たつの市図書館の低レベルな意思決定

たつの市(兵庫県)を事例に、地方のお役人のレベルの低さを顕著に示す事例。
「1千万超の価値あり? たつの市購入高価本に疑問」(神戸新聞2010/05/23)
せっかく市民から3,000万円の寄付を「図書館の充実のために」と受けたのに、一点豪華主義で1冊1,240万円の美術書とその電子閲覧システムを丸善書店から2,400万円で購入したという、バカみたいな話。
長期的に蔵書を増やすための購入費用に充てるのが、市民のためを考えれば当然の判断だろう。1冊1,500円平均として、2万冊も買えるのに。