『NHKハーバード白熱教室 大震災特別講義』:日本人の共同体意識

東日本大震災に関連して、NHKの番組にマイケル・サンデル教授が登場し、日本、米国、中国の学生たちと、石田衣良、高畑淳子、高橋ジョージなど、日本の芸能人たちと議論をしていた。
『NHK ハーバード白熱教室 マイケル・サンデル 究極の選択 大震災特別講義』2011/04/16(土)
例によってマイケル・サンデル教授は、議論を一つの結論に導くのではなく、さまざまな意見を対比させる立場に徹していた。
この議論を聞いて感じたのは、日本人のコミュニティー指向がと非常に強いということ。理想や大義といった抽象的な価値観より、自分の身近な人たちを重視する度合いがとても高い。
それをうまく表現していたのは、女優の高畑淳子だった。自分の生命を危険にさらしても被災地に行って活動するか、それとも身近な人たちのところにとどまるか、どちらを選ぶかというサンデル教授の質問に、高畑淳子は、たとえ死ぬことになっても、家族と最期の時を過ごすと答えた。
たぶんこういう考え方が、多くの日本人が共感する価値観ではないだろうか。
僕個人は、そこまで「身近さ」にもとづく家族や職場といったコミュニティーを重視しない。
例えば会社の飲み会に行くと、家族をもつ皆さんが、酒が入るにつれて趣味の話から、最終的には自分の家族や子供の話をし始めることに違和感を抱く。
職場は、僕にとっては給料を稼ぐための場所でしかない。社員はそれぞれ仕事上の役割によって、機能的につながっているだけで、それ以上ふみ込んだ人間関係をつくる場所ではない。
ふつうの日本人にとって、職場は家族の次に大切なコミュニティーであり、職場の人間関係は単に機能的なつながりではなく、濃密な感情的つながりだ。
福島原発の放射線レベルの高い危険な場所で作業をしている、東京電力や下請け会社の現場の社員、消防団員、自衛官の皆さんも、日本の危機を救うという抽象的な使命感より、仲間たちをおいて自分だけ安全な場所に逃げるわけにはいかない、という職場コミュニティー意識が強いのではないか。
ただ、この職場を家族と同じような、感情的つながりがベースのコミュニティーととらえる日本人の価値観は、一方で、いかにも日本的な「組織の内輪の論理」を生みだす。つまり、上司のため、職場を守るためなら、倫理的に許されないこともやってしまう、という考え方や行動様式だ。
身近なコミュニティーにおける感情的に密接な人間関係は、日本社会の場合、欧米のキリスト教文化のような抽象的な価値観をすっ飛ばしているためだ。
これまでの日本の原子力政策も、電力会社など、原子力利権に関係するさまざまなコミュニティーが、抽象的な価値観よりも、組織の維持を優先する考え方で進められてきた。その結果が今回の事故と思われる。
ここでもやはり、日本人の良さである助け合いの精神と、組織の自己保身は、表裏一体だ。抽象的な善悪の価値観より、身近なコミュニティーの維持を優先する考え方。どちらも根っこはここにある。
だからこそ、今回の原発事故を遠慮なく批判できるのは、フリージャーナリスト・上杉隆氏のような、日本的コミュニティーから排除された人だけなのだが…。
東京電力の隠蔽体質を非難するのはかんたんだが、自分自身が日本人として、職場や地域社会で、同じような「身内の理論」にもとづく行動をしていないか、ふり返ってみる必要がある。