すべての日本企業に共通の、救いようのない愚かさ

特定の人物の地位やプライドを守るために、複数の人間が、まったくする必要のない余計な仕事をしなければならない。
日本の会社組織であれば、多かれ少なかれどの会社にも見られる現象だが、この非効率性は、救いようがない愚かさだ。
お互いにモチベーションを落とし合い、お互いに業務効率を下げ合って、脚の引っ張り合いで最終的には社会全体の経済的な効率を悪化させている。
日本の会社員には、自分の行動の一つひとつが、組織全体の効率性を左右しているという自覚があまりない。いわゆる部分最適と全体最適というやつ。
自分の生活を守るため、ということを言い訳にして、組織の中で部分最適に走る。
いまだに自分の父親世代の、昭和的サラリーマン社会の価値観、つまり、能力よりも人付き合い、論理性よりも声の物理的な大きさ、組織としての成果よりも個人として無難に定年まで勤め上げることを、日本の会社員はいまだに、ひたすら優先している。
そういうあまりに日本的な会社員たちの、日常の数々の愚行を身近に観察することこそ、サラリーマン生活で最もおもしろおかしいところ。
無自覚な愚か者を傍観することほど、面白い見世物はない。