たった1,800円のAdobe PhotoShopそっくり画像編集ソフト

画像編集ソフト(フォトレタッチ・ソフト)で、レイヤー編集ができて、パスやフィルタ、画質の調整などが一通りできるソフトといえば、GIMPがフリーで手に入る。
しかし、GIMPのユーザーインターフェースは、UNIX系開発者が開発しただけあって、Windowsユーザーには癖がありすぎて、とても使えたものではない。しかもプラグインがやたらとたくさんあって、何をどう入れればいいのか分からない。
どうやったら、あれほど使いづらいインターフェースができるんだろう。
きっとUNIX系の開発者の皆さんは、頭が良くてプライドが高いから、「使いやすさ」や「デファクト・スタンダード」なんてどうでもいいんだろう。Adobe PhotoShopなど完全無視だ。
そういうわけで、「Adobe PhotoShopを買うお金はないけど、PhotoShopに似た画像編集ソフトが欲しい」という方は、ソースネクスト社の「PaintGraphic2」を買おう。

たった1,800円。PhotoShopの10分の1。この不景気のご時世にAdobe PhotoShopをElementであっても個人で買うなんてゼイタクはできない。ソースネクスト社のダウンロード販売よりアマゾンの方が安い。
ただし、おすすめするのはAdobe PhotoShopを使ったことがある人だけ。
PaintGraphic2のアマゾンのカスタマーレビューをご覧になると、「使い方が分かりづらい」「ヘルプが不親切だ」などの理由で、平均点が星3つ。
確かにAdobe PhotoShop未経験者が、いきなりPaintGraphic2を使うのは難しい。でも、Adobe PhotoShop経験者ならすんなり使える。
実際、僕はAdobe PhotoShoo Elementのヘビーユーザーだったが、Windows Vistaに古いバージョンのAdobe PhotoShopをインストールすると、頻繁に落ちるし、UNDO回数に制限がありすぎるし、バージョンアップするだけでも1万円かかるしで、PaintGraphic2を選んだ。
この「愛と苦悩の日記」のトップバナーも、PaintGraphic2で作成したもの。
下から、真っ白な不透明背景レイヤー、鬼束ちひろレイヤー、中島美嘉レイヤー、柴田淳レイヤー、全体の明度を落とすための真っ黒な半透明レイヤー、色を付けるための真っ青な半透明レイヤーを重ね、中島美嘉の明度とコントラストを落とし、逆に柴田淳の明度とコントラストを上げ、印象を合わせた。
もちろん元画像からコピー&ペーストした直後に、PaintGraphic2上で選択範囲の縮小率をパーセント単位で手入力し、顔の大きさも合わせている。
そんなふうに、Adobe PhotoShopを使い慣れた方なら、このPaintGraphic2は断然おすすめ。当然Adobe PhotoShop形式ファイルと全く互換性は無いが、最終的にJPEGなどに書き出すなら同じこと。
単なる趣味で、画像編集やフォトレタッチをしたい方には、Adobe PhotoShopと使い方のよく似た、ソースネクストのPaintGraphic2をおすすめする。