客観性を標榜する池田信夫は責任論に口を挟むな

福島第一原発事故による被ばく量を、喫煙や生活習慣病などの他のガンの原因と比べるのは、「客観的な科学者」の常套句だ。
でも疫学的な確率論を持ち出すのは、「どうせガンで死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」と言っているのと同じ。
日本では、福島第一原発事故による被ばくより、自殺で死ぬ確率のほうが高いので、「どうせ自殺するんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」と言っても、同じことになる。
以下、同じ例はいくらでもあげられる。
「どうせ交通事故で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ通り魔事件で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ正月に餅を喉につまらせて死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ熱射病で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ雪下ろし中の事故で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ新歓コンパの急性アルコール中毒で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ某宗教団体の某化学物質大量散布事件で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ医療ミスで死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
死因に確率論を適用するのは科学的には正しい。しかし、実際に人が死んだ場合、一貫して確率論で死因を語ることによって、科学者は個別の死についての責任を負わずに済む。
例えば、一貫して確率論を持ち出す科学者は、100万分の1の確率とされる事象にたまたま当たって死んでしまった人について、科学的には「運が悪かっただけ」と論じる。これは科学的には完全に正しい。
確率論は、個々の事象の発生について、あらゆる恣意性を排除しなければ成立しない。例えば「神様のせい」など、そういった恣意的な説明づけを一切排除したところに初めて成立する。
つまり、確率論は個々の事象についての「社会的責任」の議論をあえて排除しなければ、客観的な化学として成り立たない。本質的にそういうものなのだ。
なので、客観性を標榜する科学者が、福島事故の被ばくについて客観的かつ科学的な議論をするのは全く問題ないのだが、だからと言って、個々の事象が起こった時に誰が責任をとるかの「社会的責任」の議論が免除されるわけではない。
もっと言えば、客観性を標榜する科学者たちは、原理的に「社会的責任」の議論に参加する権利はない。なぜなら、科学の客観性とは、個別の事象を特定の原因に帰属する恣意性を排除して初めて成り立つからだ。
しかし「社会的責任」を論じるときに、具体的な事象がまだ起こっておらず、起こるかもしれない、というケースがある。福島第一原発による健康被害はこのケースにあたる。
現実の社会は、まだ具体的な事象が起こっていないからといって、その事象が万が一起こった場合の責任者を明確にしておかないと、残念ながら回らない仕組みになっている。
まだ起こっていない事故についても、もし起こったら誰が責任をとるかを明確にしておかないと、現実の社会は回らないのだ。
しかし、純粋に客観的な科学は、まだ起こっていない事象について、誰が原因を作ったかを客観的・科学的に議論することはできない。なので責任の帰属についての議論では、科学者は完全に無力である。
したがって、客観的な科学者は、任意の福島県民が将来ガンにかかった場合、「その原因が福島原発事故である可能性は低い」と言うことはできるが、まず科学の水準で「その原因は福島原発事故ではない」と断言することはできない。
さらに、科学の水準をはみ出して「東京電力に責任はない」とか、「無駄な避難をさせた政府に責任がある」とか、責任の帰属について論じることは、原理的に不可能だ。
客観的な科学を標榜する池田信夫のような人たちが言うことが出来るのは、せいぜい次のようなことだけだ。
「無駄な避難をさせた政府に責任がある可能性が高い」
「原発を運営している東京電力には責任がない可能性が高い」
「大規模な除染事業をした政府に責任がある可能性が高い」
客観性を標榜する科学者たちは、とにかく「誰が責任をとるべきか」という議論に口をはさまないで頂きたい。
彼らは確率論的な客観性しか議論できないので、何一つ断言できないし、断言できないということは自分たちで責任をとるつもりも毛頭ないし、他人に対しても責任を取れという論理的な権利がそもそもない。