鬼束ちひろは発達障害?自伝『月の破片』を読む(2)

引き続き鬼束ちひろの自伝エッセイ『月の破片』の記述の中から、彼女が発達障害ではないかを検証してみる。

ちなみに「発達障害」という語感から、知能の遅れと誤解する方もいるかもしれないが、発達障害の中には知能の遅れがないものもある。鬼束ちひろは英語の成績が良かったことや、英語で作詞をすることからも、知能に全く問題がないことは言うまでもない。
さて、彼女が小さいころから機械モノが苦手だったという部分(p.020)。
発達障害の解説書によれば、発達障害の子供は協調性が求められる団体スポーツだけでなく、道具をつかうスポーツ、球技やなわ跳びも不得意で、一人きりでする運動ならできることが多いとされている。『月の破片』には、ズバリの記述がある。
「そういえば、走るのは速かったけれども、球技は全然ダメだった」(p.020)
「ストイックなこの競技(注:中学時代の陸上部でやっていた短距離走)は、性に合っていた。何よりも個人競技っていうところが、ぴったりだ」(p.034)
この点も、彼女の発達障害を疑わせる根拠になるだろう。
また、対人関係における協調性のなさ、つまり日本的な学校生活に適応できなかったことについては、彼女のデビュー曲『シャイン』の歌詞にも書かれているが、『月の破片』ではp.032からの「学校」という章で細かく書かれている。その他にも多くの場所でふれられているので、ぜひ原文をお読みいただきたい。
彼女自身は、小学五年生のとき、突然いじめられるようになった原因を、成績が良く、短距離走も速かったことへの嫉妬だとしている。
しかし、僕は個人的に、彼女があまり空気を読まずに、同級生の子たちを見下すような発言をしていたためではないかと、勝手に想像する。もちろん悪意からではなく、発達障害特有の、相手の言外の感情を読みとるのが苦手という特徴のためだ。
p.064から始まる大ヒット曲「月光」についての章では、この曲のヒットで多忙になるにつれて、鬼束ちひろの対人スキルの問題が顕在化し、同時に、当時のマネージャーが彼女の社会適応性のなさを叱責しつづけたことで、二次障害が悪化していく様子がうかがえる。
鬼束ちひろにとって救いなのは、とにかく母親が彼女の状態の変化を、故郷の宮崎県に離れて生活しながらもよく観察していて、無意識のうちに、二次障害が重くならないように彼女をサポートしつづけたことだろう。
そうした母娘の愛情あふれる関係、やや母子癒着的な面もあるが、そうした関係は本書『月の破片』の各所に現れている。鬼束ちひろは本当に母親を愛しているということが、痛いほど分かるのだ。
p.071からは、ついにパニック障害と不眠症の発症の話になる。
パニック障害については、「パニック障害という病気をそのとき初めて知ったけれども、不可解な症状にきちんとした病名のあることが判明して、ほっとした部分もあった」(p.075)と書いている。
ただ、彼女がステージ上で襲われたのが、広場恐怖かどうかは、やや疑わしい。というのは、「私の場合は、過呼吸やめまいといった症状は特になく、お客さんが悪魔に見えるという一点に集中していた」(p.074)とあるからだ。
パニック障害が認知の問題を引き起こすということがあるのだろうか。個人的には、一般的なパニック障害という診断は不適切だったのではないかと思う。
p.078からは活動休止期間中について書かれている。やはりこの期間も陰性症状は出ておらず、陽性症状が目立つ。
「休業中にやっていたことは、主に買い物。洋服だけでなく、いろんなものを買い漁った。音楽活動休止という周りに心配されてもおかしくない状況と、実際の私の心情はかなりかけ離れていた。そう、私はいたって元気いっぱいだった」(p.079)
これはうつ病ではない。いろんなものを買い漁ったくだりについては、衝動性と、買い物という行為自体への依存が疑われる。
彼女はこの自伝『月の破片』で明記しているように、お酒がまったく飲めない。その代わりにコカ・コーラ依存であるのは有名な話だ。
活動休止中は、特に彼女が唯一社会的に評価をうけていた音楽活動から離れたことによる不安を、買い物依存で埋め合わせていたと考えられないだろうか。
この休止期間中に、娘を心配して上京した家族に「暴れん坊」的な八つ当たりばかりしていたことも、正直に書かれている。
「どうにもならない自分にやきもきして、東京にわざわざ出てきて私の世話をしてくれている母親に八つ当たりばかりした。私も泣いていたし、母もよく泣いた」(p.081)
「面倒を見るために上京してくれていた母に対する八つ当たりも、エスカレートする一方。珍しく一緒に上京していた父が、荒みきった娘を見かねてついにぶち切れた。
『お前がちゃんと立ち直らんと、いかんだろ!』
そう言って私の頭を手で押さえ、床にそのまま叩き付けた。耳を激しく打って、怒りのあまり体が震えた。よりによって、一番大事にしている耳を狙うなんて。いくらお父さんでも許せない!」(p.011)
このあとの鬼束ちひろのとった行動が、不思議と笑えるのだが、それはいいとして、活動休止中、おそらく鬼束ちひろは身の回りのことを自分でこなすこともできず、母親に頼り切りだったらしいことが分かる。
他の場所で、彼女は料理を一切しない書いているが(p.85)、音楽活動を休止して、社会的評価を受けられなかったこの期間、身の回りのことができないという発達障害の特徴が、もろに出ていて、彼女の父親まで激昂させたのではないか。
以上のような点からも、鬼束ちひろが知能に異常のない発達障害である疑いが濃厚という気がする。
発達障害を疑わせる記述はまだ出てくるので、引き続き自伝エッセイ『月の破片』を読みつつ、検証してみたい。
(つづく)