やはり岡村隆史は重いうつ病だったようだ

2010/12/02深夜放送のナインティナイン『オールナイトニッポン』をYouTubeで聞いているが、やっぱり岡村隆史はうつ病だったようだ。
矢部浩之が岡村隆史を休ませることを決意したのは、フジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』の収録後に、岡村があまりに多忙でATMに行く時間がなく、財布に現金がないことを、貯金がないと思い込んでいる様子を見たときだという。
この認知症のような症状は、重いうつ病の典型的な症状だと思われる。
入院していたというから、おそらくふつうに日常生活を送ることもできないほど重症だったのだろう。
甘いものを過食したり、自分の体臭を必要以上に気にしたり、軽いものを持ち上げるのさえ重く感じたり、どう考えてもうつ病だろう。
主治医からラジオ出演についても「リハビリ勤務」ということで、最初は5分、次は15分と伸ばすように言われているが、それを無視していきなりフルに2時間の出演となったと、岡村隆史は自ら話していた。
この主治医のアドバイスの仕方にしても、やはり典型的なうつ病が寛解した患者に対するアドバイスだ。
たぶん吉本興業が岡村隆史に無理をさせて、病状を悪化させたというより、まじめな岡村隆史なので、彼自身がなかなか病気を認めたがらず、休職できなかったのではないか。
やや心配なのは、復帰していきなり飛ばしすぎているような気がするので、また症状が出てしまうのではないかということだ。
本当にあまり無理しないようにしてほしいものだ。