岡村靖幸、覚せい剤所持3回逮捕でも復帰できる理不尽

AKB48、NMB48について『AKB、NMBから謹慎続出 人数多すぎて管理不能状態』(2011/09/06 J-CASTニュース)といった報道があるようだ。

「過去のブログでは、未成年なのに飲酒を匂わせる内容が記載されていた」などが、「謹慎」というより実質的には事務所サイドによる処分の原因らしい。
そういえば、2006年には、元モーニング娘。の加護亜依が未成年なのに喫煙していたことから、やはり謹慎になっていた。(ウィキペディア参照)
後藤真希の弟の後藤祐樹は、2002年、未成年でキャバクラに滞在しているところを写真週刊誌に撮影され、芸能界から追放された。(ウィキペディア参照)
元ドリカムの西川隆宏が、2002年に暴行事件を起こし、そのとき拘留中に尿検査で覚せい剤反応が出たことから再逮捕され、やはり芸能界から追放された。(ウィキペディア参照)
なぜこんな下らない事件簿を列挙しているかというと、岡村靖幸が3回も覚せい剤所持で逮捕され、最終的には実刑判決まで受けているのに、なぜそのたびに何の問題もなく芸能界に戻ってくることができているのか、ということだ。
芸能界が、常識的な社会人の感覚が通じる世界ではないことはわかるが、そういう世界ならそういう世界なりに、一貫性のある組織の「論理」みたいなものはないのだろうか。
アイドルが明らかに一段下の扱いを受けているのなら、ドリカムの西川隆宏氏のその後の日陰の人生と、残った2人のメンバーで存続しているドリカムの華々しい活躍の対比を見れば、岡村靖幸がふつうに考えて、異常な優遇をうけていることは誰にも否定できないだろう。

例えば、「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?」といった標語は、岡村靖幸の3度の復帰という現実の前にすると、若者たちに対して説得力もクソもあったものではない。
岡村靖幸の関係者は、才能が豊かなだけに彼が社会に与える影響の大きさと、彼の社会的責任について、まともに考える能力を持っているとは思えない。
個人的には、岡村靖幸のバックに、誰も逆らえない特定の組織が存在すると疑わざるをえない。
それに比べると、「たかが」未成年の喫煙や飲酒で芸能界を追われた若いタレントたちが、哀れでしかたないのだ。