東芝製SSD THNSNF128GCSSのS.M.A.R.T.値がおかしなことになっている件(1)

TOSHIBA SSD THNSNF128GCSS gets worn only by calling its name!?

東芝製SSD THNSNF128GCSSを購入して、51時間使用した後、CrystalDiskInfoでS.M.A.R.T.の値を調べた図をご覧頂きたい。
Please look at CrystalDiskInfo’s S.M.A.R.T. benchmark results of Toshiba SSD THNSNF128GCSS I purchased last week and used just for 51 hours.

crystaldiskinfo_3ssdcomparison20160305b

何かがおかしいことにお気づきだろう。「AD 消去回数」の「現在値」だけが、初期値の「200」から「193」に減っている。
Maybe you found something wrong. Only the current value of ‘AD’ (wearing status count) is reduced to 193 from the default value 200.

ディスクの状態を示すほかの数値が、初期値のまま一つも変わっていないにもかかわらず「AD 消去回数」だけが減っている。

All the other S.M.A.R.T. status count remain the default value while only ‘AD’ current value is going down.

たった51時間で「7」カウント減ったということは、このまま行けば約2か月でこのSSDはディスク異常警告を出すことになる。
The value is reduced 7 count only for 51 hours. That means this SSD will issue an alert message only after two months.

ごめんなさい。タネ明かしをすると、実はこのSSDには51時間のあいだ、ずっとある処理を要求した、その結果こうなってしまったのだ。
Sorry but to tell the truth, I did “something” to this SSD for these 51 hours, issuing a certain command.

その処理とはPowerShellで書くと、たった1行になる。
The command in PowerShell is as follows. Only one line.

Get-WmiObject Win32_DiskDrive

そう、これだけである。
Yes, that’s all.

WMI(Windows Management Instrumentation)をご存じの方は、「えっ!?」と思うかもしれない。
If you know WMI, I’m sure you will be surprised.

「この処理って、単にパソコンに接続されているディスクドライブを全部教えて下さい、っていうだけだよね」
“Is this command just to ask the computer to enumerate physical disk drives?”

その通りだ。
Yes, that’s right.

「Win32_DiskDrive」という処理は、ディスクへの読み書きをおこなうものではない。単にWindowsに対して「このパソコンに接続されているディスクドライブを列挙してください」と質問しているだけの命令なのだ。
The command, or I should say API, “Win32_DiskDrive” never reads/writes any data from/into any disks, just requests Windows to enumerate all disk drives connected to this computer.

じっさいに筆者のパソコンでこの処理を実行すると、以下のような答えがWindowsから帰ってくる。
Let’s look at the full results of this command in case of my computer. I got the following results from Windows 10.

Partitions : 2
DeviceID : \\.\PHYSICALDRIVE0
Model : SanDisk SDSSDHII240G
Size : 240054796800
Caption : SanDisk SDSSDHII240G

Partitions : 1
DeviceID : \\.\PHYSICALDRIVE1
Model : Crucial_CT256MX100SSD1
Size : 256052966400
Caption : Crucial_CT256MX100SSD1

Partitions : 1
DeviceID : \\.\PHYSICALDRIVE2
Model : TOSHIBA THNSNF128GCSS
Size : 128034708480
Caption : TOSHIBA THNSNF128GCSS

筆者は51時間にこのWin32_DiskDriveを毎秒8回呼び出した。その結果が以上の状態だ。合計で約150万回の呼び出しになる。
I called Win32_DiskDrive eight times per second during these 51 hours, i.e. about 1.5 million times in total. The results are shown above.

ご覧のように、筆者のパソコンの内蔵SATAドライブはすべてSSD。
As you see, my computer’s internal SATA drives are all SSD.

上から順にSanDisk製(240GB)、Crucial製(256GB)、東芝製(128GB)の3台。これら3台すべてが毎秒8回、51時間で計約150万回のWin32_DiskDriveの呼び出しを受けたことになる。
SanDisk (240GB), Crucial (256GB) and Toshiba (128GB), these three SSDs. All these SSDs are called eight times per second, about 1.5 million times in total for 51 hours.

では他のSSDの「使用時間」と「AD」の「現在値」はどうなっているか?参考までに「総書込量」も併記してみる。
Now let’s see how about the other two SSDs ‘usage hours’ and the current value of ‘AD’? I will show you ‘total written bytes’ just for reference.

SanDisk SDSSDHII240G
使用時間: 758時間 (hours)
総書込量: 1419GB
AD 平均消去回数: 100(初期値のまま)
crystaldiskinfo_3ssdcomparison20160305c

Crucial CT256MX100SSD1
使用時間: 2633時間 (hours)
総書込量: 5982GB
AD 平均ブロック消去回数: 97(初期値100)
crystaldiskinfo_3ssdcomparison20160305d

とくにCrucial製SSDは「総書込量」が5982GBと、かなり使い込んでいる。
Especially the total written bytes of Crucial SSD is 5,982 GB, most “worn” one.

それでも2632時間でAD値は3しか減っていない。単純計算でこの数値が「0」になるまで、まだ10年弱つかえることになる。(その前にパソコンの他の駆動系部品のあるパーツが故障しそうだけれど)
However, this Crucial SSD’s value of ‘AD’ is reduced by just three counts. With a very simple calculation, this SSD can be used for ten years until this value will be zero. (Of course, other parts with physical drive mechanism like HDD will got broken first)

最初の東芝製SSDが、単純計算で余命たった2か月なのと、大きな差がある。
There is a big difference between Toshiba SSD, with a very simple calculation, having only two months life.

明らかに、この東芝製SSD型名THNSNF128GCSSに何らかの異常があると考えていいだろう。
Maybe we can consider this Toshiba SSD THNSNF128GCSS has something wrong.

もちろんS.M.A.R.T.値の「AD」は各ベンダーごとに固有の値で、SanDisk、Crucial、東芝を一律に比較することはできない。
Of course, S.M.A.R.T. value labeled ‘AD’ is vendor specific, you cannot compare between different SSD vendors.

しかし東芝製SSDを搭載した東芝製パソコンには、東芝製のディスク診断ツールがインストールされていて、S.M.A.R.T.値が一定の値以下になると警告を出す、というのは、東芝製パソコンをお使いの方ならご存じだろう。
However, if you have ever used Toshiba computer with Toshiba SSD, you might know a disk management tool created by Toshiba will display an alert dialog when S.M.A.R.T. values are below the criteria defined by Toshiba.

「このパソコンに接続されているディスクドライブを列挙してください」という命令をWindowsに出すだけで、警告につながるS.M.A.R.T.値がどんどん減ってしまうのは、困った話だ。
Only by issuing a command ‘please tell me all the disk drives of this computer’ to Windows, a S.M.A.R.T. value will continue being reduced and finally lead to an alert dialog even you can still use the SSD without any problems. This situation is a bit bothering.

とくにその責任の所在が、ユーザ側にあるのか、メーカ側にあるのか、という話になったときに、ユーザにとっては困ったことになる。
Especially, when you are asked who is responsible for your SSD worn-out, the vendor or you, you will be in trouble.

さて、この東芝製SSD型名THNSNF128GCSSをいったいどうしたものだろうか。
How should we handle this problem of Toshiba SSD THNSNF128GCSS?