NHK『クローズアップ現代』の「現代型うつ」報告の根本的誤り

昨日、2011/11/23のNHK『クローズアップ現代』で現代型うつを取り上げていたが、大いに疑問が残った。
現代型うつが、従来のうつ病と違って「他罰的」であるというのはいい。
しかし、番組後半に登場した病院で、現代型うつの患者どうしが自分の病歴を話し合うことで、それぞれの他罰的な傾向に気づき、その気づきから社会復帰のきっかけをつかむ、という部分。
この流れはどう考えてもおかしい。
他罰的という言葉の意味は、他人の責任にするという意味だ。
従来型のうつ病患者は一般的に、「すべて自分が悪い」と自分を責める「自罰型」で、自分自身に対して攻撃的になり、自分の身体を傷つける自傷行為に走ったり、私生活でも部屋に閉じこもるなど、活動レベルが下がると言われている。
それに対して現代型うつは、「すべて周囲が悪い」と他人のせいにして、私生活では自分の趣味にかえって活動的になるなど、単なるサボりと誤解されることが多いとされる。
しかし、他罰的か自罰的かというのは、単なるうつ病の症状のパターンにすぎない。
たとえば、昨日の『クローズアップ現代』の後半で紹介されていた、現代型うつ患者の中年男性。
今まですべてを周囲のせいにしていた考え方を改め、自分自身の責任も認識できるようになったということと、彼がこれから社会復帰できるかどうかは、まったく別問題だ。
というのは、読者のなかで会社勤めをしている皆さんも、自分の職場を思い出してみればすぐ分かる。職場で何か問題があっても、まったく自分の責任を感じる様子のない人というのは、どの会社にもいる。
しかしそういう人たちが全員、他罰的だからといって、それが「原因」で現代型うつ病になって休職したり、退職したりするわけではない。
その人の精神的な傾向が、他罰的であれ、自罰的であれ、それがつねに休職や、社会からのドロップアウトにつながるわけではないのだ。
つまり、他罰性や自罰性は、その人が休職するなど、社会生活に適応できなくなった「結果」、たまたま目立って見えてくる特徴に過ぎないのであって、他罰性や自罰性が「原因」で、うつ病になるのではない。
こんなことは、少し考えればわかるだろう。
したがって、昨日の『クローズアップ現代』の後半にあったように、あたかも自分の他罰的傾向に気づくことが、社会復帰への鍵であるかのような伝え方は、完全に間違っている。
むしろ、同じように他罰的だったり自罰的だったりする人たちのなかで、なぜ一部の人たちだけが、仕事を続けられなくなるほど体調を崩してしまうのか?ということの方が、本質的な問題だ。
もっと言えば、現代型うつであれ、従来型うつであれ、その真の原因は、一方的に個人の側にあるのではない。
個人の期待や考え方と、周囲の環境との食い違いが生じたとき、それを個人の側、環境の側の両方から歩み寄って解決しようという社会的なしくみが不足していること。この点こそが本質的な問題だろう。
うつ病の人間などいらない、という組織であれば、環境の側からの歩み寄りを、わざと止めればいい。そうすれば、適応できない人間は「勝手に」うつ病になり、最終的には退職してくれるだろう。
そうしてドロップアウトした人間は、国が失業保険や生活保護の形で面倒を見るしかない。個々の組織がコストを負担してまで面倒を見るのがイヤなので、わずらわしい人間は国に押しつけ、税金で面倒を見てもらおうという考え方だ。
そういう個々の組織の「部分最適」な考え方は、最終的には毎年の自殺者が3万人台だったり、失業した結果、経済力のない若者が子供を持たなくなるなど、日本社会の構造的問題に帰結する。
そして、日本経済の内需を衰退させ、市場の縮小や、社会保険料の企業負担分の増額など、回りまわって個々の組織そのものの首を締めることになる。
これは典型的な合成の誤謬、「部分最適」な考え方が社会「全体」の効率を悪化させる例だ。
要はどんな組織であれ、国のセーフティーネット(失業保険や生活保護)にタダ乗りすれば、最終的には自分自身がツケを払わされるというだけのことだ。
残念なことに、今の営利企業のほとんどは、基本的にこういう「タダ乗り」式の考え方で運営されており、その考え方は職場の「空気」に反映される。
その結果、独力で環境との食い違いを解決できない人間は、診断名は従来型うつ、現代型うつ、適応障害でも何でもいいが、とにかく組織からはじき出されることになる。
ではなぜ最近になって、「独力で」環境と自分自身の期待や考え方の食い違いを解決できない人が増えてきたのか?
それは、今までは職場から見ると「独力で」解決していたかのように見えていたが、実際には個々の社員の背後にある家族や友人や恋人が、会社組織の代わりに解決してくれていただけのことである。
つまり、今までの職場が、社会問題になるほどうつ病患者を出さずにやって来られたのは、単に営利企業という組織が、個々人を支える社会的な資源(家族や友人や恋人など)にタダ乗りしていただけのことなのだ。
ではなぜ最近の会社員には、そうした社会的な資源を利用できる人間が減ってしまったのか。ここまでさかのぼって初めて、本質的な問題を議論することができる。
本質的な問題から生じた結果の、そのまた結果でしかない「他罰性」を、表面的、一時的に本人に納得させたところで、現代型うつが解決するわけでは決してない。ましてそうした現代型うつ病の社員に、「メンタル社員」というレッテル貼りをするような組織に、本質的な問題解決の能力があるはずがない。
以上のような理由で、昨夜のNHK『クローズアップ現代』の「現代型うつ」のとり上げ方は、ほぼ完全に間違っていた。というより、まさに社会への適応に障害をもつ人たちを生み出す側の、企業の論理で語られていた、と言える。

NHK『クローズアップ現代』の「現代型うつ」報告の根本的誤り」への1件のフィードバック

  1. 日本ハクビシン連合会

    クローズアップ現代 広がる“現代型うつ”心が弱い若者たち

    というNHKの番組を見た。 番組の中で登場する「信興テクノミスト」というIT企業は例として適当だとは

コメントは停止中です。