鬼束ちひろ、最初の3枚と最近の3枚の大きな差異

先日、鬼束ちひろからファンレターの返事をもらったことについて書いた記事を、Twitterでかなり取り上げて頂いているようだ。
受け取った本人の感想を改めて書いておくと、「鬼束ちひろって、やっぱり性格がかわいい人だ」の一言に尽きる。あの返事を怪文書と評価するのは、センスを疑う。
それはどうでもいいとして、鬼束ちひろのニューアルバム『剣と楓』、ジャケットが彼女の妹直筆の筆文字で、演歌風ということもあり、「聴かず嫌い」の扱いをうけているような気がする。
HootSuiteで「鬼束ちひろ」をキーワードに検索したTwitterのタイムラインを作って、たまにのぞいているとそんな感じがする。
これまでのアルバムの中に位置づければ、『剣と楓』はフォーライフミュージックのコピーである「原点回帰」というより、新しい一歩であることに違いない。

ただしそれは、今の彼女の外見からは想像できない新しい一歩だ。
1st『インソムニア』から3rd『SUGAR HIGH』までは、僕個人はすべての収録曲をシャッフルしても違和感なく聴けると思っている。つまり、この3枚で1枚のアルバムのようなものだ。
Insomnia - 鬼束ちひろInsomnia – 鬼束ちひろ
This Armor - 鬼束ちひろThis Armor – 鬼束ちひろ
Sugar High - 鬼束ちひろSUGAR HIGHT – 鬼束ちひろ
それくらい羽毛田丈史氏のアレンジによる鬼束ちひろ作品は、強い一貫性のあるイメージを持っている。それが鬼束ちひろの精神的な束縛になっていたことも事実だけれど。
そして4th『LAS VEGAS』、5th『DOROTHY』、6th『剣と楓』は、最初の3枚のアルバムと比べると、明確に一連の作品として位置づけられる。
LAS VEGAS - 鬼束ちひろLAS VEGAS – 鬼束ちひろ
DOROTHY - 鬼束ちひろDOROTHY – 鬼束ちひろ
剣と楓 - 鬼束ちひろ剣と楓 – 鬼束ちひろ
『LAS VEGAS』だけは小林武史プロデュースのせいで、一聴すると異質なようだが、鬼束ちひろの作詞・作曲スタイルは、東芝EMI時代と一線を画している。
最初の3枚のアルバムでの作詞・作曲は、本人が言うように、まさに「降りてくる」ままに書いた曲たちと言える。
なので「Castle・Imitation」などの曲に最も明確に現れているように、歌詞がシュールレアリズムの自動筆記的で、日本語としてかなり意味不明なものもある。
作曲については、理由はよくわからないのだが、8分の6拍子の曲が最初の3枚と比べると、復帰後の3枚では格段に多くなっている点、そして「蝋の翼」や「EVER AFTER」など、純然たるJ-POPと言いたくなる曲をさらりと書いてしまっている点、この2点が大きな違いだ。
東芝EMI時代で言えば「Sign」も純然たるJ-POPと言える曲だが、この曲について本人が、自分自身と距離をおいて脚本を書くようにして書いた、と語っている。
とすると、最近の3枚のアルバム収録曲で、歌詞が日本語として分かりやすく、かつ、いかにも歌詞らしい脚韻などの「形式」を備えるようになって来ているのは、「降りてきた」曲をそのまま書くのではなく、いったんそこから距離をおいて作品として仕上げる作曲スタイルへと、確実に変わっている。
この点で、最初の3枚と最近の3枚とでは、大きく作風が変わっている。
逆に言えば、最近の3枚の収録曲は、アレンジを差し引いて、鬼束ちひろの作詞・作曲だけに注目すれば、言われるほどバラバラではない。一貫した流れがある。
ケルト民謡への傾倒や、それが原因なのか、8分の6拍子の曲が増えているのも、最近の3枚のアルバムに共通している。
歌い手としての鬼束ちひろにも変化があり、楽曲によって声の出し方や表現方法を意図的に変えている。
ものまね芸人が「月光」を歌ってよくマネする、あの声色も健在だが、音色の幅は確実に広がっている。
以上のことをふまえた上で、やっぱり東芝EMI時代の鬼束ちひろの方が良かったというファンは、彼女がソングライターとしてスキルを上げてきていること、自分自身を客観的に見つめられるようになってきていることを、無意識のうちに拒否しているのかもしれない。
ニューアルバムの『剣と楓』は、鬼束ちひろが、より確信犯的に鬼束ちひろ風の曲や、全く鬼束ちひろ風でない曲を書き分けるようになっている点で、新しい一歩を踏み出している。
いつまでも過去の殻に閉じこもっていたいなら、東芝EMI時代の鬼束ちひろだけを聴き続けるのも、ファンとしては一つの選択肢だろう。鬼束ちひろには成長を拒否して欲しかったというのも、ファンとしての願望の一つかもしれない。
僕はどちらかと言えば、彼女の新しい「展開をいそがない/ならば少し待ち切れないでいよう」という気分なのだが。

鬼束ちひろ、最初の3枚と最近の3枚の大きな差異」への1件のフィードバック

  1. ネッシーのBlackBlackBlack

    鬼束ちひろからプレゼントがキターーー!

    ネッシーです。
    自称「鬼束教の信者」ネッシーですが、オフィシャルページでグッズの販売をしていたので、携帯ストラップを注文。
    東日本大震災の影響で大幅に到着が遅れていましたが、先日、届きました。
    佐川急便の袋を開けてみると、なんだか、ちっさい人形がラッピングされていました。
    その中になんと、鬼束ちひろのメッセージが
    &nb……

コメントは停止中です。