小沢一郎の手のひらの上にいることに気づかないマスコミ

民主党代表選挙、例によってマスコミは小沢一郎と菅直人の対立を、まるで民主党崩壊の序曲であるかのように報道しているけれど、見事に小沢一郎の手のひらの上に乗せられていることに気付いていないのか、気づいていてあえてそうしているのか。
マスコミが二人の対立に焦点を当てれば当てるほど、あたかも民主党内部で、与党対野党の対立構図が成立しているかのようなメタメッセージを、テレビの視聴者に与えている。
民主党だけで与党対野党のような論戦が成立するのであれば、もはや実際の野党である自民党の出番はないわけだ。
老獪な小沢一郎の本当の狙いは、自分自身が代表に当選するかどうかよりも、ドブ板選挙大好きな自分の特性を活かして、民主党代表選挙を国を挙げてのお祭り騒ぎに仕立て上げることで、自民党の存在感を消し去ってしまうことにあるに違いない。
その結果、小沢一郎と菅直人のどちらが代表に選ばれても、小沢一郎は民主党と自民党のどちらに対しても、決定的な影響力を温存することができる。
菅直人が代表に選ばれれば、党を割って政界再編する可能性をチラつかせることで、衆参ねじれ状態に悩まされ続ける民主党に対しても、衆議院で過半数を獲得したい自民党に対しても、影響力を行使できる。
自分自身が代表に選ばれれば、菅直人陣営も組閣人事にとり込むことで、もともと自分が思い描いていたとおり、民主党政権の中心に自分が安泰に座ることができる。
小沢一郎が議論しているレベルと、マスコミの記者が議論しているレベルが、一段階ズレてしまっている。
しかしマスコミは、小沢一郎を政治と金の問題、旧態依然たる政治家などなどと非難することで、正当に非難できたつもりになっている。見事に操縦されているのは自分たちの方なのに。
まあマスコミのレベルは、その程度ということなのだろうか。