中国語のメッセージに返事を書く

この「愛と苦悩の日記」の更新が鈍っているのは、日常生活に何も起こらないからです。
夕食の買出しに出かける以外、ほぼ部屋の中に「ひきこもり」状態。
インターネットをあちこち見て回ったり、ぼ~っとテレビを見たりで、一日が無為に過ぎていきます。病気のせいで、何であれ勉強に集中することができないせいです。
歌のメロディーを覚えることはできるのですが、文字を目で追って暗記する種類の集中力を維持できません。

それでもYouTubeにアップした、「歌うペンギン」名で歌っている曲に毎日のようにコメントが届き、中国語でメッセージを下さる方もいらっしゃいます。
そういうときは日中辞典を引きつつ、返事を書いています。「文法的には間違いがあるが、意味は通じる中国語」を書くコツがつかめてきました。
パソコンにインストールして使う日中辞典としては、講談社の紙の日中辞典に付属のCD-ROMが、日本語・中国語の両方で例文もふくめて全文検索でき、とても便利でおすすめです。左にAmazonへのリンクを貼りつけておきます。

中国語を書くための機能としては、高電社の「Chinese Writer」の方が圧倒的に優れていますが、価格が高すぎます。1万円くらいにすれば爆発的に売れると思うのに、高電社のプライシングは下手くそですね。
これと、グーグルで中国語として言い回しが正しいかを検索してチェックすれば、意味の通じる中国語はだいたい書けます。
上海か台湾にぜひ行きたいものですが、何せこの病気では…。