商業音楽とケインズの美人投票とalanが売れないわけ

以前にも同じことを書いていたら申し訳ない。最近、記憶力の衰えが激しすぎて自分でも驚くくらいなので。
ポップスも演歌もロックも、アーティストがCDを売ったり、コンサートを開いたり、グッズを売ったりして生計を立てている以上、商業音楽である。
CDを買ってくれたり、コンサートに来てくれたり、グッズを買ってくれたりするファンがいなければ商業音楽は成立しない。
では商業音楽の聴き手、つまり僕らのようなアーティストではない一般人は、何を基準にい自分が聴く音楽を選んでいるだろうか。
たぶんほとんどの人が「自分の好きな曲を選んで聴いている」と答えるに違いないが、それはウソだ。
大きなレコード屋に行けば、何万枚というCDが棚に並んでいる。音楽ダウンロードサイトにアクセスすると、何百万という曲がそろっている。
その中から純粋に「自分の好きな曲だから選んだ」などということが起こるはずがない。
毎日のように、ランダムに何十枚というCDを入手できるような、コアな音楽ファンは別だが、ふつうの聴き手はそこまで音楽に金をつぎ込めない。
では、僕も含めてごくふつうの聴き手が、実際には何をしているかと言えば、すでに十分話題になっている楽曲の中から、自分の好きな曲を選んでいるだけである。
「すでに十分話題になっている」ということの中には、たとえばたまたま毎朝みているテレビの情報番組で紹介されたとか、オリコンチャートで上位にランクされたとか、いつも訪問するウェブサイトで話題になっていたといったことが含まれる。
つまり、無数の商業音楽の中から、いったん何らかの中間媒体によって絞りこまれた中から、「自分の好きな曲を選んでいる」だけである。
ではその中間媒体は、無数の楽曲の中から何を基準に紹介すべき音楽を選択しているのかといえば、「これは話題になりそうだ」という基準だろう。
中間媒体が、あらかじめ聴き手の好みを先取りして、聴き手が選びそうな曲を選択して提供し、その中から無数の一般の聴き手が「自分の好きな曲を選んでいる」。実際に商業音楽について起こっているのは、こういった事態だ。
何が言いたいのかというと、一般の聴き手は、本当に自分が好きな曲を聴いているわけではなく、中間にあるメディアが「これは好かれそうだ」と判断した曲を聴いているのである。
メディアが無数にある楽曲の中から、「これは話題になりそうだ」「これは好かれそうだ」という基準で選択するのは、メディア自体がビジネスとしてやっていく必要があるからだが、そういう基準で選択した結果として、商業音楽は、より多くの人がその楽曲の良さを共有できるようなものだけが残ることになる。
個々の楽曲が本質的に持っている良さ(そんなものが存在するかどうかは別として)ではなく、より多くの人が「好きだ」と思うような楽曲がメディアによって選択され、一般の聴き手がその中から自分の好みにしたがって選ぶ、という流れがすでに出来上がっている。
インターネットが普及した現代でも、本質的にアルファ・ブロガーでも何でもいいが、何らかの中間媒体が一次選別をしているという実態は昔と何ら変わらない。
ということは、商業音楽は個々の楽曲のもつ固有の価値や固有の芸術性によって買われるのではなく、より多くの人が好きになりやすいという傾向性によって買われていることになる。
回りくどい説明だったが、ケインズの美人投票(Keynesian beauty contest)と同じということだ。
ウィキペディア「美人投票」
ところが、商業音楽の作り手は、しばしば自分が作る音楽に固有の芸術性があり、それこそが自分の音楽が売れていることの理由だと主張する。この主張は、商業音楽に関するかぎり、端的に誤りであり、単なる思い込みだ。
商業音楽が売れるのは、自分以外の人の多くがこの音楽は売れると思うだろうと思うからであって、その音楽そのものが良いと思うからではない。
だから、商業音楽には不可避的に大衆性という属性がくっついてくるのだ。商業音楽が俗っぽいのは、堕落でも何でもない。
少なくとも、中間媒体の一次選別を通過しなければ、一般の聴き手はその楽曲や歌手のことに気づくことさえできない。
例をあげると、例えば僕の好きな鬼束ちひろが、いつの間にか活動再開していたということも、中間媒体が何らかのかたちで取り上げないかぎり、一般の聴き手には永遠にとどかない。
なおかつ、無事に活動再開の事実が聴き手にとどいたとしても、その楽曲そのものがいくら素晴らしくても、自分以外の多くの人に売れるようなものでなければ、売れないのだ。
売れないとどうなるかといえば、次回、中間媒体がその音楽を取り上げなくなる。取り上げなくなると、次回は、鬼束ちひろが新しい曲を作ったという事実そのものが、一般の聴き手にとどかなくなる。
そうなると、もはや商業音楽としては成立しない。
たとえメジャーレーベルに属していようと、事実上は、一般の音楽愛好家が個人的にYouTubeなどで自作曲を公開しているのと変わりがない。
今はたまたま鬼束ちひろを例にしたが、alanの方がよく当てはまるかもしれない。柴田淳ならもっとよく当てはまるかもしれない。
alanalan アーティストリンク
すべての商業音楽は、そういうものではないだろうか。