鬼束ちひろベストアルバム『ONE OF PILLARS』不可解な発売

鬼束ちひろが、このタイミングでベストアルバムを発売するらしい。『ONE OF PILLARS~BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010~』。収録曲のうち新曲は「惑星の森」という1曲のみ。2010/04/28発売。

「惑星の森」のためだけでも3,000円出して購入する価値は十分にある。
(※ついでに、購入者特典のB2ポスター付きなので、十分ペイする)
過去の楽曲の版権はすでに鬼束ちひろの家族(ナポレオンレコーズ)が所有しているので、本人の意思に反して発売されるベストアルバムでないことは確か。
しかし、昨秋発売予定だったDVDが延期されたままの状態で、このタイミングで10年間のベストアルバムとは、完全に不可解。ちーちゃんの生活費やら新譜の制作費やらツアーの費用を稼ぐ目的なのだろうか。
でも昨秋のアルバム発売以来、本当に「惑星の森」1曲しか書けないほど、鬼束ちひろの創作ペースが落ちているのだとすれば悲しいことだなぁ。本当に「より明るい側面へ」の旅は始まったんだろうか?
※つづきの関連記事
「鬼束ちひろ『ONE OF PILLARS』の選曲にこめられたメッセージ」
「鬼束ちひろ『ONE OF PILLARS』レビュー(1):「惑星の森」が与える洗礼名は関係性」
「鬼束ちひろ『ONE OF PILLARS』レビュー(2):意外に素朴なアイデンティティー宣言」
※なお、鬼束ちひろについてツイッターでつぶやくときのハッシュタグは #onitsuka に決まりました。