DMMポイントオークションの「サクラ」かもしれないユーザ一覧

DMMポイントオークションの「サクラ」は、けっこう普通に出没するようだ。同サイトの「終了オークション一覧」を見ると、「サクラ」が落札したとしか考えられない商品が意外にたくさん見つかる。
それは、赤字落札を複数回くり返しているユーザーである。
赤字落札とは、そのユーザーが落札した金額と、入札にかけた金額(=70円×入札回数)の合計が、その商品のDMM販売価格を上回っている落札のことだ。
実はこれは、DMMポイントオークションで終了済みのオークションを見ると、比較的簡単にわかるようになっている。
そこで、PHPで簡単なスクリプトを書いて、過去の終了オークション一覧から、赤字落札をしているユーザーをピックアップしてみた。
すると、予想どおり複数回くり返し赤字落札をしているユーザーが存在する。彼らが合理的に行動しているとすれば、「サクラ」であると考えておそらく間違いないだろう。
もちろん、数多くの出品商品の中で、たったこれだけしか「サクラ」がいないなら良いじゃないか、という意見がありそうだが、二つの反論ができる。
一つは黒字落札の全てが「サクラ」ではない一般ユーザの落札とは断言できないこと、もう一つは、いつ「サクラ」に出会うか分からないため、DMMポイントオークションが純然たるギャンブルになってしまっていることだ。
それとも、入札費用と落札価格の合計が、自分の負担金額になるという計算さえできない、言葉は悪いが「おバカさん」のユーザーが、こんなにたくさんいるということか?
ただし、これもあくまで個人的な意見なので、ご判断は皆さんにおまかせする。
下記のタブ区切りファイルには、1回でも赤字落札をしたことのあるユーザー名を、赤字落札の回数の降順に並べてある。じっくりご覧あれ。
DMMAuctionShillSuspects20100920.zip
*2011/09/15 追記
DMMがポイントオークションを2011/09/15をもって終了することを発表した。やましいところが何もなければ、何と言われようが続ければよかったと思うのだが、終了せざるを得なかったということは、やはりコンプライアンス上の問題が何かあったということなのだろうか。
【関連記事】
>>「DMMの新サービス『DMMポイントオークション』が非常にあやしいという単なるウワサ」
>>「DMMポイントオークションの必勝パターン発見!!」
>>「DMMポイントオークションの自動入札は限りなく「クロ」に近い?」
>>「DMMポイントオークションの「サクラ」の存在が証明できた」
>>「DMMポイントオークションにも一部該当する「オークション詐欺5つの戦術」」
>>「DMMポイントオークションのようなペニーオークションは詐欺か?」