Appleの競争力と商業音楽の関係について

今さらながら、ふとしたことから、Apple製品の競争力の源泉について考えさせられた。
ご承知のように、MacintoshやiPhoneなどのApple製品は、ふつうの会社員よりも、クリエイティブな仕事をしている人たち、ミュージシャン、イラストレーター、ディレクターなどに圧倒的に人気がある。
それは、単にApple製品のデザインが、たとえばWindowsパソコンの大多数が無骨なのに比べて、洗練されているからだと思っていたが、もっと本質的な理由があるんじゃないかと気づいた。
それは、競争がないことだ。
最近、スマートフォンの分野でグーグルのアンドロイドOSが、急速にシェアを伸ばしているが、WindowsパソコンとMacintosh、そして、Android端末とiPhoneを比較すると、Apple製品はつねに競争がないところで一定のシェアを確保していることがわかる。
Windowsパソコンはハードウェアの規格が、Android端末はOS(基本ソフト)と対応ハードウェアの規格が公開されているので、世界中の無数のメーカーが参入して製品を発売し、価格面や性能面など、いろいろな点の優位性を競う激しい競争が起きる。
一方、Macintoshは少なくともハードウェアの規格は、OSがUnixベースになり、インテル製CPUに対応するまでは、非公開だったし、iPhoneはOSもハードウェアも規格は非公開だ。(もちろんアプリケーション開発の規格は公開されているが)
なので、Appleが独占的に製造でき、同じ規格の中での競争にさらされることがない。
競争がないので、製品コンセプトやデザインを、Apple社の思うままにできるのは、ある意味、当然だ。
iPhoneのヒットは、iPodのヒットがあってこそで、さらにそれはMacintoshのヒットがあってこそだが、MacintoshがWindowsパソコンに完全に淘汰されることがなかった点は、たしかにApple社のマーケティングの勝利だろう。
そしてそのマーケティングの根っこにある思想は、「同じ規格内での競争をしなくてよい創造性」というようなものだったに違いない。
この「同じ土俵で競争しなくていい創造性」という思想は、創造性より効率性が求められるふつうの会社員にはまったく無縁だが、創造性や個性そのものを売りにして生活しているクリエイターたちには、ぴったり来るものだったはず。
だからApple製品はクリエイターたちの根強い支持を得て、その思想がiPod、iPhoneと受け継がれ、市場全体で見ても確実に一定のシェアを確保しつづけることができたのだろう。
どうしてこんなことを今さら考えさせられたのかと言うと、商業音楽(ポップスも演歌も含む)のクリエイターは、クラシック音楽の担い手たちと比べたとき、「競争のない創造性」という思想が当てはまるだろうかと、ふと疑問に思ったからだ。
商業音楽に競争がない、なんてことはない。CDやコンサートのチケットが、少なくとも創り手の再生産を支えるだけの売上をあげなければ、商業音楽は成り立たない。
それだけの売上をあげるためには、他の商業音楽との競争で勝たなければいけない。
だから商業音楽にはヒットチャートというものが存在する。ふつうの産業製品と同じように、商業音楽は音楽としての良し悪しとは無関係に、商品として、数量や金銭という一つのモノサシで比較される。
なので、いくら音楽の聴き手の耳がヒドくても、聴き手の音楽に対する考え方がお話にならなくても、商業音楽の創り手は聴き手に「媚び」を売らなければならない。
一定数の聴き手を獲得できなければ、商業音楽は成り立たないからだ。
逆に言えば、聴き手に媚びず、送り手側の妥協のない創造性だけで商業音楽は成り立つと勘違いしたが最後、それは商業音楽にとって自殺行為になってしまう。
ただ、一つだけ可能性があって、商業音楽の世界にもApple社のようなスタンスが安定して存在するかもしれない、ということだ。つまり、「競争のない創造性」を体現できる立ち位置が。
しかし、Apple社のスタンスが安定して成立するには、「規格の非公開」という大前提が必須だった。果たして商業音楽を作るときに、規格を非公開にすることなどできるだろうか。
このテーマについては、まだいろいろと考えることができると思うが、この記事はこの辺でおしまい。