絢香のツイッターを平気で無断引用するテレビ局の傲慢さ

テレビの芸能ニュースが、絢香の始めたツイッター(Twitter)の写真や本文を、本人に無断で放送しているらしい。テレビ局はこの手のことを平気でやる。
よくある、面白映像を特集した番組では、YouTubeなどの動画サイトから、投稿者にいちいち許可を取ったのかどうか分からない動画を、放送しまくっている。
にもかかわらず、その同じテレビ局は、YouTubeに自局の番組の一部でもアップロードされると、Google社に著作権侵害を申し立てて強制削除する。
一般人もテレビ局も、著作権の保有者という意味では平等であるはずなのに、テレビ局のような一部の権利者は強大な著作権を保有し、一般人はテレビ局に勝手に著作権を侵害されても泣き寝入り。
私的録音や私的録画まで規制しようという、レコード会社やテレビ局の動きも、同じように企業がその政治的圧力を悪用して、私人の権利を平気で侵害している事例だ。
このような公平性を欠く著作権管理がまかり通っているのが、日本の現状だということを忘れてはいけない。