日本のGDPR十分性、欧州データ保護会議の意見を受けた欧州議会の厳しい決議

恥ずかしながら下記の方のツイートで気づいたのだが、欧州データ保護会議(EDPB)の意見に対して、2018/12/12にすでに欧州議会(European Parliament)で決議がなされていたようだ。その内容がかなり厳しかったので、確認しておく。

日本の十分性認定については、EDPBの意見書をうけて欧州議会(European Parliament)で2018/12/11に、日欧間のEPA、経済的パートナーシップ合意、戦略的パートナシップ合意の決議とともに議論された。

こちらが2018/12/11の議事

議事のうちEPAについては、こちらにあるように2018/12/12に採択されている

日本のGDPR十分性認定については、こちらの文書が採択されている

この文書の結論として、日本のデータ保護の法的枠組みが、欧州のデータ保護の法的枠組みと本質的に同等な十分な保護レベルにあることを示すために、2018/12/05に欧州データ保護会議(EDPB)が指摘した点も含めて、欧州委員会(EC)にさらなるエビデンスと説明を要求している。

要するに、日本のGDPR十分性認定の手続きは、EPAとは別のテーマとして、まだ欧州委員会、欧州議会の間でまだ続くということだ。

エビデンスと説明が不十分だと言っているだけなので、却下されることはないと思われるが、この採択文書の第24項では、こちらの「THE UNTOLD STORY OF JAPAN’S SECRET SPY AGENCY」(The Intercept 2018/05/19)という記事が触れている、NHKの報道、『日本の諜報 スクープ 最高機密ファイル』(NHKスペシャル 2018/05/19初回放送)に対する懸念が含まれていたりする。

日本のGDPR十分性認定の草案に、無差別な大規模監視のことが言及さえされておらず、この大規模監視が欧州司法裁判所の過去の判例の基準を満たさないことについて「seriously worried」非常に懸念していると書かれている。

その他、この採択文書は相当数の論点にふれており、どうやら日本の十分性認定が採択されるまでの道のりは長そうだ。