alanコンサート2014/05/24「阿蘭家族大集合」についてのごく個人的な意見

2014/05/24(土)の3年ぶりのalanコンサートを見に行ってきた。結局チケットは昼の部しか当選しなかった。

昼の部については前日になって突然、alan公式フェイスブックで若干量当日券の発売が告知されるなど、チケット販売については最後までよく分からない状態だった。

会場の東京代々木・山野ホールは大学の講堂程度の大きさで、前半分が平らなフロアにスタックチェアで数字で1列から(たぶん)19列まで、後ろ半分が傾斜つきの座席でA列から、おそらく20列くらいあったと思う。なので会場全体の収容人数は900人前後と思われる。

最終的に夜の部はもちろん昼の部も満席になったと思われ、この日1日で2,000人弱を動員したことになる。ただし昼・夜両方参加したファンの方もかなりいたらしい。

個人的にalanの歌唱力、声量や高音の伸び、チベットフェイク、音程の安定感も含めて3年前と変わりなく、時間は1時間半とやや短かったものの非常に満足のいくコンサートだった。

昼の部の1曲目は日中合作アニメ『チベット犬物語』主題歌の『ECHOES』。

前半はチベット民族衣装でバラード系の曲が続き、その後alan本人のMC。MCの中で「いちばん遠くから来た人は誰ですか」と客席に問いかけると、北海道、上海、アメリカ、イタリアなどの答え。

その後、alanの日本語を助けるということで女性司会者が登場。alanの経歴紹介はファンにとっては知っていることばかり。

そして舞台の大型スクリーンで、中国へ帰国後のalanの「活躍」を振り返るということで、その女性司会者がalanと会話して解説しつつ、北京鳥の巣スタジアムでのオペラ『アトラクション』や、中国中央電視台のプロ歌手対抗歌合戦番組『夢想星搭檔』、天津衛星テレビのやはりプロ歌手が中国の伝統的な楽曲で対抗する歌合戦番組『国色天香』の映像が放映された。

中盤はアップテンポな曲。衣装は胸元がかなり開いて、スリットも深い真紅のロングドレスで、観客全員がalanの呼びかけに応じて立ち上がり、『群青の谷』などでは会場全体がかなり盛り上がった。

後半は四川大地震チャリティーソング『幸せの鐘』などのバラード系の曲にもどり、アンコール後はコンサートグッズTシャツとデニムパンツのラフなスタイル。最後の曲は『懐かしい未来』。アンコールは1回のみ。

コンサート終了後は予定通り握手会。会場の最前列から順に右前方のドアから順番に退場しつつ、ドアを出てすぐとろこに長机を前に立っているalanと一人ずつ握手するという形式。

昼の部ではalanの向かって右側にA&Rの中山邦夫さんが立っていた。僕の直前にはMCの中で上海から来たと答えていた中国人のファンの方もいたので、alanと中国語で話していた。

AKB48用語でいう「はがし」のスタッフ、つまりあまりalanと長話しないようにファンが立ち去るよう促すスタッフの「はがし」はあまり強くなかった。

そのせいもあって、僕は前から5列目だったが、その時点ですでに握手会は20分間経っていたので、最後の観客と握手するまでalanは相当疲れたはずだ。

僕は中国語で「中国のファンのためにもコンサートを開いてあげて下さい。お願いします」と言ったが、たぶん発音が下手くそすぎて伝わらなかったと思う。

これは僕の本心だ。帰国したalanは本来、日本での活躍を中国で間接的にしか知れなかった中国のファンのためにこそ、最初にコンサートを開くべきだと思うからだ。

コンサート後、中国2ちゃんねる(百度貼吧)に夜の部の『Love Song』を盗撮した動画がアップされていて、あきらかに音が外れていた。中国のファンは日本人ファンのようにalanを甘やかなさいので、「音を外してる」という正直なコメントがいくつかついていた。

『Love Song』は最初の衣装換えの直前の曲なので、その段階ですでに感極まっていたとは考えられない。

個人的に、昼の部の握手会で相当疲れたのだろうと思ったので、alanの名誉のためにそのように書き込んでおいた。あの音の外し方はalanの実力ではないと思ったからだ。

夜の部では今年の冬にまた来日してコンサートを開くという予告があったらしい。

その知らせを聞いて日本のファンが素直に喜ぶのはいいのだが、中国大陸のalanファンは一体どう思っているだろうか。

例えばalanが北京で1,000人規模の1時間半のライブを開くことは、ライブ単体の採算だけを考えれば十分に可能だと思う。エイベックスが版権を持っていないアルバムの中国語曲だけでも1時間半くらいなら問題ないはずだ。

比較対象としてふさわしくないかもしれないが、SNH48でさえすでに数千人規模のコンサートを2回開催している。SNH48の運営会社は元モデルエージェンシーで歌手マネジメントは素人。かつ日本のAKB48運営から資金提供を受けているわけでもない。

SNH48結成直後から、スズキ自動車の中国現地法人や、上海に進出しているキタムラ機械のような日系企業スポンサーを見つけ出し、劇場公演で定期的な収益を上げる前からすでに何とか歌手らしい活動ができている。

SNH48運営会社のようないわば素人集団にさえ、CDを出す、コンサートを開くといった歌手らしい活動が何とかできているのに、楽華娯楽にできないはずがない。

日本のalanファンは、それにもかかわらず帰国後なぜalanが一度も中国でライブをしていないのか、アルバムを1枚しか出せていないのか、少しは考えてみるべきだと思う。

alan自身が本来やりたいことは純粋な歌手活動だ。アルバムを制作し、コンサートを開くことであって、オペラで水に潜ることや(『吸引』)、極寒の山の上でCM撮影をすることや(相宜本草のCM)、バラエティー番組で少数民族の美人の一人として出演すること(『天天向上』)ではない。

中国でのalanの所属事務所・楽華娯楽は今回のalanの日本ライブの成功に注目しているようだが、仮に、日本のライブの成功がなければ、中国大陸でライブの話が出てこないのだとすれば、楽華娯楽のタレントマネジメントに何か問題があると考えるのが自然だ。

もちろん僕自身、どんな問題があるのかは全く分からない。ただ、中国大陸におけるalanの今後の活躍について、全く楽観できない。