alan、ただいまイメチェン中

ただいま経済関係書を3冊並行して読書中で、とくに書くこともないので、最近のalanの動向について。

alanはエイベックス所属の中国四川省美人谷を本籍とするチベット族中国人の女性歌手。2007年日本デビューし、2011/03/02に3年間の活動の集大成としてベストアルバム『JAPAN PREMIUM BEST & MORE』を発売する。
デビュー以来、マイナーなイメージチェンジは何度かしてきたものの、ほぼ一貫して映画『レッド・クリフ』の主題歌を担当したり、NHKの環境番組『SAVE THE FUTURE』のテーマソング「懐かしい未来~longing future」を担当するなど、愛と平和という大きなテーマをもつ楽曲を主に歌い、気高さのある美貌と抜群の歌唱力で実力派として活躍してきた。
ただ、デビュー3年を過ぎて、『レッド・クリフ PART II』主題歌の「久遠の河」をピークとし、スマッシュヒットに恵まれず、タイアップは日本の時代劇のドラマや映画に限られ、ゴールデンタイムの音楽番組に出演することも、ほとんどなくなってきた。
その手詰まり感からか、2010/10/13リリース、東映時代劇映画『桜田門外ノ変』主題歌のシングル「悲しみは雪に眠る」のジャケットから、チベット族の出自や、中国人っぽさを全く感じさせない、親しみやすさや、どこにでもいる女の子、といったイメージに、少しずつ路線変更しつつある。
2011/03/02発売のベストアルバムのジャケットも、1stアルバム『Voice Of Earth』の仙女的なイメージや、2ndアルバム『my life』のハードJ-POP路線とはガラっと変わり、愛らしさを前面に出している。
それと並行して、ゴールデンタイムのマスメディアへの露出が難しくなったためと思われるが、同じエイベックス所属のお笑いタレント、古坂大魔王(こさか だいまおう)を司会に、ニコニコ生放送を最近、始めている。
2011/02/15(火)ニコニコ生放送『ニコ生でalanが新曲初公開&音楽サイト「ナタリー」 の取材をのぞいちゃう☆生放送!』
alan ツイッター(Twitter)
古坂大魔王 公式ブログ
ニコニコ生放送中にコメント欄を見ていると、初めてalanを見たらしいニコニコ視聴者が、alanの天然な可愛さにノックアウトされている様子が分かる。
また、たまにTwitCastingで、仕事の空き時間などの様子をiPhoneから生中継してくれることもある。もともと天然ボケなキャラをもつalanだが、今までにもましてファンとの距離を近づけようとしている。
alan TwitCastingライブ
日本デビュー3年で、エイベックスの計画性のなさのせいで、デビュー前に正規の日本語教育も受けさせてもらっていないので、alanの日本語はお世辞にも上手いとは言えない。
ただ、どうやらその日本語の下手くそさも含めて、天然ボケの親しみやすい萌えキャラにシフトしようとしているようだ。それがCDの売上や知名度の向上につながるか、しばらくは要注目。
う~ん、今日はすごく内容の薄い記事で申し訳ない。