続・「鬼束ちひろ」の過去の虚像から最も不自由なのは誰か

昨日、鬼束ちひろと彼女の過去の虚像について書いた。
ツイッターのフォロワーさんからコメントがあり、本人はそれほど深く考えていないのではないか、タトゥーもそんな意味で入れたのではないだろう、というご意見をいただいた。
もちろん、僕は大きなお世話であることを承知で書いており、鬼束ちひろ自身が何を考えているのかは本人にしかわからない。
ただ、鬼束ちひろがインタビューされるたびに同じ答えが返ってくることがらについて、本人がそれほど深く考えていないとするのは、やや不自然だと思う。
僕が書きたかったのは、単なる個人的な仮説だが、鬼束ちひろは自分にウソをついているかもしれないということだ。「意地を張っている」とでも言えばいいのか。
もしこの仮説があたっているとすれば、鬼束ちひろは、今のところ実体あるものを失わずに済んでいるが、これから失う可能性があるということだ。
大きなお世話であることを承知で説明をつづける。
彼女は今月発売の『TATTOO BURST』の松田美由紀との対談でも、過去の虚像は本当の自分ではなかったと語っている。エッセー『月の破片』にも同じことが書かれている。
そして『TATTOO BURST』の対談では、過去とイメージが変わったことで、世間にあれこれ言われることにはもう慣れた、と語っている。「初めから気にしていない」のではなく、「もう慣れた」のだ。
また鬼束ちひろは、いまの自分の音楽は聴きたい人が聴いてくれればいいと語っている。『BARFOUT!』201号のインタビューでも、ニコニコ生放送の『包丁の上でUTATANETS』でもくり返し語っている。
鬼束ちひろが、初めから自分の聴衆の人数について意識していないなら、このようなことを違う場所でくり返し語る必要はない。
過去の虚像と印象が変わったことで世間からいろいろ言われることを「もう慣れた」と言い、自分の聴衆の人数について「聴きたくなければ聴かなくていい」と言う。
あえて語る必要のないことを語ることで、鬼束ちひろはその言葉以上のことを語っている。
それは「本当は慣れるのに時間がかかった」ということであり、「本当は聴衆の人数を気にしている」ということだ。
ところで今月の『BARFOUT!』には、平野綾の新譜についてのインタビュー記事も掲載されている。
個人的に平野綾には興味が無い。ただ、彼女はこの記事で、ニューアルバムでこれまでと違うイメージの打ち出しをするにあたり、今までのファンにも違和感がないように注意した、と語っている。
平野綾が鬼束ちひろのように「聴きたくなければ聴かなくていい」と言い切れないのは、鬼束ちひろのような突出した実績も才能もないからだ。
ただ、もし鬼束ちひろが今のスタイルでデビューしていたら、今の鬼束ちひろの地位は存在しなかっただろう。才能があっても、認知されるきっかけがなければ、才能は埋もれる。広く認知されるには、虚像を作り上げ、既存の社会の価値観に媚びるしかない。
それをいちばん分かっているのは、鬼束ちひろ自身のはずだ。
鬼束ちひろは、現実に多くの聴き手を失いつつある。オリジナルアルバムの累計売上を見てみる。初動ではなく累計だ。
『LAS VEGAS』(2007/10/31発売) 46,659枚
『DOROTHY』(2009/10/28発売) 23,027枚
『剣と楓』(2011/04/20発売) 11,167枚
ちなみに、サブカル歌手・声優である平野綾の直近のオリジナルアルバムの累計売上を見てみる。
『スピード☆スター』(2009/11/18発売) 29,674枚
鬼束ちひろはこの4年間、アルバムを出すごとに聴衆が半減している。言葉どおり、いまだに虚像を追い求めている聴衆を切り捨てることに成功している。
今のところ彼女の音楽は、ほぼ日本国内にしか届いていない。日本より保守的なアジア圏の聴衆は、ほぼいなくなっただろう。(『LAS VEGAS』は正規の台湾版が発売された)
『BARFOUT!』のインタビューで彼女は、ロスやニューヨークはとても気に入っているが、英語によるコミュニケーションは不得意だと、正直に語っている。彼女の英会話力が、たとえば関根麻里のようなレベルにないことは明らかだ。
30代の彼女がこれから欧米の音楽シーンで高い知名度を獲得することはまず不可能だろう。
鬼束ちひろ(1980年生)は洋楽のフォロワーであって、ジャズ・ピアニスト上原ひろみ(1979年生)のように、欧米でも独自の個性を打ち出せるアーティストとは言いがたい。
『LAS VEGAS』で復帰した後の鬼束ちひろの状況を全体として見れば、すでに多くの聴き手を失いつつ、なおも聴き手を選別しつづける、突出した才能をもつアーティストということになる。
過去の虚像を失っても、鬼束ちひろは実体のあるものを何も失わない。しかし、過去の虚像をまるで実体があるもののように、過度に否定することで、過去の虚像を追い求めていた聴衆という、実体のあるものを鬼束ちひろは失いつつある。
これは究極的には、聴衆のいないアーティストが成立するか?ということだ。
なお、鬼束ちひろの虚像が歌ったオリジナル・アルバムの聴衆は以下のような規模だった。
『インソムニア』(2001/03/07発売) 1,344,726枚
『This Armor』(2002/03/06発売) 510,368枚
『Sugar High』(2002/12/11発売) 294,952枚
これだけ多くの聴衆という実体あるものを失うことと、作られた虚像という実体のないものを捨て去ることは、はたして釣り合うのだろうか。
僕には、実体のない虚像を捨て去る代償として彼女が失った実体のあるものが、あまりに大きすぎるように思えるのだ。もう少しうまい、現実の聴衆との折り合いのつけ方はないのだろうか。
うん。まったく大きなお世話だ。
大きなお世話だけれど、『剣と楓』のような素晴らしいアルバムが、たかが彼女のエキセントリックな外見ごときもののために、まだ鬼束ちひろを知らない新しい聴衆から見向きもされないのだとすれば、あまりに悲しいことではないか。
自分で新たな虚像を作ってでも、世間に媚びてでも、届けるべき自分の作品を新たな聴衆にも以前からの聴衆にも届けるほうが、アーティストとして賢明な選択とは言えないか。
鬼束ちひろは自分のファッションを貫くことと、自分の作品をより多くの聴衆にとどけることの両立に、いまのところ失敗している。なぜ聴衆を獲得するのに失敗する道の方をわざわざ選ぶのか、凡人の僕にはまったく理解できない。