Twitter(ツイッター)の「フォローのルール」の愚と品質悪化

ツイッター(Twitter)はシステム的に全ユーザーのフォロー数を、初段階は2,000人までに制限している。それ以降は、フォロワーが増えないと制限値が上がらない仕組みになっている。
「フォローのルールと留意点」(ツイッター(Twitter)日本語ヘルプブログ記事)
しかし、そもそも2,000人もフォローしたら自分のタイムラインの流れが速くなり過ぎて、フォローしている全ユーザーのつぶやきを読むことはできない。

勝間和代著『つながる力』をレビューしたときにも書いたが、勝間和代のように1万人以上ものユーザーをフォローするのは完全に無意味。また、フォローされたらフォローし返すという「社交辞令」も完全に無意味。
まともにフォローもできない相手をフォローするのは失礼なだけだ。
もちろん勝間和代のように、フォローする側が「有名人」の場合は、事情が違ってくる。
フォローされる側は、つぶやきを読んでもらわなくても、「有名人」にフォローしてもえたというミーハーな願望が満たされる。かつ、フォローする「有名人」の側も薄っぺらなプライドが満たされるので、互恵関係が成り立つ。
普通の人間なら、フォローするのはせいぜい数十人どまりだろう。
あとはツイッター(Twitter)を情報発信に使っているか、仲間内で「まったり」するために使っているかによって、フォロワーの数は変わってくる。
「有名人」ならつぶやきは自動的に情報発信あつかいになるので、フォロワー数がフォロー数よりはるかに多くなる。一方、一般人の多くは仲間内でまったりするためにツイッター(Twitter)を使うので、フォロワー数もフォロー数も数十人程度で、かつ、ほぼ同数になる。
わざわざ「フォローのルールと留意点」などというものを作らないといけないのは、社交辞令としてのフォロー返しを狙ってフォローしてくる、スパム的なフォローが多いこと。そして、あっさりそれに引っかかって社交辞令としてフォロー返しをする利用者が後を絶たないからだろう。
ブログのトラックバックと同じことが、ツイッター(Twitter)でもくり返されているだけで、何ら目新しいことではない。というより、ツイッター(Twitter)利用者は、ブログのトラックバック機能を通じて、何も学習しなかったのだろうか?
ただ、ツイッター(Twitter)の場合は、システム的な仕組み上、フォローの相互関係をリアルタイムにタイムラインに反映させる必要がある。そのため、利用者がお互いにムダなフォローをし合えばし合うほど、システムに負荷がかかり、可用性が落ちる。
ツイッター(Twitter)は、先日の計画的なシステム停止以降、過負荷になると、白いくじら君を表示せず、中身のないエラーコードを返すようになり、逆に品質が悪化した。
確かにTwitter API経由でサードパーティのクライアントからの接続は改善されたが、肝心のtwitter.com本体が改悪された。
いつになったらツイッター(Twitter)は、まともに使えるシステムになるのだろうか。