東芝製SSD THNSNF128GCSSのS.M.A.R.T.値がおかしなことになっている件(4)

ひきつづき東芝製SSD THNSNF128GCSSと、SanDisk製、Crucial製のSSD、合計3台に同時にWin32_DiskDrive命令を発行し続けている。

やはり東芝製SSDの「AD 消去回数」だけが順調に減っている。

crystaldiskinfo_3ssdcomparison20160309a

東芝の2015年3月期セグメント別業績売上高構成比率を見ると、電子デバイス部門は、電力・社会インフラ部門の28%についで、24%と、大きな割合を占めている。

電子デバイス部門の研究開発費は同社全体の46%、設備投資額は同社全体の45%。

また、電子デバイス部門の売上高営業利益率は12.2%と、全セグメント中突出して好成績。

東芝社内で電子デバイスの技術開発部門の発言力がどれだけ強いか、容易に想像できる。