Google has no right to criticize Chinese government censorship

グーグルが中国から撤退するかどうかという問題について、クリントン米国務長官までグーグルの援軍をしている。
Regarding the problem between Google and China, even Hillary Clinton supports Google and criticizes Chinese government.
しかし、グーグルのどこが自由を尊重する会社なのだろうか?僕にはさっぱり分からない。
BTW, I can’t understand why Google has the right to criticize Chinese government.
というのは、グーグルも堂々と検閲を行っているからだ。
That’s because we Japanese know Google does censor web sites in their own way.
例の「グーグル八分」というやつである。
In Japan, such kind of Google’s censorship is very notorious and we call it ‘Google Hachibu’. ‘Hachibu’ is the tradition of pre-modern Japanese society which casts out some inhabitants based on various reasons.
ご承知のように、グーグルのページランクの仕組みを利用して、検索順位を上げるテクニックを「検索エンジン最適化(SEO)」という。
As you know, SEO means making page rank better, taking advantage of the program logic of Google page rank.
企業各社は、ときに専門のコンサルタントにお金を払ってまで、グーグルの検索順位を上げるための「検索エンジン最適化」を行っている。
Every company does this kind of SEO. Some comapnies even pay considerable amount of money to SEO consultants.
しかし、それを「やり過ぎる」と、グーグルの検索結果に出て来なくなってしまう。これがSEOに基づく「グーグル八分」だ。
However, if the SEO goes beyond ‘some’ boundary, the web site will be deleted from Google’s index. This is ‘Google Hachibu’ based on SEO.
もう一種類の「グーグル八分」は、有名な「AdSense」という広告表示サービスに基づくものだ。
The other kind of ‘Google Hachibu’ is based on the sevice called AdSense.
「AdSense」とは、自分の運営するウェブサイトに、グーグルが自動的に提供する広告を表示して、その広告から収入が得られるというサービスだ。
I think I don’t need to explain what is ‘AdSense’.
この「AdSense」を掲載するには、申請が必要で、まずその時点でサイトの内容に「検閲」が入る。さらに、申請に合格して、広告が表示され始めた後でも、いきなりグーグルが「AdSense」を一方的に打ち切る場合がある。
To insert ‘AdSense’ to our own web sites, we have to apply and go under Google’s censorship of the contents of web sites in advance. In addition, even after going through Google’s censorship, some web sites can be suddenly deleted from AdSense accounts.
SEOの「グーグル八分」は、技術にもとづく「検閲」であり、AdSenseの「グーグル八分」は、言論の内容にもとづく「検閲」である。
SEO is a Google’s censorship based on technology. AdSense is a Google’s censorship based on the contents of web sites.
まずSEOの「グーグル八分」だが、ページランクの技術的な仕組みを活用したSEOが、どこまでいくと「やり過ぎ」で「グーグル八分」にされるのか、その基準はグーグルが勝手に決めている。
First, regarding SEO, the boundary where a web sites is deleted from Google’s index is not so clear and defined by Google in an arbitrary manner.
このやり方はフェアではない。
This way of doing things is not fair.
ページランクという技術の「乱用」に対向するなら、グーグルの検索結果から削除する(=グーグルインデックスから削除する)という方法ではなく、ページランクの技術自体を改善することで対向するのが、フェアなやり方である。
If Google wants to defend themselves against the abuse of page rank system, they should improve their page rank system instead of deleting the web sites based on the arbitrary rules. The abuse of technology shoule be overcome by the improvement of technology. This is the fair way of defending themselves against the abuse of page rank.
次にAdSenseの「グーグル八分」だが、こちらは明らかに内容に基づく検閲である。
Secondly, ‘Google Hachibu’ of AdSense is clearly Google’s censorship based on the contents of web sites.
そんなグーグルが中国の検閲を批判しても、米国以外では何の説得力もないのだが、米国のみなさんは全くそういう状況を理解していないだろう。
All the wired nations other than the US know that Google does such kinds of censorship. So Google’s criticism against Chinese government censorship isn’t persuasive at all outside of the US. However, people in the US don’t seem to understand this situation.
I’m afraid that my blog might be deleted from Google’s index because of this entry. This is not a joke. I’m serious.