alan2010/05/13付「杭州網」ニュース:故郷に小学校を建てたい

alanが昨日まで『蘭色』のプロモーションのために滞在していた、杭州の「杭州網」ニュースから、alanに関する記事の日本語訳。
http://hznews.hangzhou.com.cn/wenti/content/2010-05/13/content_3267858.htm
歌手alan、故郷に小学校を建てたい(2010-05-13 06:07:38)
昨日、歌手alanが西湖に現れ、自身の中国語セカンドアルバム『蘭色Love Moon Light』のプロモーションに勢いをつけた。西湖の杭州美女を見て、この22歳のチベット族女性は思わず質問した:「杭州の女の子ってこんなに肌がみんな白いんですか?」
中国国内でalanを知る人が多くないのは、彼女の主戦場が日本だからだ。日本でデビューし、日本語アルバムを発売し、日本でコンサートを開き、alanは日本のメジャー音楽シーンから活動を始めた中国大陸の歌手である。とは言え、alanは日本での素晴らしい業績について自分から多くを語りたがらず、逆に四川大地震の時に、スタッフとともに最速でチャリティーシングル『愛就是手(訳注:幸せの鐘)』を制作したことを語った。玉樹地震についても、alanはまたいち早く被災地区に100万日本円を寄付した。alanは、自分の力だけで、故郷の四川省に小学校を一つ建てるのが、最終的な望みだと語った。