『サイバー攻撃者の「巨大ファイル」4種類、22億の漏洩データを発見』??

セキュリティ関係の調べものをしていて、偶然とある発見があった。

『検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 – 流出事故とも一致」(Security NEXT 2018/05/17)

このニュースのソースはこちら。

『サイバー攻撃者の「巨大ファイル」4種類、22億の漏洩データを発見~14億の標的パスワードファイル/7億の詐欺メール送信先ファイル/2800のハッキングサイトファイル』(ソリトンシステムズ 2018/05/08)

このニュースリリースでは「本調査において新たに4つの重要な巨大ファイル群を発見しました」とあるが、「14億クレデンシャル」はセキュリティ企業「4iQ」が2017/12/08に発見したものだ。

‘1.4 Billion Clear Text Credentials Discovered in a Single Database(14億のクリアテキストのクレデンシャルが単一のデータベースで発見)’ (4iQ 2017/12/08)
『ダークウェブに14億件の個人データ流出、有名ポルノサイトも』 (フォーブズ・ジャパン 2017/12/14)

また、「Onliner Spambot」はTroy Hunt氏が2017/08/30に個人ブログで公開している。

‘Inside the Massive 711 Million Record Onliner Spambot Dump’ (Troy Hunt 2017/08/30)
『6億件以上のメールアドレスが誰でもアクセス可能な状態のスパムボットサーバー上に置かれていた』 (GIGAZINE 2017/08/31)

どういうことなのだろうか?