募者数より少ない。メンバーの応募者数よりフォロワーが少ないとは一体どういうことか。理解に苦しむ。
一次面接通過者がメディアとオフィシャルの取材中
いずれにせよこの週末2012/09/22~09/23が一期生メンバーの上海での最終選抜らしい。この日中情勢の中で、SNH48が出だしからどれだけ大コケするか。中国のネット芸能メディアがSNH48をどのように扱うか、あるいは完全に無視するか、見ものである。

中国語版『サイゾー』は中国の日本ファンの動機づけを奪うかも

『サイゾー』が中国語版サイトを正式に開設した(こちら)。これについて運営主体のインタビュー記事は、中国・新興国の情報サイト『KINBRICKS NOW』の以下のリンクから読める。
『目的は打倒クール・ジャパン?!あのサイゾーが中国進出、その理由とは』 (2012/07/13 KINBRICKS NOW)
現時点で中国ツイッター(新浪微博)の中国語版『サイゾー』公式アカウントをフォローしているのはたったの2桁だ。
中国ツイッターのフォロワー数は、日本語圏のツイッターのおおむね10倍でやっと同等と思われる。つまり日本語圏のツイッターのフォロワーを1万人持っていれば、中国ツイッターでは10万人いないと、同程度の人気や影響力を持てない、という概算だ。
『サイゾー』の公式アカウントは、2012/07/11に本格的につぶやき始めたばかりにしても、まだまったく認知されていない段階にとどまっている。これからフォロワー数がどれくらい伸びるか、期待して見守りたい。
さて、中国語版『サイゾー』について、開設以来ページビューがどのくらい伸びているのか、僕には知る方法がないけれど、今後アクセス数が伸びるのかといえば、かなりあやしいと個人的には思っている。
その理由は、中国大陸にいる日本ポップカルチャー・フォロワーのネット民たちの「動機付け」にある。
彼らは自分の力で、日本語のオリジナルの情報サイトに(『サイゾー』もその一つだが)、場合によっては中国政府のグレート・ファイアウォールや検閲を回避する技術(翻牆)を駆使する危険を冒してアクセスし、それを中国語に翻訳して、中国人に紹介するというプロセスの楽しさとやりがいを奪ってしまうからだ。
僕がそれを感じたのは、alanという中国人女性歌手についての中国大陸のネット民とのやりとりを通じてである。alanは四川省出身、解放軍芸術学院卒のチベット族女性歌手だ。
日本でエイベックスからデビューして以来、個人的に彼女の日本国内の活動を、勉強しはじめたばかりの、とても下手くそな中国語で、主に中国の検索エンジン「百度」の掲示板サービス「貼吧」で発信する、ということをやってきた。それなりに反響があって、かなり面白い体験だった。
もちろん中国大陸のalanファンたち自身も、日本語のオリジナル情報を入手しようと、グレート・ファイアウォールを越えてalanの日本語ツイッターをフォローしたり、YouTubeを見たり、日本でしか発売されていないCDやDVDを団体購入したりと、ものすごいパワフルさで彼女の日本での活動を追いかける。
そのエネルギーや、一部の中国人ファンの日本語力の高さには、ただただ舌を巻くばかりだった。
そういう彼らをネット上で見ていると、入手困難な日本語情報にアクセスし、それを母国語に翻訳するというプロセスにこそ、中国では少数派である彼ら日本のポップカルチャー・フォロワーのプライドや楽しみがあるのだと実感できる。
つまり、中国大陸でメンバー募集中のAKB48クローン「SNH48(上海48)」にしても、中国語版『サイゾー』にしても、彼らから最大の楽しみを奪うことになってしまうのだ。
しかも、SNH48や中国語版『サイゾー』の受容者として想定できるのは、ほぼ、そうした熱心な日本のポップカルチャー・フォロワーたちに限られる。
このことは、日本のアニメやマンガを、もし日本の製作者や権利者たちが、自ら中国語に翻訳して中国大陸で提供したら、もともとそれらの作品を「違法」に中国語訳していた中国人ファンたちに歓迎されないだろう、ということにもつながる。
その理由は、無償で入手できた作品が有償になってしまう、という経済的な面より、むしろ、中国語版を制作する「二次創作」の楽しみとやりがいが奪われる、という心理的な面が大きい気がするのだ。
なので、中国語版『サイゾー』ができても、中国人の熱心な日本のポップカルチャー・フォロワーは、あえて中国語版『サイゾー』を通り過ぎて、日本語のオリジナルの各種サイトへ情報を取りに来るだろうと、僕は感じている。単なる勘でしかないけれど。
追記:
なお、中国語対応のボーカロイドソフトなら、日本企業が中国で発売しても一定の成果が見込めるのではないかと思う。なぜなら、それを使って創作したり二次創作したりする余地が残されているからだ。

声優・劉セイラさん取材記事試訳(日経オンライン中国語版)

日経オンライン中国語版に、青二プロダクション所属の中国人声優・劉セイラさん(記事中では本名)の取材記事が掲載されていたので日本語に試訳してみる。例によってあくまで試訳なので、正確には原文をあたっていただきたい。
『向日語”声優”挑戦的中国女孩(日本語声優に挑戦する中国人女性)』 (2012/04/10 日経オンライン中国語版)
(ここから日本語試訳)
日経新聞編集委員 吉田忠則:「外国人がこの仕事をする資格があるのかと考えると、少し心配になります」と劉※犖(リウ・ジンルオ)さんはこぼれそうな涙をこらえながら言った。劉さんが選んだのは日本語によるアフレコ、「声優」の仕事だ。劉さんは続けて語った。「でもアニメとマンガはずっと私を元気いっぱいにしてくれています。そういう作品への感謝の気持ちを思い出すと、大丈夫と思えます」
※=「女」へんに「青」。
劉さんは去年4月、多くの日本の人気「声優」を擁する青二プロダクションに所属し、声優としての第一歩を踏み出した。日本のアニメは世界中の若者に人気があるが、外国人声優は非常にまれだ。日本語が母国語ではない人たちにとって、アフレコは非常にチャレンジングな仕事である。
劉さんと日本のアニメの出会いは幼稚園のころにさかのぼる。最初に見た日本のアニメは『聖闘士星矢』。扇子を持って登場人物を演じて見せたりしていた。12、13歳のころ『新世紀エヴァンゲリオン』を見て大きな衝撃を受けた。当時はまだ日本語が分からなかった。だが声優のすばらしい演技に深く心を打たれ、身動もできないほどだった。
その後、劉さんは北京外国語大学に合格。選択肢はいくつかあったが、「日本語を学ぶ」ことにこだわり続けた。その頃すでに「日本語をマスターして声優になる」という決心をしていたからだ。
運命の扉は2007年に開き始める。当時、劉さんは北京で行われた日本のアニメのアフレコ大会に参加した。ゲストには『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイなどで有名な古谷徹氏もいた。その時、古谷徹氏は演技の発表をひと通り聴き終わった後、「僕といっしょにアフレコしたい人はいますか」と呼びかけ、劉さんを舞台に上げた。
古谷氏の指導のもと、二人は舞台の上で演技を始めた。当然日本語である。劉さんはその時、古谷氏の声の力に圧倒され、その場の空気全体が震えているように感じた。「これこそ本物の声優なんだ」、劉さんは心の中で叫んだ。劉さんの演技も高い評価を受けた。この時、舞台の下で青二プロダクション池田克明社長が二人の演技を見ていた。劉さんの高水準の日本語と表現力に池田氏は深い印象をうけた。
チャンスは2010年秋に訪れる。当時、一休さんのキャラクターで中国人向けに京都を紹介するプロモーションビデオを制作するにあたり、一休さん役がまだ最終決定されていなかった。この仕事を担当していたのが池田氏だった。池田氏の頭に浮かんだのが劉さんだ。劉さんは北京外国語大学を卒業後、日本留学の道を選択し、そのころ専門学校の声優科に通っていた。この仕事は中国語だったこともあり、池田氏は改めて劉さんの演技力を認めた。そして池田氏は「卒業したら青二に入らないか」と告げた。こうして夢への扉は開かれたのだ。
青二プロダクションに入ってすでに1年。劉さんはまだ理想の仕事は実現できていない。いまうけている仕事の大部分は中国語の仕事で、たまに日本語の仕事があっても、ただ「がんばれ!」「負けるな!」と言うだけの、その他大勢の役である。
この取材を受けているときも、劉さんの日本語は普通の日本人と全く差がない。しかしアフレコをする段になると、劉さんは自分の発音が正確かどうか心配になり、不自然になってしまうのだという。「自分の発音が不自然じゃないかと不安になるんです。そういう不安や気持ちの動揺が声にも出てしまうんです」
未来の道はどこにあるのか?いつからか劉さんは自分に言い聞かせるようになった。「いつまでも単なるアニメ好きではいけない。アニメを見終わった後、いつまでも『わぁ、面白かった。いやぁ、すごく良かった』というだけではダメだ」。劉さんはすでにプロの声優になる決心をしている。ただ最近ときどきこの道を選んだことは正しかったのかと疑ってしまうこともある。
劉さんは改めて自分の出発点を見つめている。なぜ声優になることを選んだのか?アニメやマンガが自分に勇気と元気を与えてくれたからだ。そして自分もそんな作品を作り出したい。「私は改めて作品に対する愛と感謝の気持ちを見出したいんです」
劉さんが感じているとまどいについて、青二プロダクションの池田氏は次のように解釈している。「どんな声や口調でセリフを言うか、これは日本人にとっても非常に難しいことです」。まして彼女は中国人だ。舞台や映画と違って、アニメのアフレコでは、表情や動作で感情を補うことはできない。声優は声だけを使って表現しなければならない。池田氏は強調する。「現時点で劉さんが達しているレベルは、すでに非常にすばらしい。きっと成功の最後の一歩を踏み越えることができる」と。
それは難しい挑戦かもしれない。しかしもし成功すれば、世界中の若者があとに従うだろう。その影響はアニメ業界にとどまらず、日本の国際化にとっても巨大な前進となる。劉さんが自身の声で日本に元気を与えてくれる日が一日も早く来ることを期待している。
(ここまで日本語試訳)

Chinese Writer 9には完全に失望

今日は、高電社「Chinese Writer 9」にがっかりしたというお話し。

パソコン用の中国語ユーティリティーといえば、高電社「Chinese Writer」が事実上の独占状態で、ネットでも良い評価が多い。
なので、ほかの中国語関連ソフト、たとえば辞書ソフトや、中国語入力ソフトを使っていて、いよいよ満足できなくなったら最後の最後は「Chinese Writer」だと考えていた。
今までの筆者の中国語環境は以下のとおり。ちなみに筆者は、中国語の読み書きは中級程度で、たまに中国人と間違えられるレベルだが、会話と聞き取りはほとんどできない。
Googleピンイン入力
・講談社「日中辞典」付属のCD-ROM
・Google Chromeの拡張機能
 ―Mouseover Dictionary Framework
 ―中英辞典(CC-CEDICT)
これらの組合せで、中国版ツイッターの「新浪微博」や、掲示板サイト百度貼吧で、あくまで文字ベースで、中国大陸のネット友だちと交流してきた。
そして、自分が作文した中国語が正しいかどうかは、Googleで中国語サイトに同じような表現があるかどうか、いちいち検索して確かめている。
ただ、どうしても中国語の同義語どうしのニュアンスの違いが、日中辞典だけでは分かりづらいので、中日辞典が欲しくなってきた。
いよいよ「Chinese Writer」が必要だと「決意」して最新版を購入した。「決意」という単語をつかったのは、独占状態のソフトだけあって、それなりの「決意」が必要な価格だからだ。
「Chinese Writer」には小学館の中日・日中辞典、大修館書店の中日大辞典、中国語新語ビジネス用語辞典電子版、日経BP社の日中パソコン用語辞典改訂版が収録されており、例文の全文検索もできるので、要件を満たすだろうと期待していた。
しかし、実際に使ってみて、がっかりした。完全にがっかりだ。
まず、Chinese Writerの独自の中国語IMEは、まったく不要。
Googleピンイン入力や、その他、中国の各種ポータルサイトからも、使い勝手のいい中国語IMEが無料で入手できるので、全く必要ない。
たとえばChinese Writer 9の製品紹介サイトでは、「镕」や「妳」は他社ソフトでは入力できないとされているが、ご覧のようにGoogleピンインで問題なく入力できる。
手書き入力も、たとえばQQのIMEの拡張機能で入手できる。またこれらのIMEはソーシャル辞書と連携するので、新語が自動的に辞書に追加される。
文字コードの問題についても、Windows自体の多言語対応や、Unicode(UTF-8)の普及のおかげで、いちいちGBやBIGなどの文字コードを変換する必要はほぼなくなっている。
また、Chinese Writerには機械翻訳の機能がついているが、これについても、ある程度の精度しか望めない以上、Goole、エキサイトなどのポータルサイトが提供する翻訳機能で十分だろう。
そもそも機械翻訳に頼る必要がある人は、中国語が入門レベルか、上級レベルかの両極端に分かれる。僕のように中途半端な中国語力しかない人間は、初めから辞書を引き引き自力で翻訳するしかない。
入門レベルの人なら、機械翻訳の精度が高いかどうかも分からないだろうし、上級レベルの人なら、省力化のためだけに機械翻訳を使うので、精度が低くても気にならないだろう。
すると、Chinese Writerに含まれる機能の中で、利用価値があるのは、中国語の音声合成機能、それをiPodに転送する機能、ビジネスレターのひな形、フォントなど、マイナーな機能だけになる。

いやいや、小学館の中日・日中辞典などの中国語辞書を検索できるだけでも、2万円の価値はあるじゃないか、という反論が聞こえてきそうだ。
しかし、そもそも小学館の中日・日中辞典、中日大辞典の例文には、ほとんどピンインが付いておらず、学習用途に向かない。
これは電子版だけではなく紙の辞書も含めて、小学館の中日・日中辞典が、講談社の中日・日中辞典に決定的に劣っている点だ。
しかもChinese Writerでは、せっかく複数の中国語辞書が入っているのに、例文については複数の辞書にまたがって全文検索する機能がない。この例文横断検索ができないのでは、同じソフトの中に複数辞書が収録されている意味はほとんどない。
さらに、Chinese Writer 9は2011/03/08現在の最新バージョンだが、実際には2007年に開発されており、最新OSやMicrosoft Officeなどの使い勝手と比べると、明らかに見劣りする。
高電社という中小ソフトハウスが開発している製品なので、使い勝手に開発工数をさけないというのが正直なところだろう。
そういうわけで、僕はChinese Writer 9に2万円の価値はなかったと判断し、4割引にしてAmazon.co.jpのマーケットプレイスで売り払った。
そのかわりに、講談社から発売されているCD-ROM版の中日辞典を購入した。これで僕のパソコンには講談社の中日辞典・日中辞典の両方が入っている。

実は講談社の中日辞典のCD-ROM版が発売されていることを知らなかったのだ。しかもこのCD-ROM版は、同じ講談社の日中辞典付属CD-ROMと異なり、インターネット経由で語彙を無料で更新できる。
ちなみにAmazon.co.jpで講談社の日中辞典(CD-ROM付き)と中日辞典CD-ROM版を買うと、計12,285円。一方「Chinese Writer 9」は23,100円である。
最初からこうすればよかったと、今はただただ後悔している。

自宅PCの静音化を中国ツイッターでつぶやいてみたら...

昨日ここにに書いた自宅PCの静音化について、中国ツイッター(新浪微博)で、ケースファンと電源交換のことだけにしぼってつぶやいたら、意外にちゃんと反応がかえってきて驚いた。
中国ツイッターでパソコンの話題をつぶやいたのは初めてだった。いつもながら速攻でかえってきたコメントは以下のとおり。
R君 「自分で付けたの?」
@R君 「そうだよ~」
P君 「何ワットの電源?」
@P君 「700W。旧電源は400W、新電源は700W。だから新電源のファンの回転数は上がらず、静かというわけ」
P君 「なるほど~ふふ~うちのパソコンはどうしよう~ホコリをとらなきゃ~ケースの中はホコリだらけで、もう花でも植えられそうだよ~汗」
G君 「gooood~~~」
C君 「僕のPCのファンは交換すればするほど、うるさくなるよ、まったく」
V君 「いいねぇ~」
S君 「君、パソコンも得意だったの!?」
R君 「ふふ、ほんと才能あるね」
L君 「700W…..君のパソコンにはいったい何が入ってるの」
これで分かるのは、中国大陸のalanファンの傾向(笑)。

しつこいようだがalanはエイベックス所属、中国四川省出身、チベット族の女性歌手。エイベックスが北京で初めて開いたオーディションで、ただ一人選ばれた、人民解放軍芸術学院出身の音楽エリートである。
ただ、性格的には、いわゆる「天然ボケ」。カタコトの日本語も可愛すぎると評判。
僕がいつも中国ツイッターや、中国2ちゃんねる(検索エンジン「百度パイドゥ」の掲示板サービス)でやりとりしているalanファンは、10代から20代の学生さんやホワイトカラーがほとんどだ。女性ファンも多い。
日本で単身がんばっている中国人のalanを応援するため、彼らの給与水準からするとかなり高価な日本版CDを買い集めるくらいだから、中国の都市部でも恵まれた生活環境にある人たちだと思う。
なかでもいちばん頻繁にやりとりするP君には、中国版「ジャスミン革命」騒動について、こことここには近づかない方がいいよと、本家ツイッターの方で注意してあげた。
ご存知のように中国大陸からでもプロキシーを使えば、本家ツイッター(Twitter)が使える。
P君からの返事は、「じゃあ騒ぎの見物(=囲観)にでも行こうかな。でもそんなの僕っぽくないから、家でじっとしてるよ」。
休日出勤も当たり前という多忙な会社員で、休日の趣味はニセモノではない、日本製の本物のガンプラづくり、中島美嘉の曲は『FIND THE WAY』なら知っている、ガンダムのエンディング曲だから、というP君にとって、中国版「ジャスミン革命」など、あまり関係ないことなのだ。