GALAPAGOS、平野啓一郎の登場でますます不可解な電子書籍端末

今日、ネット新聞の各紙にシャープの電子書籍端末「GALAPAGOS」が2010/12/10に発売されると掲載されていた。
平野啓一郎が新作小説の発表会を「GALAPAGOS」とタイアップで行ったらしい。
素朴な疑問として、平野啓一郎のように特に国民的支持をうけているわけでもない芥川賞作家の読者層と、最先端の電子書籍端末の利用者層が、いったい重なるのだろうか。
タイアップに芥川賞作家という権威を引っ張り出して来ざるをえないところに、このシャープの「GALAPAGOS」の井の中の蛙ぶりが見事に現れている。
「GALAPAGOS」の発売と同時に公刊される平野啓一郎の新作小説は、紙版が1785円、電子版が1470円、差額はたったの315円。
「GALAPAGOS」はモバイルモデルが39,800円、ホームモデルが54,800円。電子版の書籍の方が安いからという理由で、「GALAPAGOS」を買う消費者は、ほとんどいないだろうと断言できる。
コンテンツに価格面でのメリットがないとすると、電子書籍専用端末を購入する意味はないと言っていい。
例えば、電子書籍端末なら、何百冊、何千冊という書物を持ち歩けるという人がいる。
しかし、一度に何百冊、何千冊もの本を持ち歩く必要がある一般人はいない。年間数百冊もの本を購入する人もほとんどいない。
それだけ大量の本を読む必要がある人は、図書館で借りる。本は図書館が管理してくれるので、あとでまた読みたくなれば、図書館に借りに行けばいい。
わざわざ読み終わった本のデータを、電子書籍端末に残しておくような人がいるだろうか。
また、本当に大事で、絶対に内容を失いたくないような本を、電子データの形で蔵書するような「本好き」がいるだろうか。
つまり、それほど活字が好きではない人たちは、必要に応じて、本をたまに買ったり、借りたりするだけで、数千冊の本をデータを携帯できる電子書籍端末のメリットとは無関係な世界に生きている。
他方、活字を愛している人たちは、愛蔵書を電子データのような「はかない」形式で手元に置くことを決して望まないので、そもそも電子書籍端末を買おうとも思わない。
すると、残る電子書籍端末の利用者候補は、辞書や事典などの資料類・リファレンス類を持ち歩きたいという人たちになる。
まず、事典については、一般人の場合、ウィキペディアさえあれば事足りる。ウィキペディアの記述がまゆつばものであっても、一般人のちょっとした調べ物には、ウィキペディアのレベルのいい加減さで十分だ。
ウィキペディアはインターネットを閲覧できさえすればいいので、わざわざ電子書籍専用端末を買う必要は全くない。
事典以外に、紙データにすると膨大な量のリファレンスを持ち歩きたい例としては、各国語辞典がある。
しかし各国語辞典の場合、辞典データ自体のコストが高いので、「どんな本でも読める」電子書籍専用端末を購入する意味がない。電子辞書のようなコンパクトな専用機器で十分だ。
このように考えてみると、どうやら大量のリファレンスを持ち歩きたい人にとっても、「GALAPAGOS」はまったく買う必要性のないぜいたく品になりそうだ。
僕の予想としては、「GALAPAGOS」を購入するのは、新しもの好きのITマニアだけだろう。そしてそれらの人々は、「GALAPAGOS」を「脱獄」して、汎用的なAndroid端末に改造してしまう可能性が高い。
汎用的なAndroid端末に改造してしまえば、「GALAPAGOS」は単なる「ちょっと高めのタブレット型Android端末」になるので、そうなれば購入したいという人はそこそこ出てくるだろう。
しかし、ここまで苦労していろいろ考えなければ利用者層がイメージできないような製品を、いったいなぜシャープは大々的に製造する気になったのか、まったく理解できない。
汎用のAndroid端末を製造して、それに著作権保護機能つきで、電子書籍が読みやすいアプリを提供すれば、十分であって、わざわざ「ほぼ電子書籍の閲覧にしか使えません!」とうたった端末を売る意味がどこにあるのだろうか。
ますますもって不可解である。
*2011/09/15 追記:
僕の予想どおり、このシャープの電子書籍端末「ガラパゴス」は2011/09/15に販売終了が正式アナウンスされた。こちらがシャープの「お知らせ」ページ。もう少し頭を使えばムダな投資をせずにすんだと思うのだが。
>>「シャープの電子書籍端末『ガラパゴス』は完全にバカげている」(2010/09/28)
>>「続・シャープの電子書籍端末『ガラパゴス』は完全にバカげている」(2010/12/14)
>>「SHARP、GALAPAGOSが海外展開するというアホらしさ」(2010/12/31)
>>「SHARP、GALAPAGOSをインドやアフリカの電子教科書に!?」(2011/01/03)
>>「電子書籍なんて、やめてしまえばいい」(2011/01/25)
>>「著作権保護つき電子書籍の普及は、弱者から本を奪う」(2011/02/02)
>>「電子書籍端末って、一体だれが、どこで使うの?」(2011/02/04)