サンケイビズ、再生可能エネルギーに対するトンデモ反論記事

産経って本当に読者をバカにしたような記事を書く新聞だ。
『原発の発電コスト、政府試算で最低8.9円』(2011/12/14 05:00 サンケイビズ)
このサンケイビズの記事、例によって後半は産経グループの原発推進の立場から、再生可能エネルギーの欠点をあげつらっている。しかし論点がまったく見当違いで、笑える。
例をあげてみよう。

「(再生可能エネルギーを)原発に代わる安定電源と位置づけるには、立地場所の確保など課題が多い」

いやいや、立地場所の課題が多いのは、誰がどう考えても原発の核廃棄物の最終処分場の方だろう。また原発は、すでに立地している自治体から、新型炉への改造工事の合意を取りつけるのも難しいはずだ。

「ただ、風の強い風力発電の適地は、日本では北海道や東北地方などに多く、立地地域は限られる」

だから、立地地域が限られるのは原発も同じだ。
地盤が強固で自身の影響が少なく、炉心冷却のための大量の海水を採取できる海辺で、かつ、大きな津波があっても電源が喪失の事態にならず、立地自治体の合意が得られるような地域。
ところが地盤と津波については、福島第一原発事故の後、専門家たちがあっさり過去の予測の甘さを認めている。今回の津波の規模は「想定外」だったとか、実は活断層が近くにあった等々。
しかも、これまで原発を建設できたのは、立地地域の自治体を補助金という「麻薬」づけにして、経済発展の幻影を見させるという、かなり姑息な方法を使ったからではなかったのか。

「(再生可能エネルギーの)試算には発電量が天候に大きく左右される再生エネに不可欠な系統安定化費用も盛り込まれておらず、コストはなお膨らむ可能性が高い」

それを言うなら、今回の原発の試算には、福島第一原発事故でまだ顕在化していない補償費用や、復興費用が盛り込まれていない。だからこそ最低8.9円で、コストは事実上「青天井」であることが報告書でうたわれたのだ。
再生可能エネルギーのコストが多少ふくらんだところで、コストがどれだけふくらむか予測もできない原発に比べれば、まだ再生可能エネルギーは「計算可能」である。

「期待の洋上風力も漁獲高への影響が懸念され」

福島第一原発事故が東北の太平洋沿岸の漁業に、何の影響も与えなかったとでも言いたいのだろうか。いったん放射能漏れが起これば、上述のような理由でいずれも海岸線に立地している原発の方が、地元の漁獲高に与える影響が大きいことは言うまでもない。
しかも、事故なく運転したとしても、大量の冷却水を海に戻すことによって、原発付近の海水温は上がり、すでに海洋生態系への影響は出ているのではないのか。
今までは僕自身も含め、原発に大きな疑問を持たない国民がほとんどだったので、そういった調査が本格的に行われていないだけの話だ。

「(再生可能エネルギーの)導入拡大には関係者の理解が不可欠で、将来の見通しはなお不透明だ」

記事の最後のこの一文は、そのまま今後の原発にあてはまる。
この記事全体が再生可能エネルギーに対する反論として、これっぽっちの説得力もない。こんな記事を平然と載せられる産経系のメディアは、やはりどうかしている。