日本人サラリーマンは残業代がなければ生活できない?

ふと思ったのだが、日本のサラリーマンが残業をするのは、同僚が残業していると、日本人独特の同調圧力(=みんな同じでなきゃいけないという空気)のせいで、帰りづらい雰囲気があるから、というのも確かに原因の一部ではあるだろう。
でも、もう一つ重要な原因として、残業代がなければ子供の教育費や家のローンなどをまかなえない事もあるのではないか。
どちらかと言えば、むしろ残業代を含まない給与だけでは生活が成り立たないという、経済的な理由のほうが大きいのではないかという気がした。
労働分配率の低さを、労働者が個人で帳尻を合わせようとすると、必然的に残業ということになる。だから日本人はみんな残業をするのではないか。
その結果、残業を前提とした仕事の時間配分が定着し、一向に業務効率が上がらない。
そして、長時間残業の結果として、同僚と長時間同じ空間で生活することによる「あ・うんの呼吸」が生まれ、それが組織内の結束力を強める一方で、組織としての変化に対する対応力の弱さや、外部の人材を活かしきれない排他性を産み出しているのではないか。
かといって、残業代をいきなりゼロにして、非管理職にもみなし労働時間制を適用するのは、法制上の問題もあるので、このしくみは簡単には変わりそうにない。
例によって悲観的な結論で申し訳ない。というか、今回はトピック自体があまり面白くないと、自分でも思う。