内館牧子氏が守りたかったのは、腐敗した角界の「伝統」?

安治川親方は、日本相撲協会理事長選挙で立浪一門を裏切ったため、自ら退職すると言っていたが、退職を撤回、立浪一門に残るらしい。(時事通信による)
文部科学省からの指摘もあったようだが、日本相撲協会も、相撲の「伝統」と世間とのギャップに気付いて、さすがにこのまま安治川親方を退職させるのはマズいと思ったのだろう。
しかし、立浪一門の「反省会」が、安治川親方を退職に追い込んだのは見え見えなのに、日本相撲協会は、あくまで、安治川親方本人が退職を撤回したということにしている。どこまでも外見を取りつくろいたいらしい。
結局、今回の一件でも、何ら日本相撲協会の体質は変わらなかったということだ。
横綱審議委員会を定年で辞めた内館牧子氏は、相撲の「伝統」にこだわって、朝青龍を辞めさせようと躍起になっていたが、日本相撲協会の言う「伝統」とは、いったい何のための「伝統」なのだろうか。
体面を取りつくろい、弟子を暴行死させたことを隠蔽し、同調圧力を本人の意思にすりかえるための「伝統」なら、そんな「伝統」はない方がましだ。
まさか内館牧子氏は、そんな腐敗した「伝統」を守りたかったんじゃないよな。