低線量被曝の健康被害と科学の時間的限界

現時点の科学は永遠に正しいのか、というお話。
Let’s think whether the current sciences are eternally true or not.
科学哲学についての本を少しでも読んだことのある人なら、科学というのはいつの時点でも単なる仮説であって、将来反駁される可能性があるからこそ、科学なのである、という話を聞いたことがあるはずだ。
If you’ve read books about science philosophy, you must know that science is always a mere hypothesis and that science is science only when it can be falsified in the future.
近代科学がなぜ今まで日々「進歩」し続けてきたかといえば、昔の科学者が「正しい」と証明した仮説を、後の時代の科学者が別の仮説を「正しい」と証明することによって反駁する、そして、そのまた後の時代の科学者が、別の仮説を「正しい」と証明することでさらに反駁する。こうやって近代科学は日々「進歩」し続けてきた。
Why can modern science keep progress until now? That’s because it has continued falsifying previous hypotheses.
もし近代科学が、2012年現在の今の仮説は永遠に正しく、将来にわたって反駁される可能性はないと断言してしまうと、人間の近代科学という営みの「進歩」は2012年でストップすることになり、これ以上、科学の研究を続ける意味はなくなる。(以下「近代科学」を「科学」と省略)
If modern science declares that the hypotheses as of 2012 are eternally true and will not be able to be falsified in the future, then our modern science will stops its progress in 2012 and there will be no need to continue scientific research.
現時点の科学はすでに将来にわたって反駁されない真理をつかんだ!と主張するやいなや、それはもはや「科学」ではなく「宗教」になってしまう。
If the current science declares that we have already siezed the eternal truth, then it will not be a science any more and turn into a kind of religion.
こういうことを今日に限って考え始めたのは、低線量被曝の健康被害のことがいまだに引っかかっているからだ。
Why did I begin thinking about such a thing today? Maybe because the health hazard of low radiation still bothers me.
2012年時点の最新の疫学や原子物理学の成果によれば、福島第一原発事故後の2012年時点の日本のほとんどの地域で、喫煙や飲酒などの生活習慣などによる健康被害に比べれば、低線量被曝による健康被害は無視できるレベルだ、というのは理解できる。「無視できる」というのが言い過ぎなら、「より軽微である」でもいい。
On the basis of current epidemiology and nuclear physics in 2012, I can understand that in most part of Japan even after Fukushima nuclear accident, the health hazard of low radiation is negligible compared to that of smoking or drinking too much. If the word ‘negligible’ is too strong, I can say ‘minor’.
しかし、「まともな」科学者であれば、2012年時点の疫学や原子物理学がすでに永遠の真理をつかんでいると主張することはできない。宗教家じみた狂信的な科学者なら、永遠に正しいと主張するかもしれないが。
However, decent scientists can’t insist that current epidemiology and nuclear physics in 2012 have already siezed an eternal truth, except that they turn out to be fanatic.
であれば、現代の疫学や原子物理学の成果にもとづいて、低線量被曝による健康被害は他の要因よりも軽微であるという意見は、単に、将来の世代よりも今の世代の健康のほうが重要だ、という選択をしているだけになる。
This means that those who think the health hazard of low radiation is insignificant compared to other factors based upon current epidemiology and nuclear physics, simply make a choice that the health of current generation is more important than that of future generations.
その理由を説明する。
Why?
例えば、200年後の疫学や原子物理学は、2012年現在の首都圏の放射線レベルの健康被害について、いま以上に「健康に問題ない」ことを証明しているかもしれないし、逆に「実は健康に無視できない影響がある」ことを証明しているかもしれない。
For example, epidemiology and nuclear physics in 200 years could prove that the current radiation level in Tokyo metropolitan area is more negligible concerning the health hazard or conversely that it turns out to be not negligilbe.
別の例で言えば、200年後の原子物理学は、いまよりもはるかに安全で、200年後のあらゆる科学にもとづいて考えても、人間の健康に被害を与えない原子炉を設計できるようになっているかもしれない。
Let’s take another example. Nuclear physics in 200 years could find the way to design a much safer reactor which never affects human health even based upon any science in 200 years.
2012年時点の僕らには、残念ながら200年後にどちらになっているかを100%確実に予言することはできない。
We, living in 2012, don’t have 100% certainty of which case will happen in 200 years.
いま「100%」と書いたが、2012年時点の最新の確率論でさえ科学の一種、つまり人間の合理的思考の一種であり、200年後には反駁されているかもしれない。
I’ve just written “100%” and the probability theory as of 2012, which is also one of the results of human rational thinking, could be falsified in 200 years.
なので、2012年時点で計算した「任意のN年後に現時点の科学の仮説が妥当である確率」が、200年後に計算した「任意のN年後に現時点の科学の仮説が妥当である確率」によって反駁される可能性さえある。
This means that the calculation of “the probability about that current science hypothesis is tru in given N years” could be falsified by the calculation of probability theory in 200 years.
そこで思うのは、2012年の時点で「これこれのレベルの放射線量は他の要因と比較して健康への被害は無視できる」と主張している人たちは、その主張が、例えば200年後に反駁されている可能性を意識しつつ主張していのだろうか、ということだ。
By the way, are those who insist that the health hazard of a certain radiation dose is negligilbe compared to other factors, aware that their insistence can be falsified in 200 years?
当然、良識のある人であれば意識していると僕は信じている。
Naturally, I believe that people with common sense are aware that their insistence can be falsified in 200 years.
つまり彼らは、200年後に自分たちの主張が誤っているかもしれない可能性を認めつつ、それでもいま目の前で苦しんでいる人たちを助けるために、現時点の最新の科学で証明できる限りの知見を活かそうと努力しているのだと。
Therefore, they have made a choice of making efforts to save the people currently suffering from earthquake aftermath with the maximum use of current science, although they are aware that their scientific basis can be falsified in 200 years.
間違ってはいけないのは、このような判断は科学的な判断ではなく、倫理的な判断である、ということだ。
We’d like to confirm here that such a choice is not a scientific choice itself but a moral choice.
つまり、より「身近な」今の世代の人間の健康を、今の科学の有限な成果にもとづいて、将来の世代の健康よりも重視するという、それ自体、科学的に根拠づけることが不可能な、いわば「倫理的」とでも呼ぶべき選択をしている、ということだ。
When you decide that, based upon the finite results of current sciences, the health of current generation which is closer to us is more important than that of future generations, it means that you have made a “moral” choice which can’t be scientifically rationalized itself.
もちろんその逆、将来の世代の健康を、今の科学の有限な成果にもとづいて、今の世代の健康より重視するのも、科学的に根拠づけられない倫理的な選択である。
Of course, when you decide conversely that, based upon the finite results of current sciences, the health of future generations is more important than that of the current generation, your choice is a moral one which can’t be scientifically rationalized.
今の世代の健康と将来の世代の健康のどちらを重視するか、ということが問題になるのは、第一に、くり返しになるが、科学はいつの時点でも常に反駁される可能性を認めて初めて「進歩」するものであるからだ。
The choice of which is more important, the health of current generation or that of future generations should be questioned because, firstly, the science can progress only when it can be always falsified.
第二に、今の世代の健康と将来の世代の健康のどちらが重要かを問題にする人々は、できるだけ人類が長い世代にわたって存続してほしいと願っているからだ。
Secondly, that’s because those who question which is more important, the health of current generation or that of future generations, wish human being may survive for as many generations as possible.
ところで、地球温暖化問題にしてもそうだが、なぜ現時点に生きている人々が、将来にわたって人類ができるだけ長い世代を生き続けてほしいと願うのだろうか。
By the way, also concerning global warming, why do the people living in the current generation wish human being may survive for as many generations as possible?
そんな願いなど捨ててしまえば、はじめから「低線量被曝の健康被害」などという問題について、「被害はある」派と「被害はない」派にわかれて鋭く対立することもない。
If we give up such a wish, we don’t need to have conflict opinions, such as “There is no health hazard” and “There exists health hazard” concerning such a problem as “health hazard of low radiation”.
そんなふうに2012年の時点でいがみ合うよりも、いま生きている自分たちが、大きな健康被害をうけることなく寿命をまっとうできればそれでいいと、将来世代のことを考えるのをやめてしまうのも、一つの選択肢ではないだろうか。
If we decide to stop thinking about future generations and get satisfied with our own longevity as far as there is no severe health hazard in order to avoid such a conflict, can it be another good choice?
むしろ、現時点を生きている人間が、将来の世代に関することを正しく判断できると考えるのは、現時点の世代の単なる思い上がりではないのか。
Or can we say that, if we think the current generation can make an adequate decision about the future generations, it should be rather a kind of arrogance of the current generation?
低線量被曝の健康被害について「被害はある派」と「被害はない派」のどちらの立場につくとしても、そもそも現時点を生きている僕らが、将来の世代についてあれこれ議論すること自体が、将来の世代から振り返ったとき、かえって状況を悪化させ、余計なおせっかいになるかもしれない。
Regarding the health hazard of low radiation, whether you take a position of “hazardous” or “harmless”, the fact that the current generation think over future generations can worsen the situation of future generations when future generations look back the discussion of current generation.
余計なおせっかいになるとも、余計なおせっかいにならないとも、現時点の誰にも断言できないはずだ。
Nobody of the current generation can asset whether our consideration about future generations is simply meddlesome or not.
いや、たとえ余計なおせっかいになるとしても、今の世代は、今の科学の成果を最大限に活かして、将来の世代について考えるべきである、という考え方もあるだろう。
Somebody might think that, even if our consideration about future generations turn out to be simply meddlesome, we the current generation should think over future generations with the maximum use of fruits of current sciences.
低線量被曝の問題について対立している人たちは、こういう考え方を持っている点では共通の土台に立っている。つまり「いま何もしないのはダメだ」、「不作為は悪だ」という点は共有している。
Anyway those who discuss the problem of low radiation from opposite sides are sharing the common basis, i.e. “Doing nothing isn’t acceptable” or “Omission is bad”.
そして、「何もしないのは悪だ」というのも、永遠の真理ではなく、単なる一つの選択にすぎない。
Again, the way of thinking such as “doing nothing isn’t acceptable” isn’t an eternal truth but a mere choice among many other choices.
くり返しになるが、人類の歴史のいかなる時点の科学も、その時点で「永遠の真理をつかんだ!」と主張する権利はない。つまり、いかなる時点の科学の成果にも、その妥当性には時間的な限界がある。
I’d like to repeat that the sciences on any moment of human history have no rights to insist that they have seized an eternal truth. Any results of the sciences on any moment of human history has the temporal limit concerning its adequacy.
それは、本質的には一人ひとりの人間そのものが時間的な限界がある有限な生命だからだ。そもそも100年弱しか活動できない人間が、たまたま自分が生まれ落ちた時代に産み出した成果を、「永遠に正しい!」などと主張する権利はない。
That’s essentially because every human being is a limited being. Any human beings with short longevity of about 100 years have no rights to insist that the results, which they happen to produce in the era when they happen to be born, will be eternally true.
しかし、合理性や客観性を主張する人たちは、自分たちの主張が時間的な限界を持っていることを、しばしば忘れているように見える。あたかも自分たちの主張が、将来にわたって永遠に正しいかのように主張しているように見えるときがある。
However, those who insist that their way of thinking is rational and objective somtimes seem to forget their own temporal limit. They sometimes seem to insist as if their opinion were eternally true.
それは一体なぜなんだろうか。僕自身にもよくわからないので、今日はここまで。
Why do such people insist such a stupid thing? To tell the truth, I don’t know why. Period.