小沢一郎氏の民主党代表選挙出馬について

マスコミの自作自演には、あきれて物が言えない。民主党代表選挙に小沢一郎が出馬を決定した件だ。
政権交代以降、手のひらを返したように、子ども手当や八ッ場ダム建設中止などを取り上げ、民主党のさまざまな政策をたたくことに専念し、その結果、参院選で見事に民主党を過半数割れに追い込んだ。
その後もマスコミは菅政権の批判を続け、支持率を下げる方向に世論を誘導することに成功し、小沢一郎が民主党代表選挙に出馬する、絶好の機会を与えた。
にもかかわらず、いざ小沢一郎が出馬を表明すると、また鳩山前首相の発言がブレていると民主党批判を続ける。
もちろん、こういったマスコミの世論誘導に、あっさり乗せられてしまう国民の情報リテラシーの低さも問題で、ニワトリが先かタマゴが先かという話になってしまうのだが。
また自民党が政権を取れば、当面の問題についてすべて良い方向に向かうと、マスコミも国民も本気で思っているのだろうか。
政権交代して、まだたった一年しか経っていないのに、評価の結論を出すのが明らかに早過ぎる。ブレまくっているのは民主党政権ではなく、マスコミや国民の方ではないのか。
政権交代によるせっかくの社会変革のチャンスを、衆議院・参議院のねじれによって早々に奪われてしまった。先日の参院選で民主党以外に投票した国民の皆さんには、その責任をとってもらいたい。
当然、責任をとってもらう法的な手続きなど存在せず、ただ民度の低さを嘆くしかないんだけれども。
こんなことをブログでグチっても全く無意味なのだが、完全に無意味なグチもたまにはお許しいただきたい。