iPhone 6行列騒動の責任はもちろんアップル社にあり

各国のアップルストアにiPhone 6を求める長蛇の列ができ、転売目的とおぼしき中国人のために警察も巻き込んだ騒動になったようだ。

ただ、数量限定の商品をオンラインでなく実体店舗で発売するとき、顧客に行列をさせなくてすむ方法は、身分証明書とひも付けた整理券を配布するなど実績のある方法は複数ある。

それでも混乱が防げそうにない場合は、通信予約販売やオンライン予約販売限定にすればいいだけの話だ。

アップル社がこれらの方法を知らないはずがない。

にもかかわらずアップル社が顧客に長蛇の列を強いる販売方法をやめないのは、明らかに広告宣伝費をかけずにマスコミに報道させる話題づくりのためだ。

自社のコスト低減のために、行列にならぶ顧客だけでなく、警察など地元政府にも事態収拾のコストを押し付けるのは、アップル社の独善以外の何ものでもない。

中国人が転売目的で大量のiPhone 6を買い占めようというのは、きわめて経済合理的で資本主義的な行動だ。iPhone 6の発売日に中国国内でのiPhone 6発売開始時期は不明だったため、国外で購入して国内で転売して利ざやを稼ぐのは合理的だ。(密輸は違法なので問題外として)

その結果、行列に転売目的の顧客が大量に動員されたとすれば、店頭でもオンライン販売同等の身分確認をしないアップルストアのオペレーションに問題がある。

宣伝目的でわざわざ長蛇の列ができるような販売形態をとるなら、それが悪用されないような対策を事前にとるのは小売業として当然だろう。

小売業として当然のことをやらなかったアップルストアを非難する声がほとんどなく、今回の騒動を中国人バッシングのネタにするのはどういう見識なんだろうか。