Android PoliceがNEC新機種Medias X 06Eをやや冷笑的にレビュー

Android関連の最新情報をとるなら、Android Policeという英語サイトがいちばんおすすめだ。
たまたま今日このサイトが、NECのNTTドコモ向け最新機種「Medias X 06E」を、かなり冷笑的に取り上げていたのを見つけた。世界初の水冷CPUスマホだ。
[WTF Japan] NEC Unveils A Water-Cooled Smartphone – With Jewelery – Especially For Women (2013/05/15 Android Police)
Android Policeの記事の文面は、いつも言葉の端々に皮肉が効いている。この記事をできるだけ原文どおりに試訳してみる。
「あなたが探していたのはたぶん水冷式のスマートフォンではないだろう、でも日本のスマートフォンメーカーNECは今日、Medias X 06Eと大まじめに名付けられたNTTドコモ向け端末を発表した。CPUをH2Oで冷却する世界初のスマートフォンだが、性能は決定的にふつうで、NECはHTCのRhymeと本質的に同じように、”女性の”電話としてマーケティングするつもりだ。」
「正直に言って、Medias X 06Eはちょっとひどい冗談のように聞こえる。必要以上に女性的なデザインと水冷システムというギミックは、望ましい機能より注目を集めるための叫び声のように見える。たぶん、女性のためのスーパーフォンというのはありだが、私は興味が無い。」
このAndroid Policeの記事の引用元は、『The Verge』の下記の記事だ。
NEC knows what women want: a water-cooled smartphone (2013/05/15 The Verge)
ちなみにこのThe Vergeは、NECの2画面折りたたみ式「Medias W N-05E」について、以下のように書いていた。
NEC says two phone screens are better than one with Medias W (2013/01/21 The Verge)
タイトルからして「NECはMedias Wについて電話の画面は1つより2つのほうがいいと言っている」と、人を食ったようなタイトルだ。
そして本文の冒頭。
「世界でもっとも奇妙なデザインの電話を提供することにかけては、いまや日本に頼れるだろう、しかしシャープや富士通のような会社はどこにでもあるようなストレートな平板のAndroidを生産することで落ち着いている。NECに感謝」
本文の末尾。
「これを日本以外で見ることができるだろうか?まずありそうにない。しかしNECは最初に2画面の試作品を発表したときこれを”グローバルモデル”だと確かに呼んだ――輸入業者はしっかり注目したいと思うかもしれない」
NECがグローバルモデルだと言い張るからには、本当に海外市場に輸出するのかどうか、海外の輸入業者は注目したくなるだろう、という意味だ。
さて、水冷CPUのNEC新機種の記事にもどろう。
「私たちは、日本の電子機器メーカーNECがワイルドなデザインの電話(訳注:上記の2画面スマホのこと)を嫌がらないことを既に知っている。しかし、同社は画期的なスマートフォンの機能を発表した。世界最初の水冷CPUだ。」
「では性能上の利点はあるのか?そうとは言い難い。内臓チップ(APQ8064T)は、今日発表されたいくつかのドコモ向け製品を含め、他の多くの電話と同じ1.7GHzだ。クアルコムは1.9GHzまでのクロックアップに対応しているにもかかわらずである。NECによれば、冷却に酔って過熱しがちにならないので、プロセッサがフルパワーでより長く稼働するという。しかしCPUがバッテリー寿命を最適化するために、電力消費を動的に低減しているのに、そういった特定の問題がどれくらいの頻度で起こるのか、興味深いところだ。」
平均的な性能のスマートフォンに、水冷システムを組み込んでいる点に、The Vergeの記者は明らかに懐疑的だ。
さて、日本の電気機器メーカーが、グローバルな観点からしてもおかしくない開発センスを取りもどすのは、いつの日のことだろうか。