ツイッターの終わりの始まり

ツイッターがなんと、国別に別々の基準でつぶやきの検閲ができる機能を実装したことが話題になっている。というか、大ブーイングをくらっている。
きっかけはツイッターの公式ブログの記事「Tweets still must flow」(2012/01/26 twitter blog)
以下、試訳してみた。1年前の記事に書かれていたツイッター社のビジョンに比べると、明らかに個人の言論の自由の尊重という面で後退している。
ツイッターが国別のコンテンツ規制に踏み切ったことで、一つ言えるのは、YouTubeに対するDaily Motionのように、よりリバタリアニズム的な同種のサイトが成長する絶好の機会になるだろうということだ。
始まりはお気楽なリバタリアニズム的(=なんでもあり的)発想だったものが、企業として成長すると、事業の継続が最優先事項になり、とつぜん国家権力にひれ伏してしまう。お決まりのパターンだと言えばそうなのだが、まことに残念きわまりない話ではある。

1年前、『つぶやきは流れなければならない』という記事で次のように書いた。
「オープンな情報の交換は世界にプラスの影響をあたえることができる…世界のほとんど全ての国が表現の自由を人権と認めているが、多くの国は表現の自由には責任がともない、制限もあると認めている」
私たちは世界各国で成長しており、表現の自由の範囲にさまざまな考えを持つ国と出会うだろう。中にはあまりに私たちと考えが違いすぎて、とどまることができなかった国もある。私たちと考えが似ているけれども、フランスやドイツのように、ナチス擁護のコンテンツを禁止しているなど、歴史的、文化的な理由で、ある種のコンテンツを制限していることもある。
今までのところ、こうした国の制限を考慮するには、コンテンツをすべて削除するしか方法がなかったが、本日から、特定の国の利用者に対してのみ、要望に応じてコンテンツを制限する機能を作った。他の国の利用者からは、それらのコンテンツは閲覧できる。また、利用者に対してそのコンテンツがいつ、なぜ制限されるのかを、透明性をもって伝える方法も確立した。
私たちはまだこの機能を使っていないが、特定の国で、あるつぶやきを制限するように求められれば、利用者に知らせる努力をした上で、いつからそのコンテンツが制限されるかを明示するつもりだ。この透明性確保の一部として、「チリング・エフェクト」サイトと提携し、次のページ http://chillingeffects.org/twitterを公開している。このページはツイッターについての周知事項を見つけやすくするためのものだ。
ヘルプの中にある、ポリシーについてと、アカウント設定についてのページに、より詳細な情報がある。
企業としての私たちの核となる価値は、利用者どうしの声を守り、尊重することだ。私たちはいつでもどこでも、できる限りコンテンツを守ろうと思っている。そしてそれができない場合は、利用者に対する透明性を確保するつもりだ。つぶやきは流れつづけなければならないから。