DMMポイントオークションの過去の全入札ログの入手方法

DMMポイントオークションに「サクラ」がいることはほぼ確実、というのはこれまでこの「愛と苦悩の日記」で実証してきたとおりだ。
以前、僕がDMMポイントオークションのユーザーサポートに、過去の落札済み商品全てについて入札ログを全件公開して欲しいと要求したとき、「できません」と門前払いされたことも、すでに書いた。
運営会社のDMMが自信をもって「サクラ」や「無料自動入札ボット」が存在しないと言えるなら、情報開示に何の問題もないはずだ。情報開示を断ること自体、ある種の事実を示唆している。
ところが、特定のURLを使うと、かんたんにDMMポイントオークションの過去の全商品の全入札ログをダウンロードできることが分かったので、ご紹介する。
ただし、過去の入札ログのユーザー名は、すでにDMMによって改ざんされている可能性もゼロではない点は注意が必要だ。
入札ログを入手するためのURLは簡単だ。
http://subauction.dmm.com/getbidhistory.php?id=nnnn
この「nnnn」のところを、10進数の単純連番になっているオークションID(商品ID)に置き換えて、Webブラウザのアドレス欄に入力し、アクセスするだけで、個々のオークションの入札ログ全件を、EUCエンコードのテキストファイルでダウンロードできる。
後はこの作業を自動化するために、RubyなりPHPなりでスクリプトを書いて、ログをテキストファイルに書き出すようにすれば、DMMポイントオークションの過去の全入札ログを入手できる。
オークションIDは、ゼロによる左詰めは不要。1から開始してもよいが、最初の250件前後はテストデータらしく、「DMM_Test_1」など、明らかにテスト用と思われるユーザ名で、かつ、入札時刻の前後関係がめちゃくちゃなログになっており、役に立たない。
サービス開始後のログは、だいたい300番以降くらいでダウンロードするとよい。最近のオークションIDは、DMMポイントオークションにアクセスすれば分かる。この記事を書いている時点では、もうすぐ50000番に届きそうだ。
該当のオークションIDの、商品名、落札価格、ディスカウント額などは、下記のURLから取得できる。同じく「nnnn」のところをオークションIDに置き換えればよい。
http://auction.dmm.com/auction/-/detail/=/aid=nnnn/
入札ログ全件が入手できれば、同一商品の落札価格のバラツキがいかに大きいか。そして、そのバラツキの原因として、「サクラ」や「無料自動入札ボット」以外の、一般ユーザーが参加すると不自然に落札価格が釣り上がるなどが考えられないか。こうした推測を実証するための基礎データが手に入る。
ただ、繰り返しになるが、この入札ログ自体が、すでにDMMによって改ざんされている可能性があり、完全に信頼できるとは言い難い。
運営会社であるDMMは、DMMポイントオークションの信頼性について、根拠のない風評を書かれるのは営業妨害だと、仮に主張したいのであれば、自ら同一商品について、過去の落札トレンドを分析した結果を公表したり、一定のポイントを消費しても、商品を一度も落札できなかったユーザーに、ポイント購入金額を返金するなどの対策を、まず講じるべきだろう。
*2011/09/15 追記
DMMがポイントオークションを2011/09/15をもって終了することを発表した。やましいところが何もなければ、何と言われようが続ければよかったと思うのだが、終了せざるを得なかったということは、やはりコンプライアンス上の問題が何かあったということなのだろうか。

DMMポイントオークションの過去の全入札ログの入手方法」への1件のフィードバック

  1. オークション

    オークション のこと

    今日は最近の個人的に話題のオークションについて語ります。私の周りではオークションについて話す機会が多く、皆さんそれなりのマニアになっています。そんなことで私もインターネットでオークションについて調査してみることにしました。10/1 9:59マデ!オークションの振込手数料が無料になる口座【楽天 …10/19:59マデ!■オークションの振込手数料が無料になる口座【楽天オークション出品者ニュース】(2010/09/30)… DMMポイントオークションの過去の全入札ログの入手方法: 愛と苦悩の日記こ…

コメントは停止中です。