ヤマト運輸のトホホな中国進出

今朝の情報番組で、香港に進出したヤマト運輸の社員が、孤軍奮闘する様子が紹介されていた。
正直な感想を言えば、ヤマト運輸の中国大陸担当の営業統括責任者は、どうかしているのではないかと思った。
香港へ単身赴任したこの男性社員が、とてもマジメで、日本では非常に有能な人材であることは、映像からも見て取れた。
そんな社員を、北京語や広東語や英語のごく基本的な教育さえせず、しかも単身赴任で香港に送り込む。
香港支店には、日本人社員は彼を含めて2人だけ、日本語のできる現地通訳は1人しかいない。そんな場所へ丸腰で赴任させ、現地スタッフの教育から新規取引先の開拓までの全責任を負わせるのだ。
中国に単身赴任して、うつ病になる日本人サラリーマンが多いのも、なるほどとうなずける。ヤマト運輸のような大企業さえ、こんなバカげたことをするのだから。
北京語も広東語も英語もできないこの社員は、当然、現地採用スタッフとほとんどコミュニケーションができない。その様子も番組で紹介されていた。
そんな日本人社員が、香港の現地スタッフを、ヤマト運輸の名に恥じないサービスレベルにまで教育するのに、いったいどれだけの時間がかかるか。
それに比べれば、例えば日本に3年程度の滞在経験があり、かんたんな日本語なら不自由なく話せる中国人留学生を、インターンシップのような形で期間を定めて採用し、香港に駐在させるコストと、どれほど差があるのか。
もっと言えば、日本で中国人留学生を雇用するのは、ヤマト運輸にとってもメリットがあるのではないか。
これから中国大陸へ本格的に進出するこのタイミングで、期間限定であれ中国人を受け入れておけば、ヤマト運輸本社にとっても、中国人社員をどのように管理すればよいか、人事管理上のノウハウが蓄積される。
それに、日本の本社で中国人を採用した実績としてアピールすれば、今後、中国で現地スタッフを採用するとき、当然、より有能な人材を獲得しやすくなるだろう。
丸腰の日本人社員をいきなり香港へ単身赴任させるのに比べて、どう考えても、日本で雇用した中国人を通訳としてつける方が、ヤマト運輸にとってメリットが大きい。
それとも、ヤマト運輸は慢心しているのだろうか。
FedExなど、すでに香港で実績のある外資系に比べても、ヤマト運輸は日本企業であるというだけで、中国で圧倒的なブランド力があるという、とんでもない勘違いをしているのだろうか。
番組の中でも、かの日本人社員と現地スタッフが、香港の街中を、クロネコのマークがついた緑色の台車を押して歩きまわるのを、現地の人たちがけげんな目で追っている様子が映っていた。
いつまでも高度経済成長期のイケイケドンドン的な、頭の悪い体育会系ノリで、日本のサービス業が海外でも通用すると考えているらしいのは、いかにも滑稽だ。