Internet Explorer 8のサポートが2016/01/12終了らしく

これもこの世界におけるより本質的な問題に比べるとどうでもいい話だが、Internet Explorer 8のセキュリティ更新プログラムの提供が2016/01/12で終了になるらしい。(組み込みWindows、POSレジ用Windows上のIE8を除く)

「Microsoft、IE 8のサポートを2016年1月12日に終了へ」 (2014/08/08 09:22 ITmedia)

Internet Explorer 8のサポート期限については、Windows 7と同じ2020年というウワサがひとり歩きしていたらしく、まだまだ余裕があるという通説になっていたのだが、日本時間2014/08/07の米マイクロソフト社の発表でいきなり4年も前倒しになってしまった。

しかもWindows 7でサポートされるInternet Explorerのバージョンは11以降。

今ごろInternet Explorer 8にしか対応しないシステムを稼働している奇特な企業は少ないと思うが、システム改修にかけられる時間は残り1年4か月しかない。設計と動作確認の期間を除くと、プログラム改修に使える時間は実質1年未満と思われる。

以上、どうでもいい話でした。