勝間和代『つながる力』のウソ(3):ハッシュタグの日本的解釈

勝間和代と広瀬香美のツイッター解説書『つながる力』のウソと言うより、取りこぼしている重要な論点の3つめが、ハッシュタグである。
『つながる力』での勝間和代の主張に反し、ツイッターはユーザ数が増えれば増えるほど、趣味や意見を同じくする人々の「小宇宙」に細分化され、つながりが分断されていく。
それは、ひとりの人間がフォローできるユーザ数には限界があるからだ。要は、勝間和代は自由業だから自分の時間を好きに使え、フォローするユーザ数を増やせるのかもしれないが、会社員(特に男性)や主婦はそれほどヒマ人ではない。
ただし、ツイッターがこのように壁を作りやすいメディアである点を、暴力的にブチ破る方法がある。それがハッシュタグだ。
勝間和代の本では、ハッシュタグはツイッター社自体のヘルプ文書どおり、各自のつぶやきをゆるく分類するためのもの、くらいにしか紹介されていない。
しかし、少なくとも日本人のツイッター利用者には、ハッシュタグを、ツイッター上の掲示板と、勝手に解釈している人が相当数存在する。
僕はツイッター上で、実験のためにあえて偽悪的に振る舞っているが、ハッシュタグをわざと「濫用」すると、多くの場合、そのハッシュタグを使っているユーザが文句をつぶやく。「ハッシュタグを荒らすな」という主旨の文句だ。
逆に言えば、「ハッシュタグを荒らすな」という文句が出てくることは、日本人のツイッター利用者の多くが、ハッシュタグを、2ちゃんねるのスレッドや、ミクシィのトピックと同じような、掲示板を作る手段と解釈していることを意味する。
その解釈を逆手にとれば、ツイッターが作りやすい「壁」を暴力的に破ることができる。つまり、ハッシュタグを意図的に濫用すればいいわけだ。
勝間和代の言う「つながる力」が、異質な人どうしもつなげる力を意味するなら、ハッシュタグの濫用は歓迎すべきだろう。
ところが僕の実験によれば、実際の日本人ツイッター利用者は、ハッシュタグを「荒らされる」ことを嫌っている。つまり、異質な人と「つながる」ことを拒否している。
僕は「#katsuma」というハッシュタグも、何度か意図的に濫用しているが、おそらくカツマーの皆さんは不愉快に思っているに違いない。それはアンチ・カツマーとはつながりたくないという意思のあらわれに他ならない。
結果、勝間和代の意に反して、ツイッターは、少なくとも日本人利用者の間では、「つながる力」どころか、ハッシュタグを掲示板と解釈することで、「壁を作る」ツールとして活用されているのが現実だろう。
勝間和代・広瀬香美『つながる力』については、これくらい批判しておけば十分だろうか。
(もどる)
※勝間和代の『つながる力』批判のつづきはこちら。
「勝間和代『つながる力』の根本的な間違いが10分でわかる本」