alanに対する忌憚のない意見はSNH48の応援と矛盾しない件

じゃあSNH48を応援する理由は何かと聞かれそうなので、前もって答えておく。

その理由はSNH48が中国大陸でalanの水準の知名度を獲得するのは不可能だと、最初から分かっているからだ。せいぜい中国大陸の日本のサブカルチャー愛好者の間で広範な支持を獲得する。それがSNH48の限界である。

SNH48はAKB48同様、専用劇場をもっており、定期公演を行っているので、あと数年は常連ファンがいる限り日銭を稼ぐことができる。そのためビジネスとして地元の上海で破産せずにやっていくことはできる。定期公演で日銭を稼げるという点が重要なのだ。

その代わり、上海ローカルのタレントの域を出ようとするや否や、必要になる資金のケタが違ってくる。

なので広州コンサートでは中国移動と、上海大舞台の紅白対抗歌合戦ではスズキ自動車と提携するなどしないと、数千人規模のコンサートさえ開くことができない。

また、SNH48が上海東方メディアグループのテレビ番組や音楽賞に露出できているのは、SNH48運営会社の親会社の社長が、上海東方メディアグループの社長と、上海復旦大学の同窓という人脈があるからだ。この人脈も上海ローカルというわけだ。

SNH48がAKB48の姉妹グループであるという事実は、中国大陸の一般人には説得力が全くないので、中国での活動に何のプラスにもならない。

このように、SNH48の中国大陸での活動には最初から限界が見えている。

ただし、alanと決定的に違うのは、もともとAKB48をフォーマットにしているので、日本側に数十万単位で存在するAKB48グループのファンの中で、SNH48への支持が広がる可能性があることだ。AKB48系グループのファン層という母数だけでも、alanより有利なスタートラインに立っている。

僕がSNH48の応援に見出している面白さは、中国大陸側でSNH48の知名度がどこまで上がるかという点にはない。右傾化している日本で、しかも政治的に右寄りの多いAKB48系グループのファンの中で、どれだけSNH48が受け入れられるかという点にある。

alanの日本人ファンの人数を、SNH48の日本人ファンの人数が超える日は、遠からず来るだろう。

そうなったときに、SNH48が中国大陸側でどういう扱いを受けるか。日本に媚びたグループだと叩かれてあっさり潰れるか、上海ローカルのタレントとして日銭を稼ぎながらほそぼそとやっていけるか。

そこに民間交流レベルでの日中関係の一つの「症状」が出てくるはずなので、それを目撃したいがために、SNH48の知名度を日本側で高める努力をしているところだ。

alanの場合は逆だ。

alanはまず日本でデビューして、avexという大型レーベルが膨大な資金をつぎ込んで売り出したが、映画『レッド・クリフ』とのタイアップが最大限だった。その後、中国へ帰国するまでの人気の下降は悲惨としか言いようがない。

これは決して日中の民間交流ではない。avexという大型レーベルの大失敗の物語である。

SNH48の場合は、たしかにAKB48系グループに大きな資金源はあるが、その資金はSNH48運営には流れていない。現地のSNH48運営は自前の資金繰りでSNH48を回している。現地制作スタッフのお粗末さを見ればそのことはすぐにわかる。

SNH48運営が制作する公式映像や公式写真よりも、現地ファンが音響をミックスするライブ映像や、現地ファンの撮影するライブ写真の方が出来が良いという場合さえある。

そういう日本側の資金に頼らない、また、avexのような大型レーベルの大きな資金に頼らない、手作り感あふれるSNH48が、日本のAKB48系グループのファンの中で新たなファンを獲得できれば、こちらの方こそ本物の日中の民間交流に近いと言えないだろうか。

以上のような点で、SNH48の方が断然面白いのである。