alan中国帰国後初のシングル『我回来了(ただいま)』(新浪娯楽ニュースより)

alanが中国に帰国して最初のシングルを発売するようなので、中国大陸の情報サイト「新浪娯楽」の記事を日本語に試訳しておく。

(試訳ここから)
阿兰归国首发心声《我回来了》开启崭新之路(『alan帰国後初の心の声「ただいま」が新たな道を切り開く』2011/11/18 11:02 新浪娯楽)
契約帰属問題のために関心を集めていた歌手alanが、ついにニューシングル『ただいま』で帰ってきた。同時に、11月22日に中国大陸の新鋭レコード会社楽華娯楽との契約発表会を盛大に開催し、正式に新たな音楽の旅程を歩み始める。
短い4年間で、alanは数枚の中国語、日本語アルバムおよび十数曲のシングルを発表し、アジアのさまざまな大賞に挑戦した。これまで中国国内での活躍は比較的少なかったが、映画『レッド・クリフ』の主題歌を歌ったことで、中国国内の観衆にも愛されるようになった。11月22日の契約前に、楽華娯楽はalanとともにニューシングル『ただいま』を発売し、alanがいまいちばん伝えたい心の声を表現した。袁惟仁が自らプロデュースし、林俊杰が作曲したこの曲『ただいま』は、一貫して”alan式”のおおらかなメロディーとなっている。また彼女の心境にぴったりの歌詞は、alanの高く澄みきった声で歌われることで、特別に心にしみ入り、リアルに聞こえる。
(試訳ここまで)

Alan_xinlang20111118a
Alan_xinlang20111118b
Alan_xinlang20111118c
Alan_xinlang20111118d