NHK『追跡!AtoZ』でも郵便不正事件の検察捜査のずさんさを検証

NHK『追跡!AtoZ』で、村木元厚労省局長が無罪になった郵便不正事件の、大阪地検特捜部のずさんな捜査について、検証番組をやっている。
検察は、今回の事件を厚労相の組織的犯行だとにらんで、村木元局長を逮捕したわけだが、はっきり言って、大阪地検特捜部が客観的証拠を軽視し、シナリオありきで供述調書をでっち上げていくプロセスの方が、検察の組織的「犯行」に見えてくる。
もし無力な個人がえん罪で逮捕されたとして、検察・警察の組織的な圧力に耐えられるかどうか。
足利事件の菅谷さんの件を思い出せば、検察権力の恐ろしさを改めて感じる。
さて、小沢一郎氏の秘書は、本当に政治資金規正法に違反したのだろうか。鈴木宗男氏は、本当にあっせん収賄をしたのだろうか。植草一秀氏は本当に痴漢をしたのだろうか。
なんだか検察の捜査の全てが、信頼できないような気がしてくる。