Forrester Researchが企業向けモバイルデバイス管理製品2014年版評価を公開

フォレスター・リサーチが企業向けモバイルデバイス管理(Enterprise Mobility Management)製品の2014年版評価レポートを公開した。ガートナーが2014年春に公開したマジック・クアドラントとほぼ同じ結果になっている。

フォレスター・リサーチの評価結果はこちら。
ForresterWave_EMM2014

ガートナーの評価結果はこちら。
emm_magicquadrant2014

また、別の調査会社OVUMも2014/09/24に同分野の評価結果を発表している。
ovum-enterprise-mobility-141001151059_big

以上のように3社とも結果はほぼ一致している。

IBMは旧Fiberlink社のMaaS360を買収したため上位に入っている。
Citrixは旧Zenprise社のZenpriseを買収、現在はXenMobileとして販売。
SAPは旧Sybase社のAffariaを買収してSAP Affariaとして販売。
AirWatchはフォレスターの図にあるようにVMwareに買収されている。
独立系はGood Technology、MobileIronなど。

OVUMがガートナー同様、Globoを新興企業として挙げている。

日本企業は、これら以外のスマートフォン、タブレット用端末管理システムを導入するなら、その製品の将来性をよく考えたほうが良い。