alan『my life』、日本向けの平凡なアルバム

alan『my life』(2009/11/25発売)を遅ればせながら聴いた。良くも悪くもエイベックスのアーティストになったなぁ、という感じ。

alanのファーストアルバムのタイトルは『Voice of EARTH』だった。そしてセカンドアルバムのタイトルは『my life』。
路線が明らかに変わっている。国境や民族をこえたメッセージ性を持つ音楽から、等身大の若い女性にとっての、愛や感情の動きを歌う音楽へ。マクロからミクロへ。
この路線変更は、alan自身の意向とは考えにくい。たぶんエイベックスと菊池一仁プロデューサの意向だろう。目的は当然、まずalanの知名度を上げるためだ。
ボーカルのスタイルまで変わっている。今までは倍音成分の多い迫力のある地声と、独特の節回し、要はチベット色、そして、美しいビブラートが特徴的だった。
しかし、例えばこのセカンドアルバム『my life』の2曲目「One」のAメロや、4曲目の「見つめていたい」は、力を抜いて、ささやくように歌っている部分が目立つ。
映画『レッド・クリフ』主題歌「久遠の河」や、同名の映画の主題歌「BALLAD~名もなき恋のうた~」を除き、「明日への讃歌」的なイメージは、ほぼ無くなっている。
6曲目「Lost Child」のようなミドルテンポのR&B、9曲目「Call my name」のようなディスコまで出てくると、何の個性もない、単なるエイベックス・アーティストの1人という印象がぬぐえない。
ただ、4曲目の「見つめていたい」のように、ほぼピアノ・アレンジのみで聞かせるバラードや、10曲目の「白い翼」のように、ギターとストリングス・アレンジのミドルテンポ・バラード、そして11曲目の「Nobody knows but me」の間奏のようなオリエンタル色などには、かろうじてalanにしかない個性を聴き取れる。
残念ながら、日本での知名度を上げるために、当面は、alanの表現力の幅を、あえてフルに生かさないということなのだろう。
エイベックスに在籍している限り、いくら作詞に矢井田瞳、古内東子、御徒町凧を動員しても、alanは良くも悪くも、日本向けには、耳ざわりの良いJ-POPシンガーの域を出ないかもしれない。
『my life』を聴く限り、そう感じてしまうような平凡な仕上がりになっている。思わず振り返って耳を傾けてしまうような、ハッとさせるものが、一つもないのだ。いつか、もっと独自性を出せるようになるまで、alanさんには日本で頑張ってほしい。