「良いテレビ番組」と「悪いテレビ番組」の個人的な基準

どうでもいいことだが、最近ほんとうにテレビを見なくなった。
以前は、報道番組以外は、確信犯的にバカをやっているという理由で、お笑い番組だけを見ていた。
深夜アニメとAKB48関連番組は、日本のサブカル好きの中国の若者と、ネットで交流する必要性から見ている。
個人的に見るに耐えないのは、以下の様なフォーマットの番組。
(1)いかがわしい情報番組
医療、法律、海外情勢、政治など、本来は専門家が正しく伝える必要があるのに、テレビ局の制作者の知的水準に合わせているせいで、ほぼデタラメか、きわめて偏った情報しか伝えていない番組。
例:『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』、『行列のできる法律相談所』(もう法律相談はやめて島田紳助の「遺志」をついで偽善的な企画ばかりやっているらしいが)、『ネプ&イモトの世界番付』、『ザ!世界仰天ニュース』、『世界まる見え!テレビ特捜部』、『秘密のケンミンSHOW』、『世界一受けたい授業』、『ビートたけしのTVタックル』、『ホンマでっか!?TV』など。
(2)露悪趣味的トーク番組
芸能人や、半ば芸能人扱いの一般人が、プライバシーや自らの醜態を売り物にする露悪趣味的番組。
例:『痛快!ビッグダディ』、ニューハーフや熟女など「キワモノ」ばかりひな壇に並ぶトーク番組など。
(3)陳腐な倫理観を押しつけるテレビドラマ
テレビドラマは普遍的な倫理観を描けるという、とんでもない勘違いをしているドラマ。
例:代表例は『斎藤さん』と思われる。その他無数にありそうだが、なにしろ見たことがないので例をあげられない。『ショムニ』など民間企業や官公庁を舞台にしたドラマは、NHK制作を除いてほとんどが当てはまると想像する。
(4)自己満足的な感動の押し売りをするバラエティー番組
自分たちの番組のこれまでの紆余曲折を、さもたいへんな努力の成果であるかのように自画自賛するバラエティー番組。
例:AKB48関連のバラエティー番組ほぼ全て(誰が卒業だとか見えないところで努力しているとか知ったこっちゃない)、『お試しかっ!』、『いきなり!黄金伝説』、『めちゃイケ』、『24時間テレビ 愛は地球を救う』など。
(5)レベルが低すぎるクイズ番組
出題のレベルが低すぎて、視聴者をバカにしているのかと思わせるクイズ番組。
例:『Qさま!!』『ネプリーグ』『快脳!マジかるハテナ』『ペケポン』など。
では僕が個人的に、見ても無害だろうと思うテレビ番組が何かと言われれば、以下のとおり。
(1)自己検証をきっちりやる情報番組
過去放送分の検証をやって、内容の見直し、訂正放送まできっちりやる情報番組。民放にはほとんどなく、ほぼNHKしかやらない。
例:『ためしてガッテン』など。
(2)工場見学・職場見学系の情報番組
裏にタイアップがあると分かった上でも、一定程度は有用な情報を入手できる。ネタの重複が多い。そのうちネタ切れになるだろう。
例:『シルシルミシルさんデー』『超潜入!リアルスコープハイパー』など
(3)日本国内の街をゆるく紹介する番組
日本人が日本国内の街をゆるく紹介するだけなら、偏見が入り込みようがなく、人畜無害なため。
例:『笑ってコラえて!』の「日本全国ダーツの旅」、『出没!アド街ック天国』、『モヤモヤさまぁ~ず』、『ナニコレ珍百景』など。
以上。ただ、テレビなんてそもそも真剣に見るものではない。こうして真剣に「良い番組」「悪い番組」を仕分けすること自体が、アホらしい。
なのでここまで読んでいただいた方には、完全に時間をムダにさせてしまった。申し訳ない。