武田さん、読者はあなたをバカにしているのですよ

日経ビジネスオンラインに、またまた「とんでもコラム」を見つけてしまった。今朝の下記の記事だ。
「菅さん、国民はあなたを選べなかったのですよ。」(日経ビジネスオンライン・連載コラム『武田斉紀の行きたくなる会社の作り方~個人と組織のいい関係』より2010/09/15掲載分)
まず、問題提起からしてバカげている。
「果たして民主党代表選挙は、国民のための選挙だったのだろうか」
国民のための選挙であるはずがない。これまで自民党内で行われてきた総裁選と同じように、政党内の選挙であって、一般国民に投票権はないのだから、国民のための選挙でないのは当然だ。
コラムの最初から、武田斉紀氏のとんでもない勘違いで始まっているので、このコラム全体がナンセンスである。こんな基礎的な間違いにもとづくコラムを発表してしまって、武田斉紀氏の本業に支障が出ないことをお祈りする。
さらに武田斉紀氏は、まるでこれまで自民党が党内で総裁選挙を行ってこなかったかのように、今回の民主党代表選挙だけを批判している。
自民党総裁選も一般国民に投票権はなく、今回の民主党代表選と同じように、自民党の党則だけにもとづく、自民党とその党員などだけによって投票が行われる選挙である。
なぜ武田斉紀氏は、今回の民主党の代表選だけをやり玉にあげて批判しているのだろうか。全く理解できない。
そんなに民主党代表選に参加したかったのなら、早くから民主党のサポーター登録でもしておけばよかっただけではないか。そういった参加意識の無さこそ、今の日本の政治をダメにしている最大の要因だろう。
そうした参加意識がなく、無党派であることを自負しているなら、自民党総裁選を批判せず、民主党代表選だけを批判するという、明らかに自民党寄りのコラムを書くべきではないし、「民主党代表選挙は、本当に選挙だったの?」などという恥ずかしい寝言を書くべきではない。
まったく、東大卒であっても、民間企業の一社員として損得ずくの実業界に染まってしまうと、ここまで一般常識がない社会人に堕落してしまうのだろうか。ああ、嫌だ嫌だ。
本来はもう少し突っ込んで、民主主義はそもそも国民の選択権を保証するような政治制度ではなく、チャーチルも言っていたように、単なる「セカンド・ワースト」の政治体制でしかないことも含めて、批判しようと思ったが、あまりにバカバカしいコラムなので、やめにしておく。
日経ビジネスオンラインも、とんちんかんな民主党批判はいい加減にした方がいい。出版社としての信頼にかかわる。